ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イオリ・セイ


ヨミ: イオリセイ
掲示板をミル!
449カキコ!

イオリ・セイとは、TVアニメガンダムビルドファイターズ』の主人公の一人である。CV:小松未可子

この記事では彼が製作したガンプラも解説していく。


概要


ガンプラに取り扱っている模型店「イオリ模型店」の一人息子中学一年生凰学園に通っている。

ガンプラバトル世界選手権準優勝の経歴を持ち、ガンプラ普及のため世界を放浪しているイオリ・タケシイオリ模型店を実質的に仕切っている美人イオリ・リン子

容姿や髪の色リン子の血を受け継いでおり、ガンプラに対する熱意やガンプラのこととなると変する点はタケシの影を強く受けている。なお、夢中になると目がしいたけになるのはリン子、タケシ双方からの遺伝である。まさしくこの親にしてこの子あり。

プラモデル製作技術を持ち、出来栄えが強さに例するガンプラバトルの場において機体性で一般的なファイターガンプラ駕してしまうほど。

優しい性格をしており、信頼を大事にし、そう滅多に他人のことを悪く言わない。
ガンプラバトルパートナーとなった自称、異世界の住人であるレイジに振り回されたり、歳相応に感情に素直。そのせいで一部のショタ趣味ファンからは3人ヒロインとも言われている。
同時に、劇中で起こる様々な出会いや事件の中で熱い男らしさを身につけてゆくのも見所の一つ。

クラスメイトコウサカ・チナとは劇中のガンプラの縁で親交が深く、ガンプラ製作を教える中で親しくなり、今や頼り頼られの関係にある。ある意味家族以上の理解者となった彼女に少なからず好意を覚えている模様。


セイとガンプラ


幼いころにが大会で活躍したシーン撃し、「自分の作ったガンプラで活躍する」という夢を持ったことが彼の原点である。

前述のとおり、中学生にもかかわらず卓越したプラモデル制作技術を持つ。合わせ消し、塗装等もきっちりこなすうえにスクラッチビルドによるオリジナル改造まで施す高い技術を持つ。
ほとんどのガンダム作品主人公機を自ら製作、店内の展示スペースに飾り客からは好評を得ている。どれもガンプラ製作経験がある人物ならば一見ただけで凄さが分かる代物。

また、ガンプラに対しての情とプライドも人一倍あり、自分のガンプラも敵のガンプラもぞんざいに扱うサザキ・ススムのことは快く思っていない。情もやや行き過ぎている感があり、授業中や寝る間も惜しんでガンプラ改造案を一人練っていたりする。

ガンダムの知識も豊富で、劇中では客にウイングガンダム概要を詳しく説明し、逆にドン引きされるほどの重度のガンダムオタクでもある。
自室もガンダム……というかガンプラ関連グッズが満載。あと、自室でガンプラを作る割りにかなり整理が行き届いており、けっこうマメな性格なのかもしれない。

一方、自宅(模型店)にはガンプラバトル施設があるにもかかわらず、ガンプラバトルは非常に弱い。
どのくらい弱いかと言うと、ランキング2980891人中2959201位という散々な有様。自らを下手と称しつつも、泥臭く勝利を収めていったガンダム主人公過去にもいたが、「どうしようもなく弱い」という点では異例の主人公ともいえる。

ガンプラ選手権ではひょんなことで出会った天才的なバトルセンスを持つレイジパートナーに迎え、火器管制を行う第二パイロットとして戦っていく。

そして決勝戦前のお祭ではついにレイジの駆るビギニングガンダムと対戦。
レイジの戦いを間近で見てきた中で「自分のガンプラを傷付けたくない」という思いから来るバトルの消極的な姿勢を「全で戦って楽しむ」という考えを持つことで
ビルドガンダムMk-Ⅱの性を存分に発揮して互の勝負を繰り広げ、お互いだけでなく祭りの参加者皆を大いに盛り上げた。

巨大結晶の暴走による要塞攻略戦では、ビルドストライクレイジに託し、自らもビルドガンダムMk-Ⅱで出撃。最後は結晶を破壊するべく、粒子のすべてをビルドブースターMk-に託し、ブースターをビルドストライクガンダムに再装着、ありったけのプラフスキー粒子でRGシステムを起動し、結晶の破壊に成功した。


製作ガンプラ



ビルドストライクガンダム


BUILD STRIKE GUNDAM FULL PACKAGE
ビルドストライクガンダム フルパッケージ
GAT-X105B/FP
全高 17.7m
重量 96.3t
搭乗者 イオリ・セイ
レイジ
武装

第七回ガンプラバトル選手権に向けてセイが製作していたガンプラデザイナー内に降りてきた神様ファーストガンダムの生みの親でもある大河原邦男

ベストセラーのガンプラ、「ストライクガンダムHGエールストライク)」をベースに、各所にオリジナルパーツを導入した。そのため、立つ部分を見ればラインを残してストライクとは別仕様ということがわかるデザインとなっている。

