ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イスラム教


ヨミ: イスラムキョウ
掲示板をミル!
3316カキコ!

[画像][外部]

イスラム(教)إسلام islaam)とは世界三大宗教の一つに数えられる一教の一つである。

正則アラビア語(後述)に従いイスラーム(教)と呼ばれることもあり、その言葉は「一のアッラー)への絶対的帰依」を意味する。ちなみに「平和」を表し挨拶にも使われるアラビア語サラーム(سلام salaam)もまたイスラムと同であり、「神威の下での安」というニュアンスを持つと同時に、アッラーの99の美称の一つ(つまり平和そのもの)である。

概要

いわゆるアブラハムの宗教の一つであり、ユダヤ教キリスト教の流れをむ。成立は西暦600年頃と宗教のうちでは較的に新しく、セミリタイアして瞑想生活に入った名門商ハーシムのご隠居ムハンマド(モハメッド、マホメッド、マホメットとも)が、40歳くらいの頃にメッカ近郊の山中にてアラビア語から啓示を授かったことから始まるとされる。

信徒はイスラームの行為者形であるムスリム、つまり「一のアッラー)に全に帰依した者」と呼ばれる。信徒数はキリスト教に次いで世界第二位の16億人。なお、キリスト教の最大信徒数を擁するローマカトリック教会は約11億人であるのに対し、イスラム教最大の宗であるスンナ派(後述)は14億人以上いるとされ、宗ごとにみればスンナ派イスラム教が世界最大となる。

ムスリムの分布はアラビア半島から西は北アフリカ、東は東南アジアまで広がっているが、最大のイスラム教はなんと中東ではなくインドネシア。また近年では欧州全土、とくに南ロシアにおいて増加している。

なお、日本国内には外国人を含め10万人のイスラム教徒がいるとされ、さらに日本人のイスラム教徒も1万人程いるとされる。信仰の自由に関する国際報告書(2017年版)―日本に関する部分[外部]

宗派・派閥

スンナ派 シーア派 [画像を見る]

イスラムはもともと同じ1つの宗であり、開祖であるムハンマドを中心として広まっていったが、後に様々に分しており、大きく分けるとスンナ派スンニ派)とシーア派に分けられる。

分布や信徒数でいうならばスンナ派の方が圧倒的な多数である。シーア派イラクイランなどにおいて信仰されている。どちらの宗もさまざまな分が生まれている。

スンナ派 シーア派
最高導者 カリフ
(預言者の代理人)
イマーム
(預言者の後継者)
導者 小イマーム
大イマーム
-
イスラム法解釈 法学者 ラマー: 伝統的なイスラムの学問を修得した知識人のこと。イスラム法学者という言い方をされることもある。ちなみに複数形なので「集団」として扱われる。議論して法解釈決めるよ 最高導者による法解釈こそが正当だよ

なお宗ルールが異なる。スンナ派導者は「小イマーム」「大イマーム」、最高導者・正当後継者は"預言者の代理人"を意味する「カリフ」としているのに対し、シーア派においては"模範となる者"の意味を持つ「イマーム」が最高導者として扱われる。

スンナ派ではイスラムの法解釈やルール決定を複数の法学者らによる合議で決めるので代理人に過ぎないカリフには独断での法解釈やイスラム教の行く末を左右する権限はない。シーア派の場合は最高導者イマームは預言者の後継者であるため、イマームによる法解釈が正式なものとされている。

ただ、同じ宗であっても各学や系列によって解釈が異なり、たとえばスンナ派の場合、中世において棄教はハンバルなどほとんどの学死刑とされてきたが、ハナフィー学では禁固刑に緩和すべきとしていた。現代でも各学導者によって解釈に差異があるほか、現在ではインターネットの普及により宗を問わずインターネット掲示板や質問サイト等に解釈をめる動きも認められる。シーア派国家イランでも、衆で男女が関わることは紀の乱れとして処罰扱いされてきたが、ネットでは「どうしてカップルで手をつないじゃいけないの?」という質問が増えているという。 (朝日新聞より)


