ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イタリア語


ヨミ: イタリアゴ
掲示板をミル!
65カキコ!

イタリア語(Italiano)とは、イタリア共和国などの公用語である。

概要

イタリア語
総話者数 6400万人
話者数の順位 24
系統 インド・ヨーロッパ語族
イタリック
ロマンス
通用地域 南ヨーロッパ

イタリア語は、インド・ヨーロッパ語族印欧語族)のイタリックロマンスに属する言である。イタリア共和国公用語であるほか、サンマリノヴァチカン市国スイスといった周辺でも公用語の地位を得ている。欧州連合EU)の公用語の一つでもある。ラテン語に由来する言の一つであり、特にレベルで類似性が高い。とする人の数は約6千万人。

りからの発音の想像しやすさはスペイン語と並び、日本人向け。文字通り「歌うように」紡がれ得る上品な言葉であると同時に、人類最大規模の罵レパートリーを擁する言であり、例えば陰茎を意味する隠語100件近くあると言う。本項でもほんの一部を扱っているが、詳細はウィキペディア[外部]などを参照。

ここでは、イタリア語に関する単語記事などをまとめる。

イタリア語の主な単語


数、順番


unoウーノ) 1
dueドゥーエ)2
treトゥレー)3
quattroクァットロ)4
cinqueチンクェ)5
seiセーイ)6
setteセッテ)7
ottoオット)8
noveノーヴェ)9
dieciディエーチ)10
primaプリーマ) [女]第1学年、初日 [前]~までに / primoの女性
primoプリーモ) [形]第1の、最初の

あいさつ・感嘆


arrivederci(アッリヴェデルチ)さよなら
auguri buonanno(アウグーリ・ブォナンノ)あけましておめでとう
ciaoチャーオ)こんにちは、じゃあまた
grazieラーツィエ)ありがとう ※グラッチェは誤り
tante grazie どうもありがとう
mammamia(マンマミーア) mjd!? < mamma 母さんmia 私の
beneベーネ)良し

料理、食材


abbacchio(アッバッキョ)子(の
balsamicoバルサーミコ)かぐわしい
aceto balsamico バルサミコ酢
carneカルネ)[女]
cioccolata(チョッコラータ)[女]チョコレート
dolceドルチェ)[形]甘い [男]スイーツ(笑)
limone(リモーネ) レモン
melone(メローネ)メロン
pesceペッシェ)
prosciuttoプロシュット)プロシュート
 prosciutto con melone (前菜生ハムメロン

その他


ariaアーリャ)①空気 ②歌曲
avvenire(アッヴェニーレ)未来
baccano!(バッカーノ!)ばか騒ぎ!
bambino(バンビーノ)赤ん坊
biancoビャンコ)
carnevaleカルネヴァーレ)謝
cappella(カッペッラ)礼拝堂
a cappella (アカペラ
dioディーオ)
falcoファコ)
fagianoファジャーノ)雉
gambaガンバ)脚
giornoジョルノ)日
di molto(ディ・モルト)きわめて、非常に
 (※普通ディ・モールトと伸ばさない) 
 
neroネーロ)
nienteニェンテ)[代]なにも~ない
piccoloピッコロ) 小さい
pianoピャーノ) [形]らな
 [男]ピアノ(= pianoforte(ピャノフォルテ))
rossoロッソ)
sinfonia(スィンフォーニャ) 交響曲
spadaスパーダ) 剣、
spirale(スピラーレ) 螺旋
verdeヴェルデ) 緑色
vistaヴィースタ)視界
volare(ヴォラーレ)飛ぶ
vola viaヴォーラ・ヴィーア)飛んで行きな

息子レパートリー


cazzo(カッツォ)息子 <ラテン語「小さい頭」/イタリア方言「雄ガチョウ」
pene(ペーネ)息子 <ラテン語ペニス penis 「陰茎」の対格
pesceペッシェ)息子 <
pisello(ピゼッロ)息子 <サヤエンドウ
banana(バナーナ)息子 <バナナ
pistolino(ピストリーノ)息子 <幼児。「ちんちんピストル
uccello(ウッチェッロ)息子 <
pirla(ピルラ息子 <頭を表す北イタリア方言より
fico(フィーコ)息子 <雄ミツバチ
minchia(ミンキャ)息子 <ラテン語 mentula 「もっこり
tintinティティン)息子

