ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アーマード・コア ラストレイヴン


ヨミ: アーマードコアラストレイヴン
掲示板をミル!
424カキコ!

アーマード・コア ラストレイヴンとは、フロム・ソフトウェアから発売されたPlayStation2ロボットアクションゲームである。
通称『ACLR[動]』。タグ検索時も同様。ただしシリーズファンの間では『LR』のみで通用する。

キャッチコピーは、PS2版では「もが、生きるために戦っている。」というもの。
後に発売されたPSP版では「最後の傭兵(ラストレイヴン)となるものは、誰だ」となっている。


概要


アーマード・コアシリーズ第10作(ただし、ほぼシミュレーションゲームであったために外伝的扱いを受けている『アーマード・コア フォーミュラフロント』も含めると第11作)。PS2向けに発売された最後の作品である。

ゲームプレイでは前々作『アーマード・コア ネクサス』(以下、『NX』)で導入された新操作や新システムがより洗練され、ストーリー面ではアーマード・コア3(以下、『AC3』)から続く物語完結を描いており、まさにシリーズの総決算的作品といえる作品(次作『アーマード・コア4』以降は、世界観や操作方法が根本から見直されリニューアルされた)。 

NX』で、その大味すぎる調整でレイヴン達を慄かせた「熱暴走」の要素などが、大幅に良されたほか、各部位に耐久度が設定され、これによって性劣化が起こる「部位破壊」の導入によってさらに戦略性が増した。また、マルチエンディングなど『NX』で期待されたものの導入されなかった要素が追加され、パーツ数も大幅に増加しており、全体として『NX』をブラッシュアップした正統進化版となったと言ってよい。

しかし、シリーズでも特に高い難易度と、パーツバランスの劣悪さで悪評も高い。
パーツ数自体は多いのだが、そのせいでいわゆる「産廃パーツが少なからず生まれている。また、「部位破壊」導入の結果、脆すぎて足の速さが殺された「フロー」と、鈍すぎてほかのパーツを危険にすことになった「タンク」の2つは、カテゴリーそのものがほぼオワコンと化してしまった。
また、この大味さはまるごと対戦にも反映されてしまっていたため、対戦バランスも悪かった。前作『アーマード・コア ナインブレイカー』が良調整だったこともあって、今作での対戦はさっぱり盛り上がらなかった。

移植版

2010年には『アーマード・コア ラストレイヴン ポータブル』のタイトルPSP移植された。
こちらは、『ACLRP』と略されることが多い。 

操作方法は、『AC3』や『アーマード・コア3 サイレントライン』のPSP移植版と同様であるが、キーコンフィグが可である。

PS2版を忠実に再現した良好な移植作だが、ボタン数の都合上操作性が低下しているにも関わらず、難易度パーツ調整も忠実なままであったため、難易度はかなり高い。また、キーコンフィグで操作方法を調整しても、「パージ」=「パーツ切り離し」に使用するコマンドは変更できないため、設定によってはパージが出来ない。今作はパージの重要性が高いため、PS2版を遊んだレイヴンからはこの点で評価が低い。
ただし、敵AI弱体化しているため、相対的に難易度PS2版と同等かそれ以下となっているというもある。ストーリーモードも、一切ペナルティしでコンティニューできるようになったため、クリアが容易になっている。
 

ちなみに、『アーマード・コア5(当時)』に使用できるプロダクトコードが封入されていたが、当初2011年に発売されるはずだった同作が、詳しい告知もなしに長期にわたって延期されたため、結局このコードは使わずじまいになるのではないかと危惧するもあった。
最終的に、『アーマード・コアV』となって同作は1年越しに発売され、かなり間隔は開いたものの、事、このコードを用いたキャンペーンが行われた(シリーズおなじみ「月光」のオリジナルバージョンが入手できると言うものだった)。 


