ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イビチャ・オシム


ヨミ: イビチャオシム
掲示板をミル!
29カキコ!

イビチャ・オシム(Ивица Осим, 1941年5月6日 - )とは、ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー選手サッカー導者。独自の導法や、日本では「オシム節」「オシム語録」と呼ばれる、独特の言い回しが有名。


概要


現役時代はフォワードとして活躍。地元のFKジェリェズニチャルサライェヴォでデビューした後、フランスクラブチームなどでプレイした。長身だが高いボールテクニックを備えた技巧だったという。

引退後に自身が所属した最初のクラブであるFKジェリェズニチャル導者となり、1984/1985シーズンUEFAカップで準決勝まで進む。

1986年サッカーユーゴスラビア代表の監督に就任。1990年ユーゴスラビア内の民族対立が深まる中、代表チームを率いて1990 FIFAワールドカップベスト8進出を果たす。この後ユーゴスラビアは分裂しユーゴスラビア紛争が勃発。オシムは代表監督を辞任。ユーゴスラビア代表は際大会に出場を禁じられる。

1993年にパナシナコス監督を1シーズン務めた後、オーストリアクラブチームSKシュトゥルム・グラーツの監督になる。財政難に陥いり若手中心のチームを育て8シーズンの間にリーグ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーググループリーグに3度出場を果たした。

2003年ジェフ市原2004年からジェフ千葉称)の監督に就任。2005年にナビスコカップ優勝チームに初タイトルをもたらす。

2006年に引き抜かれる形でサッカー日本代表監督に就任。2007年11月脳梗塞で倒れ、緊急入院。回復するが代表監督からは退任となった。

2008年には回復し、日本サッカー協会のアドバイザーに就任。2009年オーストリアに帰

2011年民族対立により分裂し、資格停止となったボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会の「正常化委員会」の委員長に就任。事態の解決に尽した。

現在日本サッカーに厳しくも温かいエールと助言を送る名伯楽である。


関連動画



■sm5679049[ニコ動]

■sm675925[ニコ動]

関連商品


■az4797671548
■azB000M9CDEK

関連コミュニティ


イビチャ・オシムに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/01/17 17:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