歴史


イスラムは、概要にあるとおり最初にムハンマド自身がから啓示を授かり、その後家族や友人へと広がり、段々と勢を伸ばしていった。ムハンマドが死んだときは、預言者の代理人として正当な導者を選出するカリフ制度ができたといわれている。初代カリフには、彼の友であり近親以外の一番子であり(9歳のアーイシャムハンマドがせたため)義でもあったアブー・バクルが、共同体での合意により選出された。

しかしムハンマド個人に対する信義と忠を誓っていた閥がアラビア各地におり、「俺らが忠を誓ったのムハンマドさんだから。お前じゃねーから。」とカリフ決定に納得せず離反しようとしたため、アブー・バクルはこれらと戦い鎮圧、イスラム教を再統一した。
分裂の危機にあったイスラム教だったが、初代カリフであるアブー・バクルの統一以降は2代目ウマル、3代ウスマーンまでは少々不穏でありつつも再び勢を拡大していった。

3代カリフにはクライシュ族の有な一門ウマイヤであるウスマーンが選ばれる。だが自分の一族をメインにした政策ばかりとっていたため徐々にウマイヤへの当たりが強くなり、最終的にウスマーンは暗殺された。その後めてカリフが選出され、ムハンマドの甥であるアリーが4代カリフにつく。アリーはムハンマド方のいとこにあたるが、ムハンマドであるファティマと結婚して養子に入った。

だがアリーとの後継者争いに敗れた、ウマイヤのムアーウィヤが「ウスマーンが殺されたのはアリーの一による陰謀」として報復を叫びイスラム内で再び大きい対立が発生する。アリーが身内から分した閥ハワーリジュに暗殺されたことで5代目カリフに就任したムアーウィヤは、東ローマ帝国との戦争で手に入れた自らが総督を務めているシリアに、世襲制の王を開いた。これにより世界最初のイスラム帝国であるウマイヤが誕生する。

ウマイヤ王はその後、国家として体制を整え強大なを有するようになる。他の閥も恭順を誓っていきウマイヤが多数となったためアリーを失ったアリは少数へと転落した。しかしアリは「4代カリフアリーとファティマとの子孫だけがイスラムを導く資格がある」としてムアーウィヤのカリフ就任を認めないスタンスを崩さず、アリーを支持する党シーア・アリー)がのちの「シーア派」に、慣行(スンナ)を重視するウマイヤを中心とした他の多数が「スンナ派スンニ派」へと分裂していった。

ウマイヤカリフを選出ではなく世襲にしたことで今までのイスラムの体制とは明らかに変質しているため、一般的には"正統カリフ"とされているのは第4代アリーまでである。ちなみにイスラムにおいて現在正式に承認された最後のカリフは、オスマン帝国皇太子であったアブデュルメジト2世1868~1944年)。1922年のトルコ革命により共和制となり政教分離が行われた。その際にカリフ制も止された。

コーランとアラビア語

イスラム教の典であり、正則アラビア語の発音に従いクルアーンالقرآن al-qur'aan, 「朗唱すべきもの」)とも呼ばれる。ムハンマドが口伝した内容を文字に起こしたとされ、その言正則アラビア語فصحى fuSHaa フスハー、「最も雄弁に物語る(アラビア語)」)と呼ばれ、古来よりイスラム諸地域のな共通として現在でも形を変えつつ通用し続けている(よって本項でも随所にアラビア語を表記する)。

まあコーランキリスト教徒にとっての聖書みたいなものだが、六信(後述)の一つになっていることからも判るように、それ以上に大切に取り扱われており、コーランを意図的に燃やしたりするだけで大騒動になるのは知っての通り。実際にぞんざいに扱わなくともそれっぽい描写が入ったアニメでさえ問題になることもある。また、コーランアラビア語的韻の美しさにおいても大変高く評価されており、コーラン預言者から授かった人知をえた奇跡であるということを示す要素の一つになっている。

