ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イッシュ地方


ヨミ: イッシュチホウ
掲示板をミル!
232カキコ!

イッシュ地方(英語名:Unova)とは、ポケットモンスターブラック・ホワイト及びポケットモンスターブラック2・ホワイト2舞台となる地方である。


概要


カントージョウトホウエンシンオウに次ぐ、5つ地方外伝作品やアニメ地方を含めるとこの限りではない。

近代的な大都市圏と、豊かな自然が共存する地方カントージョウトからは遠く離れており、これらの地方に出現するポケモンど生息していない。

南北に走る2つのが、地方の中央の東寄りと西寄りにそれぞれ流れており、その両と中州に分断される形となっている。
中州の南端には巨大な都市があり、地方南部に広がると陸をつなぐ大港湾地帯となっている。その北には砂漠地帯が広がり、さらにその北=中州の中央には、中央に浮かんだとその東西に架かったによってモンスターボールのような姿になった巨大ながある。
で分断された両側の地帯の中央にはそれぞれ巨大な山脈がある。

なお、ブラックホワイトでそれぞれ違いがある。

これまでの地方と違い、日本国外がモチーフとなった。ネット上などを中心に、モチーフについての議論が繰り返されたが、正確なモチーフアメリカニューヨーク(マンハッタン)であるが、通貨が『』だったり、人の名前の大半が日本人の名前だったりと、米国とは思えない所もある。

ニューヨークである理由は要約すると「なんか最高のポケモン作りたかったからアメリカだよね。ニューヨークだ」と言うことらしい。

今回の都市の名前はどが模様が由来となっている。

他にも特徴としては各道路を繋ぐところにゲートがある。中はそのまま通り抜けられるが電掲示板もあり、様々な情報を得られる。

ブラックホワイト2は前作ブラックホワイト世界から2年が経った世界であり、様々なところで前作との繋がりを垣間見ることができる。


主な都市・場所



ブラック・ホワイトで登場した都市


カノコタウン

主人公やベル、チェレンが住んでいる。小さい。ハジマリである。アララギ博士の研究所もある。

BW2ではBW主人公に行くとBW主人公のおかあさんが彼(彼女)の心配をしてくれることが良く分かる。

カラクサタウン

次のゲーチスが最初に演説をしていたりNと最初に戦ったりするでもある。段差が多い。

サンヨウシティ

初めてのジム戦がある都市。前のポケモンからやっていた人にとってはジムレストランもやっていることに驚いたかも知れない。今回のジムいわタイプとかではなく、自分が持っているポケモンの対抗属性を繰りだしてくる(例:ほのおタイプポカブを選んだらみずタイプジムリーダーと戦う)。が、近くにある夢の跡地では対抗属性の対抗属性サルが貰えるため(例:ポカブを選んだらくさタイプヤナップ)実はそんなに苦労しない。サルを使わないなら話は別ではあるが。都市にはトレーナースクール影の薄いマコモの研究室もある。

知られていないところがあるが、マコモの研究室にいる眼鏡少女が今作のポケモン預かりシステム管理者であるショウロである。彼女に話かければ「ショウロのパソコン」とちゃんと変換される。(話かけないとずっとだれかのパソコン)西の方には広々とした庭園があり、庭園を通り抜けていけばの前を自転車で往復しまくるトレーナーがいる事で有名なポケモン育て屋もある。

BW2ではレストランジムくなっていて、レストランでは三つ子のかを選んでダブルバトルが出来るようになっている。三つ子がジムリーダーを辞めた理由はおもいでリンクられる。また、マコモたちの研究室はヒウンシティに引っ越した。

シッポウシティ

倉庫。と言うか建物自体がど元倉庫。昔にアーティストが住み着いて倉庫をオシャレにしたらどんどん住民が増えていったとか言われている。おしゃれカフェも中にはあるよ。シッポウシティジム博物館にあり、博物館にはカイリューと想われる化石や妙な石が飾られたりしている。化石の復活はシッポ博物館で。

