ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アーチャー(Fate/Zero)


ヨミ: アーチャー
掲示板をミル!
516カキコ!
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

アーチャー(Fate/Zero)とは、虚淵玄小説Fate/Zero』に登場するサーヴァントの一騎である。CV:関智一

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)参照。基本情報としてギルガメッシュ(Fate/stay night)も参照。


概要


遠坂時臣により聖杯戦争の必勝を期して召喚されたサーヴァント。その正体は古代メソポタミア伝説の王ギルガメッシュ。あらゆる宝具の『原典』の持ち

聖杯戦争に召喚されるサーヴァントは英霊であるが故に必ず自身が登場する伝説を持っており、弱点も明らかとなっている。すべての宝具の原典を持つアーチャーであればその弱点を突くことが可であり、サーヴァント殺しに特化したサーヴァントといえる。これが時臣アーチャーを召喚した理由ともなっている。

Fate本編と同様に様の気質は変わらない。召喚した時臣との関係もマスターサーヴァントではなく臣下と君というなものになっている。アーチャーに何かさせるとき、時臣アーチャーに命を下すのではなく臣下として懇願する必要がある。もっとも、時臣自身はそれでなんら問題を感じておらず、アーチャーのほうも臣下として振舞う時臣に対して最低限の配慮はしている。しかし、それでも勝手な行動が多いため時臣には気苦労が絶えない。

Fate本編ではその宝物庫から出してきたのは戦闘用の宝具ばかりだったが、Zeroでは飛ぶ船や代のや飲セットまで出てくるまさに四次元ポケット宝物庫となった。言ってしまえば「スネ夫+ジャイアン+ドラえもん=英雄王」と思えばおk.

いまだ自らの正体を見出すことのできていない言峰綺礼を諭したりなど、Fate本編と違う面も見せている。

綺礼からマスターである遠坂時臣的はアーチャー自身の犠牲なしに達成できないことを知り、決別。言峰綺礼時臣を殺したのを期にマスター綺礼乗り換え聖杯を巡る最後の戦いの場へ赴いた。

終戦においては一度は『い泥』に飲み込まれてしまうものの、『い泥』に含まれている数の悪意を自らの強な王としての意志により。受を果たした上で全裸現世へと帰還した。そして、10年後の第五次聖杯戦争へと続くのである。


サーヴァントとして


:B 耐久:B 敏捷:B :A 幸運:A

クラス別能力


対魔:C

二節以下の詠唱による魔術効化する。大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

ギルガメッシュクラススキルたる対魔以外に『』含む数々の対魔術用防具をえている為、実際にはどの魔術効化できる。

ただし、『』がくとも王の前に立ちはだかる不遜な魔術師に『大掛かりな魔術』を行使する余裕など与えないのだが。(慢心時は除く)

単独行動:A

マスター不在でも行動できる。ただし宝具の使用など膨大な魔を必要とする場合はマスターバックアップが必要。

単独行動スキルランクCで1日、ランクBで2日の現界が可とされている中、ランクAはマスターが居なくとも現界し続けると言う破格のスキルである。

ただし、そのスキルの影聖杯戦争の範疇であり、戦争が終結すれば現界を続けることは不可能である。


保有スキル


:A

人生において銭がどれほどついて回るかの宿命。

ギルガメッシュは生涯を通してに困ることはなく、大富豪として暮らせる運命を持っている。

カリスマ:A+

大軍団を揮・統率する才。ここまでくると人望ではなく魔、呪いの類である。

カリスマ自体が希少な才で、一の王であればBで充分とされている。

性:B(A+)

最大の霊適性を持つのだが、ギルガメッシュ本人がを嫌っているのでランクダウンしている。

伝説においてギルガメッシュの出自は2/3が、1/3が人とされている。


宝具


王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)
ランク:E~A++
種別:対人宝具
レンジ:―

の都へ繋がる鍵

宝物庫との間を繋げ、中にある具を自由に取り出せるようになる。

ギルガメッシュがあらゆる宝具の原典を宝物庫に収めている為、ランクはE~A++となっている。

すなわち、ランクE~A++とは宝物庫に収められている具のランクである。

宝物庫に財が優れた具が収められていなければ、役に立つ宝具ではない。

人類最古の英雄王にして地上のあらゆる財を手に入れたギルガメッシュが使用するからこそ絶大な効を発揮する。

宝具としての燃費は良く、使用する魔は『王の財宝』の起動分だけとなる。

宝物庫に収められた具(個々の具に関してランクがE~A++の範囲である以外の情報開示されていない。)