六信五行

イスラム教徒が守らなければならない事、信じなければならない事、行わなければならない事をめて六信五行という。シーア派にはイマームへの信仰を教義に据えた五信十行が存在する。

信仰告白とは、皆の前でイスラム教徒になると宣言することである。例えば家族や知人たちの立ち会いの下、職者の前で「لا إله إلا الله محمد رسول الله laa ilaaha illaa 'llaah(u), muHammad(un) rasuulu 'llaah(i)アッラーを措いて他に神無し。ムハンマドこそアッラー使徒なれ)」と唱えることでイスラム教に入信できてしまう。なお、この文句はサウジアラビア国旗に図案化して書かれている。

礼拝は1日5回、聖地メッカの方向を向いて行う。どこでやっても良いが、金曜日の礼拝は一度は礼拝所に行くべきらしい。時間は日毎にずれ、メッカの方を向いて、立ったり座ったりしながら行わなければならないので、イスラム教徒には専用の時計コンパス絨毯を持っている人が多い。

喜捨は、いわゆる施しのこと。キリスト教仏教でも奨励されるが、イスラム教はそれ以上に大事。

断食はイスラム9月ラマダーン(رمضان ramaDaan)に行うが、もちろん1ヶもの間に全く食えなくなるわけではない。つまり日の出から日没までの間の一切の飲食が禁止され、その間は唾液すら飲み込まない努をする信徒もいる。ちなみに妊娠時や病気の時などには理せず食べ、その原因が解消された時に行っても良いとされる。それにラマダーン明けは各庭で盛大な祝宴が催されるので、痩せるどころか逆に太ってしまうとか。

巡礼は一生に一度、聖地メッカにお参りに行くことである。但し、他の4つと違い行うことが簡単ではないため努義務となっており、実際には巡礼を済ませた者が尊敬されるという程度である。

については「アッラーフ」を参照

唯一神教として有名なイスラムであるが、信仰告白لا إله إلا اللهを英語に置き換えると、no god but Allah(は存在しない。ただし、アッラーを除いて)となり、最初にの存在を否定することから出発している。

これには世界に存在するあらゆるものの性を否定し、その前提に立った上でネガとして仮想される宇宙の造りアッラーと同定するという構造を持っていることと関係しており、「アッラー宇宙を造った」ではなく「宇宙を造った御方がアッラーである」という言い方にした方が分かりやすい。そのため、この世で起こる全ての事の意思であるという立場を取る。

性の否定は預言者であるムハンマドにも底されており、コーランではムハンマドについて「飯を食い、市場歩く人間」という記述が登場する。ただし、一部のスーフィーの間ではムハンマド越的存在として解釈されたり、シーア派ではお隠れになっている第12代イマームが審判の日るという信仰がなされていることもある。

アッラーは被造物である時間と間、あるいは異次元のどこにも存在しておらず、それらの外に存在するものとして区分けされている。その姿は見えるわけではなく、被造物である人の姿をしているわけでもないとされる。それは、コーランにおいて「玉座に坐し給うお方」「手」などの記述が人間的であるとしてこの解釈を巡って論争が巻き起こるほどである。一方で、アッラーは意思を持った人格であり、罪人を火に送る峻厳なでありながら、専ら人間を赦し楽園に導く慈悲のとして描かれる。

また、日本神道などで称される宇宙を創造した絶対者という属性を持っているわけではないため、日本における多教とイスラムにおける一教は矛盾しないという見方もある。

戒律

が厳しいことで有名である。これは「クルアーン」に次ぐ重要な第二の典「ハディース」がある為で、両者合わせての禁則次項はかなり多い。

しかしイスラームのは「軽微なものが破られれば来世の天国へのが遠のいて(最後の審判で)地獄に落とされる可性が高くなり、重大なものが破られればイスラーム法に則り現世で厳重に処断される」という趣旨が基本である。
つまり軽微なものに限って言えば破っても即バチが当たるといった性質のものではなく、また意図的な違反でなかったりやむを得なかった場合はノーカウントとされることになっている。


次へ»
最終更新日: 19/03/18 22:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