シッポウジムはへと進むためになぞなぞを解いていかないと行けない。

側にはヤグルマのもある。

BW2ではアロエが調博物館の経営で忙しいためジムリーダー引退。ただの博物館となっている。アロエに話しかければ、アーケンプロトーガの化石が貰える。

ヒウンシティ

中州の南端に位置する巨大港湾都市近代的な高層ビルが数多く立ち並び、多くの人々が集まる。

イッシュ地方のん中辺りにある巨大な都市。慣れないと迷う。慣れなくても迷う。大体っ直ぐ進んでいけば何とかなるはずの都市。ヒウンアイスも売っている。効果はフエンせんべいと一緒です。ゲームフリークの会社もあるよ。ゾロアもいるよ。ポケモンマッサージに姓名判断師、色々ってます。

ヒウンシティジムジムリーダーアーティアトリエのような場所になっている。BW時点ではハチミツねばねばを気合いで通り抜けろ。BW2ではマユを伝って移動する。

ブラック・ホワイトの一新されたグラフィック勢に書き出されており、ビルの屋上に看があったり、巨大な路地を主人公が駆け抜ける様子などが見られる。

埠頭からは船が出ていて、夕方には遊覧船、ロイヤルイッシュ号も出ている。ビクティニ道場で有名なリバティガーデンは配布されていたチケットを受け取ってからヒウンシティから出ている船に乗る。

BW2では下水道に行けるようになり、ヒウンシティの始まりの場所と言われる一本の木が立っている場所へと行ける。季節によって下水道くなったりとしている。始まりの場所にはイーブイがごくたまに出てくる。

ヒウンシティの個別記事も参照。

ここから砂漠を通り抜けてライモンシティへ行ける。ライモンシティヒウンシティ上。

ライモンシティ

スタッフが気を使ってくれたのか(インタビューにも書いてあったが)今回のポケモンは大体一本道である。ストーリー上ではライモンシティの地点を時計の六時の位置として、これから時計回りに進んでいく。

ヒウンシティよりは小さいがライモンシティもなかなかの大きさであり、バトルメッカである。あっちこっちトレーナーが居るぞ。ミニバトルタワーとも言えるバトルサブウェイトレーナーとしての腕試しが出来るトライアルハウスポケモンミュージカルが行われるミュージカルホールスポーツが行われているビッグスタジアムにリトルコートなどがある。ビッグスタジアムやリトルコートは時間によってはスポーツをしているがそれ以外ではトレーナーがいるため、お金稼ぎに丁度良い。東の方には観覧車がありNや他のトレーナー観覧車にも乗れるぞ。あの名言?「ボクは チャンピオンを こえる」もその場所で聞ける。

BW時点でのライモンシティジム観覧車の側の建物、あるいはどでかピカチュウ風船の側にある地味な建物であり、中には一人乗りのジェットコースターが走っている。 電気代いくらかかってるんだろう。地方の某ジムリーダージムよりも手である。具体的に言うとジム内に歯車が回ってるあのジムの。

近くには小さいけれど迷いやすいと言われている迷いのがある。また、五時方向に行けばホワイトフォレスト(もしくはブラックティ)にも行けるようにはなってるがストーリー中ではがふさがっている。

BW2ではジェットコースター場がジムではなく、の方に出来たファッション会場ステージがライモンジムとなっている。
これ絶対電気を止めたどっかのジムリーダーよりお金かかってるよね。

ホドモエシティ

イッシュ地方の玄関と言われている港都市。冷凍コンテナがある。冷凍コンテナ近くではゴツゴツメットが手に入る。ホドモエマーケットは規模が大きい。わざ教えのもある。建物の屋根オレンジ色が多い。近くには波乗りが出来る大きなもある。

ホドモエシティジムホドモエシティにある手な建物。ジムリフトで移動するが、リフトはシンオウ地方・ミオジムの時と違い下に移動していく。地下へ地下へと降りていき化石やら何やらを通り越していくとジムリーダーヤーコンが居る。某ジムリーダーとか某元チャンピオンとかが喜んで見に行きそうなジムである。2でも地下なのは変わらない。

BW2では冷凍コンテナがなくなり、新しくポケモンワールドトーナメントの会場となっている。ヤーコンの経営手腕が良いのかホドモエシティホテルとなっている。丘の上の方にある教会はNプラズマ団の本拠地がある。ヤーコンネジ山をひたすら掘ったヤーコンロードもある。

