ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アーマード・コア4


ヨミ: アーマードコアフォー
掲示板をミル!
210カキコ!

 アーマード・コア4(ARMORED CORE 4)とは、フロムソフトウェア社からPS3、およびXbox360用に発売されているカスタマイズロボットアクションゲームである。

 なお、タグとしては[AC4[動]]が良く使われる。ただし、「エースコンバット4」といった他作品との重複があるので注意されたし。

[画像を見る]


ストーリー


 食糧やエネルギーの慢性的な不足をはじめ、積み重なる諸問題により国家は統治を失いつつあった。
頻発するテロや暴動により多くの都市廃墟と化していく一方、重要性を増した軍隊は、これらに対応すべく高度に機械化していった。
それに伴い、いくつかの企業は強な軍産複合体を形成し、影をかつてないほどに拡大させていった。
加速する荒経済システムの存続を脅かすに至った時、実質的な最高権となっていた6つの巨大企業グループ国家を見限った。
そして自らによる新しい統治体制を構築すべく、国家に対して全面戦争を開始したのだ。
これが後に言う、「国家解体戦争」の始まりであった。

 この戦争企業側の一方的な奇襲によって始まり、企業たちの圧倒的な勝利という結果に終わった。
企業達の最新鋭兵器、特に30機足らずの新ACアーマードコア・ネクスト」に、国家軍隊はなすすべもなく壊滅していったのだ。
戦争は、わずか一ヶで終結した。

 戦争終結後、企業達により統治のための新しいシステムが構築された。
々はコロニーと呼ばれる居住区に押し込められ、自由市場から切り離された。
市場企業が独占し、々は企業達から配給される糧食を得るためだけの労働に従事することとなった。
賢明な経済体を自称する企業達が「限りある資の、節度ある再分配」とする、この奴隷制度的なシステムを、企業達は「パックス・エコミカ(経済による平和)」と呼んだ。

 パックス下で築かれたコロニーの一つに、コロニー・アナトリアと呼ばれるコロニーがあった。
そこはネクスト関連の技術研究を中心とした、先端技術開発が基幹産業となっているコロニーであった。
ある時、アナトリアは一つの転機を迎える。
ネクスト研究の第一人者であったイェルネフェルト教授が死去し、さらにアナトリアの技術が流失したのだ。
一の商品であった技術は専門性を失い、その価値を大きく落とすことになった。
こうして、アナトリア経済危機に陥いることとなった。

 教授の死後、アナトリアの全権を担うことになった私は、この経済危機を打破すべく思い悩むことになったが、方策を打ち出すまでに長い時間はかからなかった。
きっかけは教授フィオナ・イェルネフェルトが救ったあの男、伝説的なレイヴンだった。
彼は戦争で重傷を負ったところをフィオナに救われ、アナトリアで療養していた。
その時に分かったことだが、彼にはAMS適性――つまりネクストを動かす資質――があったのだ。
それに加えて、アナトリアは技術開発用としてネクストを持っていた。
つまり、ネクストを用いた傭兵業でコロニーの資を賄う事にしたのである。

 々が負うべき負担を一人に押し付ける、極めて非人的な策であったと思う。
しかし、ひっ迫した経済事情が他の選択肢を許さなかったのだ。

 かくして、「アナトリアの傭兵」は誕生することになったのである。

    エミール・グスタフ回顧録より


概要


次世代機であるPS3、およびXbox360へプラットフォームへ移したことからあらゆる面で全なリニューアルをした作品。便宜上それ以前の作品を“レイヴン作品”と略称する。

世界観はレイヴン作品のような遠い未来の架世界ではなく、現実世界に近い世界観であり、事実として現在地理的名称が出てくる(「アナトリア」も実在の地名。探してみると面いだろう)。

レイヴン作品ではACと他の兵器との明確な戦差が明示されなかったが、それらが整理され、特にコジマ粒子という設定に基づいた超兵器役=アーマードコア・ネクストという立場を取っている。

何よりも操作面はレイヴン作品と別物である。操作系はもちろん、3次元戦闘体となり、煩雑な管理項が削られることでよりシンプルに整理され、スピーディに仕上げられた。(それでも操作難度は高いので、プレイする場合は、タグリンクス養成動画」で予備知識を得ることをお奨めする)

パーツも、慣例として値段と性例していたものが止。全てのパーツが明確な個性と一線級の性えられることとなり、「旧だから使えない」といったパーツ全にくなった。よって、アセンブルの知識の初心者でも攻略しやすい(ただし、パーツラインナップの不足から、特に続編のACfA較すると中量二脚以外の選択肢が少ないという欠点もある)。
本格的なネットワーク対戦が実装され、対戦会も多く行われた作品でもある。(ハードウェア間互換はし)

