ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イビルジョー


ヨミ: イビルジョー
掲示板をミル!
1693カキコ!
モンスターハンターのモンスター一覧 > イビルジョー

イビルジョーとは、カプコンゲームモンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。
種に属し「恐暴竜」とも呼ばれる。ちなみにイビルジョー(evil jaw)とは「邪悪な」という意味である。イビルジョー

概要

[画像を見る]
イビルジョー
別称
別称 恐暴竜
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

MH3


オンラインモード4以降の上位クエストに出現する種のモンスター
上位クエスト限定、怒り時に体の色が一変する、攻撃が高い、クエスト暴の宴」では10分経過(MH3は5分)すると二匹が現れるなどと、MH2でいうラージャンのようなポジションモンスターである。

外見はティラノサウルスのようなオーソドックスな恐竜に近い。名前の由来ともなっている暴な外見の部には数のが生えているが、これはサメのように次々と生え変わる牙の「控え」が皮膚から突き出ているものである。
性格は見たどおり非常に暴。怒ると筋肉起して外皮を皮下から押し上げ、過去に負ったであろう古傷が透けて見える。

怒り時はただでさえ高い攻撃がさらに悪になり、攻撃範囲の広い属性のブレスを吐くため、ガードの出来ない武器では特に注意が必要。
逆に疲労状態では口から唾液があふれ動きも鈍くなるが、この唾液は強性でハンターの防御を低下させ、さらに積極的に捕食を狙ってくるのでこれはこれで危険極まりない。

常に獲物をめてしていてどのエリアにも出現する。特定テリトリーは持たない。高い体温を保つため常に捕食し続ける必要があり、見なく食べるため、周辺の生物絶滅に追い込む事すらあるという。

そのハラペコぶりは戦闘中にも遺憾なく発揮され、ものの数分でを減らしはじめ、小モンスター、生、果ては切断された自分の尻尾まで喰ってしまう。ハンターへの捕食攻撃は自ではほぼ脱出不可能レベルなので、こやし玉は必携。 以上の理由でが非常に有効なので、複数個持ち込んでおくと戦闘が劇的に楽になる。

リオレウスだろうがハンターだろうが何でも捕食する。捕獲クエスト狩猟をイビルジョーによって捕食されるとクエストは失敗扱いとなってしまう。

イビルジョー自体を狩猟としたクエスト6まで存在せず、それまでは不安定だとランダム(割と高確率)で出現する。上位に上がったばかりの装備では全ての攻撃が即死級なので、装備が整うか相手の挙動を理解するまでは逃げるしかない。

いきなり乱入してきて、大迫哮と共にジョーズBGMに上書きされエリア内で暴れまわられたり、リオレウスなどのモンスター捕食を試みたり、捕食していたシーンを見てトラウマになった人も多い。
発売してすぐにモガの森にも出るといわれたが、あれはガセネタか孤と間違られた報告であり、イビルジョーは上位オンライン専用モンスターである。
実は乱入してくるイビルジョーの方が、ターゲット定されてるイビルジョーより強い。疲労時でなおかつ見つかっていない時、大モンスターに積極的に攻撃を仕掛けるようになる。見つかっているときはハンターと大モンスターの両方を攻撃対にする。 

凍土のエリア1から分岐する隠しエリアで、瀕死になるとを塞いでいた倒木を破壊し、のねぐらまで帰って寝る。このエリアレアアイテムがあるので、機会があれば狙ってみよう。

イベントクエスト世界を喰らう者」に出現するイビルジョーは、通常の個体の倍に相当する大きさの個体が登場する。どれほど巨大かと表現するなら、足元に潜ると足の一部分しか見えない、大剣の抜攻撃やモードスラッシュアックスの切り上げで尻尾にギリギリ届くか届かないかといったほどである。


MHP3


MH3ベースとしたMHP3rdにも続投。引き続き上位専用モンスターとなっており、MH3より攻撃若干落とされているが、下位装備だと即死しかねない攻撃は健在。
よだれによる防御の低下、捕食攻撃の即死っぷりも健在。耐の種とこやし玉は忘れずに。

