ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イボイノシシ


ヨミ: イボイノシシ
掲示板をミル!
1カキコ!

イボイノシシとは、ウシイノシシ科イボイノシシ属に分類されるイノシシ仲間である。


概要


サハラ砂漠より南側のアフリカ大陸に生息するイノシシ仲間で、映画ライオン・キング」に登場するプンバァのモデルになったともいわれる種類のイノシシである。体長90から150ほど、肩高は65から85ほど、体重は50㎏から115㎏ほどと、日本に生息するイノシシ較して小さく、体毛も薄い。体毛の色は褐色で、頭部から背中にかけて黒色のたてがみがある。頭部には頭を保護するためのイボがあり、これが和名の由来となっている。牙は4本持ち、時速50㎞程の速さで走ることができる。
サバンナ森林に生息しており、自然にできたや岩陰の隙間、他の動物が掘ったを巣に使い、メスが1、2頭とその子どもだけという小さな群れを作る。間は活発に行動するが、は巣に帰る。

基本的には食性で、植物の葉、根や球根などを食べるが、ときには昆虫小動物、腐なども食べることがある。エサを食べるときは前脚を曲げて、跪くような姿勢をとる。逃げる際は群れが一列に並んで、尾をピンと立てて脚を活かして逃げる。闘うよりも、逃げる方が得意。適応が優れており、季の間には長らくを飲まなくても暮らしていける。
日本イノシシと同じように、浴びや泥浴びを行う。浴びは体温を冷やすために行い、泥浴びは皮膚に付いた寄生虫を落とすために行う。また、マングースの巣の近くに行き寄生虫を食べてもらうことや、などに食べてもらうこともある。

体臭が強く、かなり臭う。このことは「ライオン・キング」でも取り上げられており、プンバァの臭いがキツイために敬遠されるという形で取り上げられている。
日本においては、動物園富士サファリパークで飼育されている。


関連動画


イボイノシシに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■azB0030T0V4I
■azB0030T0V66


関連項目



最終更新日: 18/02/11 22:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