"ホモエド"シティと勘違いされることがある(感や、BGM和風な雰囲気から江戸を連想するためと思われる)

フキヨセシティ

電気石の洞を越えるとすぐの前に広がる都市。飛行場がある。ポケモン世界って飛行場とかあるんだ、とかそんな気分にさせてくれる都市。かつては貨物用の飛行機のみ運航していたが、BW2では貨客機の運航も行っている。農作物を作ることがとても盛ん。飛行機であちこちに運ぶ。わざ家族カーサービスもあるぞ。

キヨセシティジムは滑走路近くにある。中には大砲がある。BWジムの仕掛けは人間が乗り込める大砲であり、乗り込んでは発射されてを繰り返してフウロの所まで辿り着く。たまに主人公に大突したりもする。痛そう。BW2だと、強が吹き荒れるステージとなっているがフウロを倒した後の帰宅方法が……。

セッカシティ

ネジ山を越えた所にある町。辺りは自然が多くイッシュ地方の中でも北部に位置するためが降り積もる。町の北にはリュウラセンのが聳え立つ。
町の沼地はポケモンが飛び出す。みんな大好きマッギョの生息地としても有名。地味だがポケモンだいすきクラブもここにある。

セッカシティジムは冷えきった洞窟の中で、足元が滑るようになっている。苦手な人はとことん苦手なギミックだが、微妙印になる跡があるのでそれをして滑るように。

BW2ではハチクジムリーダーを辞めており、殿堂入りするまで訪れることができない。

セッカシティの個別記事も参照。 

ソウリュウシティ

バージョンによって町の雰囲気が変わる。ブラックでは便利さを追求した未来並み、ホワイトでは昔ながらを大切にした過去を意識した並みになっている。
ドラゴンタイプジムがあるからか、ドラゴンタイプの技「りゅうせいぐん」はこの町で教えてもらえる。 
北に抜ければ10番道路、その先はチャンピオンロードポケモンリーグへと続く。 なお10番道路BW2では封鎖されている。

ジムの仕掛けはBW2の方が手になっている。

ソウリュウシティ」の個別記事も参照。

カゴメタウン

昔からの習を守る人達が暮らす町。
近くには何かとキュレムと関係のあるジャイアンホールがあるからか、になると全員の中にひきこもる入り過ごす。

サザナミタウン

の町。バカンス地としてにぎわうが、それ以外の季節はとても寂しい。
イッシュリーグ四天王の一人カトレアの別荘にはシンオウリーグチャンピオンシロナが時折お邪魔している。の間はここで過ごすようだ。
またお金稼ぎの名所であるブルジョワール家邸もある。 さんざんをせびられたからか、BW2では父親以外の一家は引っ越してしまった。

ブラックシティ

機質ないビルが立ち並ぶ、巨大都市。とにかく町全体がく暗い。ブラックバージョンにのみ登場

歩いている人物の話によると、「かねがあれば なんでも てにはいるぜ」だそうだ。

BW2ではイッシュの最難関と言われる「摩天楼」が登場した。

ホワイトフォレスト

大きな木々が集まった、巨大な森林地帯。ホワイトバージョンにのみ登場

確認される画面では、「この もりと ポケモンが いきている」という。

BW2ではイッシュの最難関と言われる「洞」が登場した。

これらの2つは、マップ上では同じ場所にあるものの、片方のバージョンにしか登場しない。
BW2ではキーを交換することでブラックティホワイトフォレストを自由に切り替えることができる。

どちらの施設も人が居ないが、これはハイリンクを使い別のソフトから人を勧誘するとホワイトフォレストもブラックティも賑わうようになってくる。しかし放っておけば段々人が居なくなっていく。BW2ではジョインアベニューがその機を果たしているため、賑わったり寂れたりと言った事が起こらなくなった。

カナワタウン

ライモンシティバトルサブウェイから発する地下鉄でのみ行く事が出来る町。車両基地がある他は何もない町だが、週末は鉄オタでにぎわい物々交換ができる。


ブラック2・ホワイト2で登場した都市


ヒオウギシティ


次へ»
最終更新日: 14/12/06 00:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