天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)
ランクEX
種別:対界宝具
レンジ:1~99
最大補足:1000

ギルガメッシュが持つ至宝たる宝具『乖離エア

と言うよりも中世ヨーロッパの突撃に近い形状をしており、身は3つに分離した円錐台形状をしている。

分離した部位は個別に回転し隙間から圧縮されたを発生させ、オーバーロード時にはガス状のエネルギーが大量に吹き出してくる。

このオーバーロード状態により発生する間切断を『天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)』と呼ぶ。

乖離エアオーバーロードにより発生した圧縮され絡み合う圧の断層は疑似的な時断層となって敵対する全てを粉砕する。

この攻撃は対粛清ACか同レベルダメージによる相殺でなければ防げない・・・のだがセイバーエクスカリバーと同等かそれ以上の出を持ち、さらには宝物庫にある宝具バックアップをすれば威が跳ね上がる。

まさに“世界を切り裂いた”である。

※エヌマ・エリシュの書籍による設定の差異は下記を参照。

Fate-stay night Visual Story(2007/8/20)』より

エヌマ・エリシュ。

乖離エアによる間切断。

圧縮され鬩ぎ合う圧の断層は、擬似的な時断層となって敵対する全てを粉砕する。

セイバーエクスカリバーと同等かそれ以上の出を持つ”世界を切り裂いた”である。

厳密に言うと、エヌマ・エリシュはエアの最大出時の名称で、宝具なのはエアの方。

Fate/Zero material(2008/8/8)』より

宝具天地乖離す開闢の星

乖離エアによる間切断。

圧縮され絡み合う圧の断層は、擬似的な時断層となって敵対する全てを粉砕する。

コンプリートマテリアル キャラクターマテリアル(2010/6/30)』より

身が3つに分離していて、それぞれの部分が個別に回転するという、と呼ぶには異様な外見を持つ。

さらにオーバーロード時には、隙間からガス状のエネルギーが大量に吹き出してくる。

このオーバーロード状態から放たれる間切断技”天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)”は、エクスカリバーと同程度の破壊を誇る。

コンプリートマテリアル ワールドマテリアル(2010/10/29) 』より

アルトリアの”約束された勝利の剣エクスカリバー)”と同等かそれをえる威を備える、世界を切り裂いた

王の財宝ゲート・オブ・バビロン)”内の宝具によるバックアップを受ければ、その威はさらに上昇する。

正確には”乖離剣エア”が宝具であり、”天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)”は乖離エアを出最大にした状態をす。

圧の断層を生み出し、それが疑似的な間断層となって敵を粉砕する。

なお乖離剣エアや”天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)”とは、ギルガメッシュ自身が名づけたものである。


聖杯戦争の主な戦闘


バーサーカー戦においては手にとったもの全てを自分の宝具として扱うことができるというを持つバーサーカーとの相性が悪く苦戦する。再度の衝突の際にはアーチャーが蔵から出した飛ぶ船に乗っていたためバーサーカーはなんと戦闘機を自らの宝具に変えて対抗。アーチャー宝具と化したF15戦闘機との中戦を強いられることになる。

ライダー戦においては、数多くの英霊を召喚する征王の固有結界を時断層たる『エヌマ・エリシュ』にて打ち破り、征王の最後の突撃もゲート・オブ・バビロンの鎖の合わせ技でぎ、実質完封勝利を得た。しかし、消えいくライダーに対してはその敢闘を讃え、そのマスターであるウェイバーライダーの遺臣として扱い、敵対するサーヴァントマスターとしての本来の行動である殺などは行なわなかった。

セイバー戦においては聖杯を背にする位置に取り、聖杯被害が及ぶことを恐れて宝具を使用することのできないセイバーを遠距離からの宝具射出で弄ぶ。しかし、聖杯真実を知った衛宮切嗣によりセイバーに「聖杯を破壊せよ」との命令呪で与えられると、攻撃が来るはずがないと油断していたため、その攻撃を防ぐことはできず聖杯は破壊されてしまう。聖杯の破壊によりセイバーは消滅、アーチャー聖杯から流れ出した『い泥』に飲み込まれ、最後の勝者が決まらぬまま第四次聖杯戦争は終結を迎えることとなった。


関連動画



■sm16405616[ニコ動]


関連商品


■azB00170LRPE


関連静画


■im1562320(静画)
■im1535474(静画)
■im2073878(静画)
■im2045258(静画)


次へ»
最終更新日: 13/03/24 23:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