発音

上記単を見て判るように基本的にはローマ字読みでよい音は a, i, u, e, o に e と o のヴァリエーションを加えた計7つだが、後ろ2つはアクセントの有に伴う自然な変化なので実質的に日本語の「あいうえお」で構わない(ただし、より口の開閉をはっきりとするのが bene)。ただし i, u は同じ音節内で後ろに別の音を従える場合は半音(日本語では開拗音(一般にイ段+ゃ、ぃ、ゅ、ぇ、ょ)と合拗音(一般にウ段+ぁ(ゎ)、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ)。しかし前者はしばしばイ段+ヤ行で転写される)、あるいは i では直前の子音の「軟化」(後述)を示す。また、子音を2つ重ねる長子音は日本語の促音(っ)とほぼ同じと考えてよい。また j (i lunga イ・ルンガ、iota ヨータ), k (cappa カッパ), w (vi doppia ヴィ・ドッピャ、doppiovu ドッピョヴ), x (ics イクス), y (ipsilon イプスィロン、i greca イ・グレーカ)は外来語および方言専用文字であるが、ネットスラングでは略字として使われることもある。

アクセントは英語と同じ強勢アクセントで、アクセントのある音節(一続きで発音される音の最小単位日本語ならカナ一文字(+拗音、促音)がそれに相当する)は「長い音節」になり開音節(音で終わる音節)では音が長めに発音される。基本的に最後から2つの音節に置かれるので判り易い。が、によっては最後から3つか1つに置かれ、後者は重アクセント符合( ̀ )で示されるのに対し、前者は何ら標示はいので単毎に憶えるしかない。ともあれ、日本語のように音節構造の中心が開音節であるのも、イタリア語が日本人向きな理由の一つである。

以下には注意すべき発音を挙げる。

c (チー): g の音(日本語の清音、半濁音に相当)で、硬い音(a, u, o)の前ではカ行、軟らかい音(i, e)の前では軟化してチャ行になる。キ、ケは chi, che (決してチ、チェとは読まない)。チャ、チュ、チョは cia, ciu, cio (1つの音節内ならば決してチア、チウ、チオなどとは読まない)。キャ行は chia, - , chiu, chie, chio 、クァ行は cua, cui, - , cue, cuo 。また q の長子音は通例 cq で表され(例 : acqua アックァ「」)、s の後につくと s の後退化を表す(後述 sc の項を参照)。

g (ヂー) : c の有音(日本語の濁音に相当)で、つまり硬い音(a, u, o)の前ではガ行、軟らかい音(i, e)の前では軟化してヂャ行(舌を口腔の天井(硬口蓋)にあててから出す音。イタリア語では基本的にジとヂの対立がいので、本項では厳密な発音に触れない所ではジャ行でも表記する)になる。ギ、ゲは ghi, ghe 。ヂャ、ヂュ、ヂョは gia, giu, gio (1つの音節内ならば決してヂア、ヂウ、ヂオなどとは読まない)。ギャ行は ghia, - , ghiu, ghie, ghio 、グァ行は gua, gui, - , gue, guo 。また l, n の前につくと、それら子音の舌化を表す(下 gl, gn の項を参照)。

gl : 基本的には字の通りの発音だが、単によっては i が付くと舌化(舌先ではなく、舌の中ほどより後ろを口腔の天井にあてて発音)した l を表す。さらに、音が先行する場合は自動的に長子音(ッリァ、ッリィ、…)になる。 glia, gli, gliu, glie, glio日本語ではしばしばリャ行で転写されるが、半音の付いた l のリャ行 lia, - , liu, lie, lio とは異なる音なので注意。

gn : 舌化した n を表す。gl と同様、こちらも音が先行する場合は自動的に長子音(ンニァ、ンニィ、…)になる。 gna, gni, gnu, gne, gno は日本語ではしばしばニャ行で転写されるが、半音の付いた n のニャ行 nia, - , niu, nie, nio とは異なる音なので注意。

h (アッカ): 最近の外来語や間投詞を除き、発音されない。また軟らかい音によって軟化される子音に付いて、その子音が元の硬い音であることを示す(前述 c, g の項を参照)。

