ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イズガンダのセンシ


ヨミ: イズガンダノセンシ
掲示板をミル!
3カキコ!

ダンジョンも一緒だ
ほったらかして恵みを享受することはできない

何より……

ここで育ったものを食べ
自分からもダンジョンに分け与える

そのように暮らしていると
ようやくこの迷宮の中に入れたように思える

それが嬉しい

イズガンダのセンシとは、漫画ダンジョン飯』の登場人物である。


概要


112歳のドワーフ男性い長と胸を覆う立を持ち、常に付きの兜を被っている。「センシ」とはドワーフで探者の意。
10年以上金城ダンジョンに住み込み魔物食の研究をしている。

地上へ買い物に訪れた帰りに大サソリを誤った調理法で食べようとして食中毒になりかけている冒険者パーティーと遭遇し、その素人ぶりを見かねてサソリを振る舞う。
ダンジョン深層でレッドドラゴン(炎)に飲み込まれた、パーティーリーダーであるライオスファリンを救うという一行の的を聞き、「炎を調理する」という長年のえるために同行することとなる。


人物


魔物食への非常に強い探心を持ち、「栄養不足は魔物より恐ろしい」「若者には飯を食わせなければならない」という持論を持つ。

魔物の知識はライオスべ常食できる魔物に偏っているが、迷宮内の生態系や環境の維持に気を使い、「迷宮の中で生きる」ことを強く意識している。

しかしそれ故に料理を全てに優先させてしまう側面もあり、バジリスクに苦しむ冒険者を前にして消しを持っていながら「これは料理に使う」と聞かないオーク人間の拠点から奪った小麦粉パン種を使ってパン作りをしたいがためだけにわざとオーク拘束されるなどの奇行に出ることがある。
協調性の低さや魔術嫌いも相まってパーティーの足を引っってしまうこともしばしばあるが、ライオス一行との冒険を通じて少しずつ善していく。

また、風呂嫌いであるためかに様々な魔物の油や血がしみ込んでおり、味方の補助魔法が効きにくい(仲間魔術師マルシル絶縁)。そこから発せられる独特の臭いは嗅覚が鋭い人種の人物がセンシ個人を特定するのに役立っている模様。

の攻撃をも防ぐアダマント製の鱗をも切断するミスリル製の包丁を中心とした様々な調理器具や食器を常に携帯している。

料理研究」を名乗るだけあって非常に高い料理スキルと栄養についての知識を持つ。作る料理レパートリーは非常に多いが、特に和食が多い。

魔物を狩って生活しているだけあって術や槍術第33話でオークから借りる武器を「ヤリと迷った」と発言しており、事実第16話のクラーケン戦では鮮やかな捌きを見せているを中心とした高い戦闘力を誇り、身体にも優れる。

ドワーフの特技とされている鉱石の区別や鍛冶の知識は乏しく、用のの管理はずさん。しかし古代ドワーフを解し、深層の暗号を解読することができる。


来歴


東方大陸の北東のイズガンダの出身。

少年時代古代戦争前の遺跡発掘を的とした小さな抗夫団に所属していた。
彼が36歳のある日抗夫団は金城ダンジョンを偶然掘り当て、仲間達が宝探しに中になっているうちに遭難。出口を探す日々の中仲間は次々とヒポグリフに殺されていき、結果的に彼一人が生き残ることとなった。

38歳で迷宮内に住むオーク拘束され、古代ドワーフを教える代わりに迷宮内での生活法を学ぶ。
50歳で地上への帰還に成功したが、迷宮内で起きた惨事のために故郷に戻る気になれなかったため迷宮周辺での生活を続け今に至る。


関連する人物・魔物



関連静画


■im6809645(静画)
■im5785861(静画)


関連商品


■az4047344176


関連項目



最終更新日: 21/02/20 14:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