世界設定や登場人物が共通の、直接の続編として「アーマード・コア フォーアンサー」もリリースされている。

 

何よりこの作品の魅ストーリー面であるといえる。エミール・グスタフによる回顧というスタイルで描かれている他、他のシリーズ作品と変わって主人公や、周辺人物に明確な設定や過去があること、そしてその人物たちがミッション内で交わす豊富なやり取りの濃密さ、深さも興味深いところ。

また、難易度NORMALはいわば「ダイジェスト」という形を取っており、策謀達の意図、本心といったものはHARDプレイすることで見えてくるということから、長く遊べる仕様となっている。
そこに星野康太氏による楽曲も加わり、一本道で進むストーリーや演出はさながら映画のようであり、続編のフォーアンサーよりもシナリオ・演出面ではこちらの方を高く評価するファンも多い。
それでありながら、『結果だけを見せて過程を見せない』というフロム・ソフトウェアらしい物語作りは一貫している。


ニコニコ動画での扱いについて


この作品はニコニコ動画始動と時期を同じくしたアーマード・コアでもある。

ニコニコ動画の盛り上がりと共にプレイ動画のみならず多数のMAD架空戦記シリーズ投稿され、ニコニコ動画と発展を共にした作品である。特にキャラクターに容姿を設けず、物語に至るまで想像の余地があることから優秀な素材集としても注された。

タグコジマ汚染患者シリーズ」「アーマードコア良作MAD」等のタグが付いた動画シリーズ作品のゲームとしてはかなりの多さであることがそれを物語る。


登場人物・登場勢力


以下に記述されているのは、本作における企業・勢とそこに所属するキャラクターである(線は、グループ・勢を意味する)。これらの企業は後に、本作の舞台となる"リンクス戦争"の進行とともに変遷していくこととなる。

リンクスナンバーとは、№26までは国家解体戦争で挙げた戦果の高い者順から付けられ、それ以降のナンバーは登録された順に付けられている。特に№26までのリンクスは「オリジナル」と呼称される。同時に、企業などに全く属さず、ナンバーを与えられていないリンクスは「イレギュラー」と呼称される。


コロニー・その他の勢力


アナトリア

かつてはアーマードコア・ネクストの技術研究の最先端を担っていた。イェルネフェルト教授の死に伴って技術が流出した後は対外的な商品がくなり、パックス以後は貧困の一途を辿る。

主人公
国家解体戦争に参加した元レイヴン。かつては伝説的なレイヴンと称されていた。戦争で重傷を負ったところをフィオナに救われ、アナトリアに保護される。
それから数年後、経済危機に陥ったアナトリアのためにネクスト傭兵となる。リンクスナンバー39。通称、アナトリアの傭兵
フィオナ・イェルネフェルト(CV.坂本真綾)
イェルネフェルト教授であり、主人公アナトリアに招いた女性エミールの構想は理解しているものの、主人公を利用することへの後ろめたさを隠しきれないでいる。
本作のオペレーターである。しかし本職でないためか、手際が悪かったり感情的になったりするなど、過去作のオペレーターとは趣を異にする。
エミール・グスタフ(CV.沢木郁也)
イェルネフェルト教授の元部下にして、現コロニー・アナトリア導者。アナトリア経済対策として、ネクストによる傭兵業を実行し、研究者でありながらネクスト借りパクという大博打を打つほどに、冷かつ政治的に優れた人物である。
ちなみにチャプターの合間に回顧録を話すのも彼である。

アスピナ

ネクスト操縦関連技術に優れたコロニー。

大戦以後はそのネクスト技術を巡っての企業間抗争に巻き込まれる不穏さを隠せない。

ジョシュア・オブライエン (CV.中田譲治)
アナトリアと同じく、ネクストによる傭兵業を担うリンクスリンクスナンバーは最も若い40だが、登録されるより前からAMSの被検体となっていた最初期のテストパイロットであり、経験・AMS適性共に高い。
機「ホワイトグリント」は全身を軽量パーツえた高機動。一撃離脱用の火力も充足したカスタム機であり、企業標準ではない。ゲームで登場した時の戦も高く、初心者リンクスの一つのである。
フィオナとは旧知の仲であり、お互いを懐かしむ台詞も交わされる。

マグリブ解放戦線

社会体制を掲げる武装勢アフリカが活動の中心地。

アマジーグ(CV.小野大輔)
マグリブ解放戦線の中心となって活躍するイレギュラーリンクス。高い精負担を対価に自身のAMS適性以上の性を引き出し、身を削りながらネクストとして企業と戦いづづけている。その姿から反社会体制組織の英雄とされている。
サラーフベースの「バルバロイ」を駆り、その3次元機動初心者を一人前に育てる「先生」の名前をファンから拝名している。

 


企業



次へ»
最終更新日: 14/07/21 13:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社