i (イー): 普通音イ(口の両端を引く)としての他に、先に述べた通り、軟らかい音によって軟化される子音に付いてその子音が軟化していることを(前述 c, g の項を参照)、他の子音に付く場合には開拗音を示す。また、子音に付かない ia, - , iu, ie, io はヤ行を表す。

l (エッレ), n (エンネ): 舌先を上歯茎の裏にしっかりとあてて、はっきりと発音する。

q (クー): 常に qu- の形で現れ、クァ行 qua, qui, - que, quo を表す。

r (エッレ): いわゆる巻き舌のルだが、軽く一回巻くか弾く程度。頭および長子音 rr は少し多めに巻くが、歌以外ではあまりキツくなり過ぎないよう注意。

s (エッセ) : 基本的にはスだが、音に挟まれた場合と有音の直前ではズになる(例 : Svizzera ズヴィッツェラ「スイス」)。また si はシではなくスィ(有化すればズィ)。

sc : 硬い音か h の前ではス+カ行 sca, schi, scu, sche, sco。軟らかい音の前では口腔の天井に接近する舌の位置が若干後ろにズレた s で、これは英語の sh と同じ音であり、日本語のシャ行 scia, sci, sciu, sce, scio でだいたいあってる音が先行すると自動的に長子音(ッシャ、ッシ、…)になる。

u (ウー) : 普通音ウ(唇を丸くめて突き出す)としての他に、先に述べた通り、子音に付いてそ子音に付いて合拗音を示す。また、子音に付かない uaui , -, ue, uo はワ行を表す。

z  (ヅェータ) : 頭ではヅァ行でそれ以外ではツァ行が基本だが、単によってはヅァ行で発音されたり(例 : mezzo メッヅォ「半分(の);中間の」)、どちらでもいい場合があり、これは単毎に憶えるしかない。日本ではヅァ行はよくザ行で転写されるが、別音である。

イタリア卑語

のことをイタリア語でparolaccia(パロラッチャ)と呼ぶ。見知らぬ人や上の人や立なご両親の前などでは使ってはいけないのは当然だが、イタリア人がそんなことを意に介するわけもなく、 "Chi se ne frega?" (「気にしてる? が?」)と五分に一度はかならず口にするのが実情。

例えば、ミラノなどを筆頭に北部大都市住民はイタリア南部の住民のことを「田吾作(terrone、テッローネ)」と呼び、一方ナポリやシチリアなどの南部人は北部人を「蕎麦がき(ポレンタ[外部])喰い(polentone、ポレントーネ)」と名付けている。卑はみんなの憧れのイタリアの、重要な側面である。々はここで、特にイタリアの悪口について取りあげたい。


状況に対する悪口


大別して状況に対する悪口と、人間に対する悪口が存在する。日本語では状況に対する悪口というものはそれほど存在しないように見えるが、イタリア語において代表的なものがいわゆるポルカシリーズである。『Fate/hollow ataraxia』のカレンが口走ったことにより、一部で有名となった。なお発言強度は下に行くほど強くなる。ミゼーリャ以下の使用に際しては社交的判断を加えること。

porca eva ポルカエーヴァ (雌豚女め)
porca miseria ポルカミゼーリャ (哀れな雌豚め)
porca vacca ポルカバッカ (雌豚め)
porca troia ポルカトローヤ (トロイの雌豚め)※戦争を引き起こした美女レネーのこと
porca puttana ポルカプッターナ (売婦の雌豚め)
porca mignotta ポルカミンニョッタ (売女雌豚め)

他にも

cavolo カーヴォロ(キャベツ野郎)
cazzo カッツォ(ちんこ野郎)
merda メルダ (うんこ野郎)
che palle ケパッレ (なんというタマだ!)
sta minchia スターミンキャ (モッコリしやがって!)
mannaggia マンナッジャ (くそ忌々しい!)
mannaggia a bubbà マンナッジャアブバー(くそ忌々しいブッバーめ!)※ナポリ方言。ブッバーは不意の厄介事に巻き込まれるキャラクターとして罵り言葉によく登場する


次へ»
最終更新日: 19/05/22 20:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