頭部はほぼ独自モデル。左右4門のバルカンばったストライクべて丸みのある姿にリニューアルした。

また肩部、ストライカーパックのハードポイント(ソードランチャーが入るところ)に大ブースターを搭載する。

左右部、「HGアカツキ」からの流用と思われるビームサーベルとラックに換装。ラックはセイにより回転軸が増設されているため、左右どちらの腕でも抜できる。

工作精度が高いセイの技術がダイレクトに反映されており、可動域から運動性、スピードパワーなど基本スペックは高いがコントロールする難易度も高く、戦闘テクニックに乏しいセイでは性が引き出せないという弱点がある。
後に飛び入りで参戦したレイジコントロールし、トップクラスのビルダーにも対抗出来るようになった。

更に、選手権では以下の追加武装を施した『フルパッケージモード』として戦う。

以上の手間を惜しまない装備により、レイジの腕もあいまって互の状況では一般的なファイターガンプラを軽く駕する性を発揮。
セイく「レイジの腕を信用し、一般的なガンプラファイターでは扱いきれないほどの速度を発揮」する代物。

ガンプラの出来が反映されるガンプラバトルにおいて、これほど多くの自作パーツを組み込んで問題なく動き、その筋では変態技術と賞賛されるバンダイのキットをぐ性を発揮するあたりセイ自身の非工作精度の高さを明する作品であるともいえる。

第六話、ユウキ・タツヤとの決闘で大破。修復に入ることとなる。


ビルドガンダムMk-Ⅱ


BUILD GUNDAM Mk-
ビルドガンダムMk-Ⅱ
RX-178B
全高 18.5m
重量 78.6t
搭乗者 レイジ
武装

レイジとの特訓やビルドストライクメンテナンスの合間を縫って制作していたガンプラ
デザイナー内に降りてきた神様ガンダムエクシアガンダムAGEシリーズ等を手がけた海老川兼武

地区大会決勝を前にして大破したビルドストライクに代わってセイとレイジ機となる。
ベースは恐らくHGUC ガンダムMk-Ⅱ (エゥーゴカラー)。
イオリ・タケシRX-78で準優勝したため、まさに二代ガンダムとしてうってつけと言える。

コンセプトは『ガンダムMk-Ⅱ4号機で開発中止とならず、ギャプランなどの技術を合流させた5号機が存在していたら』というIF設定による。
エゥーゴカラー白色)なのはセイの趣味やっぱり5号機も盗まれた』という設定によるらしい。ここのセキュリティどうかしてますよ!

額のアンテナ部や胸のダクトが新規であることを除いてモビルスーツ部分の外見的変化は少ない。
が、玉の装備である『ビルドブースターMk-』はほぼ合体時は追加ブースターとして機する他、ムーバブルシールドバインダーのキャリアエネルギー供給でもある独自設計。

ムーバブルシールドバインダーギャプランの手甲についている“ビーム内蔵の装甲”。それをガンダムMk-Ⅱ仕様コンパクト化している。
モビルスーツ部の腕に接続しており、ビルドブースター自体の可動域が広いのは論、部分を分離してモビルスーツ部の携行武装としたり、逆にモビルスーツ独立したビームとしても運用可で射線を妨げない。

ビルドブースターMk-だけで分離・戦闘ができる。合体する際にブースター側のコックピットブロックが分離するのはGディフェンサーと同仕様であり、スーパーガンダムニュアンスも含ませてあることがわかる。

総合的なデザインとしてはは「ガンダムMk-Ⅱ背中コンパクトギャプランである“ビルドブースターMk-”が被さっている」とイメージするといいかもしれない。

ヤサカ・マオの技術をの当たりにし、レイジユウキ・タツヤなどの操縦技術に感化されてセイの内には更なる発展プランがある模様。このあたりも含めて外伝アドバンスオブゼータ ティターンズの旗のもとに』などにも沿った“機動戦士Ζガンダム”の世界観を尊重したチョイスが感じられるところ。
このビルドブースターMk-は後の要塞攻略戦で、セイとレイジ、二人ので最後の突破口を開く鍵となった。


スタービルドストライクガンダム


STAR BUILD STRIKE GUNDAM
スタービルドストライクガンダム
GAT-X105B/ST
搭乗者 レイジ
特殊 ユニバースブースター装備
アブゾーブ・システム
ディスチャージ・システム
RG・システム
武装

ビルドストライクガンダムが大破した後、修復ついでの良を加えたもの。
世界レベルの実にし、対策を模索して煮詰まる中、原作世界観に縛られない自由な発想で突破口を開き完成させた文字通りの『新地のガンプラ』。


次へ»
最終更新日: 19/04/28 15:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