本作品での登場は上位6以降、狩猟環境不安定による乱入がある。非ターゲットでの出現は7から、メインターゲットとしては8での出現となる。上位装備が幾分充実してきても尚、非常に圧迫感のあるモンスターとなっている。
渓流には出現しないが、それ以外の地域で狩猟環境が不安定だとそこそこの頻度で乱入してくる。ただしイビルジョーの恐怖の徴だった乱入クエスト仕様変化によって、トラウマ大分治った人も多い。

村長に依頼される最後のクエスト、「終焉を喰らう者」では1番手として登場(強さは上位同等)。いかにジョーく倒すかがクエを成功させる鍵となる。
イベントクエストモンハン部・特選クエスト!」 にてクルペッコが召喚するイビルジョーは大冠確定のサイズとなっている。


MH3G


MHP3PVでも々に健在だとアピールしたイビルジョーであったが、11月下旬に放映、開されたTVCMにて
通常の個体もMH3Gでも登場することが確定した。またこのCMから、MHP3では乱入して来なかった渓流にも出没が確認された。
通常の個体と明記したのは、TVCMに先駆けて開されたPVに、通常とは違う特殊な個体が登場したからである。

怒り喰らうイビルジョー

[画像を見る]10月21日開された公式PV2弾のトリで確認された特殊な個体のイビルジョー。
怒り状態のナルガクルガのようにに血走らせ、全身の筋肉起させながら獲物を捕食するその様から、「怒り喰らうイビルジョー」と呼ばれるようになった。体の色は原種と同じなので、MHP2Gに登場したラージャン昂状態と同じく亜種ではなく特殊個体として扱われる。

常に高い体温を保つために獲物を捕食し続けなければならないイビルジョーが、極限の飢餓に陥った状態。
そのためただでさえ危険な通常の個体よりも狂暴度が増し、「遭遇したら即退避」が定石となるほど類なき危険度を誇るモンスターになった。ある種、暴走状態といってもいいだろう。
またエサをめる動き、獲物を強引に拘束する行動が活発化し、他の大モンスターすらも捕食したという情報がある。

現在の所、怒り喰らうイビルジョー単体のクエストイベントクエスト以外には存在しない。戦うには乱入してきた個体を倒す必要がある。
クエスト中は終始怒り状態で、スタミナ切れ時も怒りながらヨダレを垂らす。質も通常ジョーの怒り状態と同じ。
モーションは通常のジョーとあまり変わりないが、さらに速度が上がり、噛み付きからブレスに繋げるコンボも使用する。
とはいえ通常のジョーに対する戦法も十分通じるので、イビルジョーに慣れている人ならさほど苦戦はしないかもしれない。


MH4


怒り喰らう個体ともに続投。相変わらずの高攻撃ハンターを翻弄してくる。
またラージャンとの同時クエストも用意された。

これまで見た以外に通常のジョーとあまり変わりがなかった怒り食らうイビルジョーは、ハンターを咥えながら暴れまわる迫満点の新拘束攻撃モーションを取得。捕食中は殴り放題という従来の常識が通用しない。
また捕食をこれまで以上に多用するようになり、特に怒り喰らう個体の場合は攻撃時に揺れる尻尾に当っても捕食されるというを発揮。(理不尽過ぎだろ)
そのためこやし玉を持ちこんでいても10個全て使いきってしまうといった事態もしばしば起こりうる。
他にも新素材を入手できるキーとなるクエストに「裸でイビルジョー2体を討伐する」といった恐ろしいものがあったりと、本作でも恐怖の徴として大暴れしている。

ただし本作の玉となる狂化をせず、また高難易度となるギルドクエストにも登場しない。そのため強捕食攻撃を得たものの基本的にはこれまで通りの強さであり、過去作をプレイしてきた熟練ハンターにとってはそこまで苦戦しないかもしれない。


MH4G


前作ではギルドクエストに登場しなかったイビルジョーだったが、G級探索に登場する。さらに団上位クエストG級にて極限状態のイビルジョーが登場する。前者ではキークエストのため、攻略するには避けて通れないである。