世界観・ストーリー


NXで起こった企業同士による「資」を巡る騒乱の果て──
旧世代の遺産が人類にもたらしたのは繁栄などではなかった。

旧世代の遺産の起動により飛来した数の兵器のために地上は壊滅的な打撃を受けることになる。
その出現と同じく兵器は唐突に姿を消した。かつて世界を支配していた企業を失い、各地で物資を巡る争いが頻発する。 破壊と混乱の中で疲弊した企業側は、単独での支配権の確立は困難だと判断、自らの権益の守るため連合統治機構「アライアンス」を設立。

それから半年、アライアンスが徐々にその機を発揮し始め、世界に新しい秩序が生まれようとした矢先、兵器襲来後行方不明となって いたジャック・O率いる武装勢バーテックス」がアライアンス打倒の明を発信。ジャックは「レイヴンによる新たなる秩序の創出」という理想を掲げ、自らの本拠地「サークシティ」の所在明らかにし、きのこっている全てのレイヴンに集結を呼びかけ、さらに大胆なことに自ら決戦となる襲撃日時を予告。

アライアンスジャックに同調する全てのレイヴンに賞を懸け、バーテックスの切り崩しに計る。ジャックもまた自らの敵に回ったレイヴンに同様の措置を取ると 表明しこれによりレイヴン達はお互いの賞を狙い突を繰り返した。2大勢争いは拮抗し、そして熾を極めていく、バーテックスの予告したアライアンス 襲撃決行まで24時間、残りのレイヴン22人。

果たしてこの戦いの果てにあるものとは?
そして主人公この先生きのこることが出来るのだろうか……。

プレイヤーの選択によりストーリーは分岐し、最終的に六種類の結末を迎えることになる。

今作はNX』の直接的続編である。
NX』からわずかに半年ほどしかすぎていない時代が舞台となっており、引き続き登場する用や組織・人物が非常に多く、シリーズの中でも、続編として前作との関わりが特に深い作品である。
そのため、『NX』をやっていると世界観などの把握が容易になるが、ストーリー自体はそこまで深く繋がってはいないので、この作品からプレイしても問題は
むしろ、どれも個性的な登場人物と、優位を得るべく戦う二組織の対立状態と言う較的わかりやすい世界情勢のおかげで、従来作よりも妄想フロム脳の必要性が低いわかりやすい展開になっており、世界観に入り込めるという点に関しては新規プレーヤーにも勧められるストーリーである。 

シリーズを通して見ても、24時間というタイムリミットの中で戦うという短時間のストーリー二である。
また、過去の作品では、歴史伝記のように、世界情勢を主人公という傭兵が傍観するような展開であったが、本作では主人公を含めた個人の物語焦点が当たっており、過酷な世界を生きるレイヴン達のドラマティックな生き様が描かれる。
撃破された場合、また最初の時間からやり直すことになる(一応コンティニューできないわけでもないが)。 

主人公の行動が情勢に影を及ぼすため、ミッションをこなすごとに、世界情勢が刻一刻と変化していく。
最終的には、どの勢に加担したかなどの条件によって、6つのエンディングに分岐する。シリーズマルチエンディングを本格的に導入したのは2度である(最初に導入したのは初代『アーマード・コア』。この後、『アーマード・コア フォーアンサー』などにも導入される)。

AC戦(いわいる中ボス戦)が非常に多い、機体の速度に対し作戦領域が小さい、シリーズ恒例のローディング後の弾薬補給・AP回復がい、という仕様のおかげで、ストーリーモード難易度シリーズを誇る。
アーマード・コア2 アナザーエイジ』と並び、シリーズ初心者には決してお勧めできない。

特に、中枢進入におけるジナイーダ(通称ラスジナ)、パルヴァライザー最終形態の鬼畜っぷりはシリーズであり、あのナインボールセラフと並ぶ程である。
それでも「高難易度上等!はこれから始めるぜ!」と言ってのける剛毅な新米レイヴンには、一番最初の3つのミッションのうち、最も報酬の高い「管理局強行偵察」というミッションを選ぶことを強く推奨する。


登場人物



次へ»
最終更新日: 18/06/23 16:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