G級では爆大な岩を飛ばす、頭を持ち上げて何度もブレスを吐く新モーションが登場する。


MHW


無料アップデート第一弾にて、追加モンスターとして登場。
告知PVで見せていた通り、今作のイビルジョーは生きているモンスター捕食する。捕食は幅広く、体格が小さいモンスターに牙種の面々)に出会うと問答用で襲いかかり、そのまま口に咥えてしまう。PVインパクトを与えたドスジャグラスはもちろん、あのオドガロンでさえ例外ではない。さらに咥えたモンスターをそのまま振り回したりぶん投げたり、まるで武器のように扱ってハンターに攻撃を仕掛けてくる。とんでもなく攻撃範囲が広がるので素直に逃げ回ろう。
その間は咥えられたモンスターにも断続的にダメージが入り、ハンターにもモンスターにも地獄絵図。イビルジョーを怯ませると解除されるので、できるだけく怯ませたいところ。

固有の縄り争いが起きる相手も多く、至るフィールドで大暴れが見られるだろう。
ほとんどの相手にはイビルジョーが圧倒するが、バゼルギウスは持ち前の爆鱗で手痛い反撃を食らわせて痛み分けに持ち込む。その際のダメージお互いに3000という凄まじい高さ。両者の破壊の高さがよく分かる例である。

今作では「一定ダメージを与えるとカウンターで反撃してくる」という行動が追加された。威・範囲ともに脅威であるが、この一連のモーション中にさらに数回攻撃すると大きく怯み、怒り状態なら属性状態が解除されて大ダウンし、それ以外の状態ならしばらくその場で立ちすくむ隙が生まれる。


MHF-G


G8アップデートジンオウガに引き続き第二の遷種として輸入されることが判明した。

スタミナや疲労の概念がないMHFだが大モンスターを食べるということがアイデンティティのイビルジョーだけは特別に、時間経過で疲労状態になったり共食いといった要素が導入されている。
バルラガルの登場で予想されていたがもちろん捕食攻撃も存在し、つかまってしまった場合は肥やし玉でも音爆弾でもなくランダムボールで抜け出せる。

MHFでは先輩種のアビオルグとは、ジンオウガニフラムを始めとする恐ろしい必殺技はないが庫入れを繰り返しハンターを殺そうと矢継ぎに攻撃を繰り出すイビルジョーに対し、手な即死コンボを持つものの避けると大きな隙ができる本来のMH伝統であるターン制アビオルグという方向性で明確に差別化された。

狩猟解禁日は8月19日。時期的にはヤマクライの前の解禁であった。

余談だがG8はMHF種のガスラバズラ実装と、長年放置されていたアビオルグの最前線環境への返り咲き、そしてイビルジョー、ブラキディオスの輸入があり、種がいっきを持たせられたことになった。

運営いわく「手なジンオウガとは違ってな強さがある」とのこと。他でもそうだが特にMH2由来であるMHFで嫌われている庫入れ隙潰しを駆使する元から大きな変更点が少ないため遷種としては一圧倒的な不評となった。
G級では面いながらも手強く良されたジンオウガGR500の最前線プレイヤーの多くを苦戦させているため、コンシューマー版モンスターハンターではトップクラスの強さを持つイビルジョーの戦闘力にも期待がかかっていた。
しかし実際開されてみると根性貫通コンボや元気のみなもと貫通技は搭載されておらず、肩透かしを食らったプレイヤーも少なくないようだ。
ちょうど同時期に廊の番人ドゥレムディラパワーアップして帰ってきたのも運が悪かったか。

運営へのインタビューによると魔改造の類が皆無だったためブラキディオスまでの遷種三体の中では一番評判がよくなかったらしく、そのリベンジとして既存のイビルジョーを大改造した個体を投入することが発表された。
まずは年末のイベントクエスト餓え喰らうイビルジョーを配信し、その次は極端に戦闘力を高くする調整を施したとにかく明るいイビルジョー(仮)を配信した。


飢え喰らうイビルジョー


前述のように2015年末のイベントで配信されたイビルジョーの特殊個体。
クエスト名は「蝕の訪れしとき」であり新闘技場での2頭クエストとなる。
つまり、MHF-Gのイビルジョー特殊個体は2頭クエストしかない。

上記の怒り喰らうイビルジョーのように外観上は怒り状態が基本となっており、
そこから更に顔面からオーラのようなものが噴出する怒り状態へと移行する。


次へ»
最終更新日: 18/12/21 19:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