ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イメージファイト


ヨミ: イメージファイト
掲示板をミル!
32カキコ!

イメージファイトとは、アイレム(アピエス)が販売した縦スクロールシューティングゲームである。オリジナルストーリーを持つ1話完結ゲームである。
2015年7月現在コナミデジタルエンタテインメントよりPCエンジン版がバーチャルコンソールにて配信中だが、商標は現在アイレムソフトウェアエンジニアリングに有る模様。


ストーリー


20XX年、
わずかでも軍事的優位に立たんとする
東西営の
果てなき競争が続く中、
突然西側のムーンベース
爆発を起こした。
事態の収拾を急ぐべく
最新戦闘機"OF-1"が用意された。
パイロット訓練は璧でないものの
一刻の猶予も与えられない。
訓練飛行をクリアーした者は即、
宇宙へ飛び立って行った。 


概要


Aボタンで攻撃、Bボタンスピードチェンジが4段階まで自由に変速できる。また、スピードチェンジバック噴射(バックファイア)をうまくるようすれば攻撃に使う事も出来る。
アイテムポッドを装備している場合、A+Bボタン同時押しでポッドシュートを使う事が出来る。
このようにあまり他のゲームには見られない仕様によって、本作の特徴的なギミックの一つとして知られている。

ステージ構成は訓練編5ステージ+実戦編3ステージとなっているが、、訓練編ステージ5クリアまではステージ終了ごとに成績パーセンテージが表示される。5ステージを終了した段階でこのパーセンテージが90%未満の場合には補習ステージクリアしないと実戦編に進むことができない。
見事90%以上でクリアーしたパイロットのみ6ステージへ進む事ができる
尚、補習ステージは高難度として知られており、特に2周の補習ステージグラディウスIIIキューブラッシュと肩を並べる難易度というほどりづがれている。現在においても、2周の補習コースノーコンティニュークリアできるプレイヤーは今でもごくわずかであり、一握りのトッププレイヤーだけとなっている。


補足


R-TYPEスタッフが作ったオリジナルの縦スクロールシューティングゲームである。
スクロールSTGにはしく地形がある。この点に慣れないプレイヤーも多く、意見が分かれる所である

このゲームの稼働当初は、シューティングゲームの腕を競う評価の一つに「連射があった。その為今作では自機のショットボタン操作1度につき1発しか打てない仕様になっている。その上敵の耐久現在においてもかなり硬い敵が多いという評価の作品になっている。
それだけでなく、今作のオプション装備「ポッド」は16方向のレバー操作が可である。この細かい度を狭い地形をかいくぐりつつ的確に敵の先手を打つように捌く、精密な動作の要がこのゲーム最大の難易度を上げる要因である。22.5度の度を一で捌け! などの機械的動作が2周においては重要になる。
本作はよく高難易度の補習ステージが良く話題に上げられるが、こちらは装備が一切ない状態で敵の誘導や弾避けを重視した詰将棋的な構成になっている。こちらも精密なレバー捌きを要されるが、全く別のものであると言ってもよい。

このようなパターン構築の概念は後のレイディアントシルバーガン斑鳩で知られる、いわゆる「パズル」というジャンルさきがけとなっている。事前に敵の配置や位置取りを全につかみ、アドリブを許さない極めて綿密なパターン構築が要されるのがこのゲームの最大の特徴である。
そのため、初見プレイヤーはまず1ボスすら拝めずに100円を吸われる事が当たり前ので、かつボスに関しては攻略パターンを知っているか否かでクリア不可能と思いたくなるほどにつまずく構成になっている。
しかし、1度でも覚えてしまえばすんなり先に進む事の出来るように調整されており、1周クリアに関しては何度も1面からやり直しフル装備でパターンを組めばとてもはやくエンディングまでたどり着く事が出来る。その為このゲームの評価に関しては賛否が非常に分かれており、特に高難易度す2周プレイヤーにおいては熱狂的なファンまで付いていて現在20年以上経った今でもされている作品である。

また、ゲームストーリー展開が視覚的に楽しめる構成になっており、プレイヤーの腕が上達する標が分かる上、訓練を終えると実戦に行くこの展開が非常に盛り上がる。BGMも評価が高く、そういう演出面でも魅了されたプレイヤーが多いのではないだろうか
このゲームストーリーに関しては、アーケードゲーム専門雑誌「ゲーメスト」において短編小説として掲載されている。

2周を見事クリアすると、エンディングが見られる。今作のそれは非常に話題を呼び、現在でも解釈が何通りにもされるほどめいている。公式の発表がい為、一層ファンの中で議論がされている。R-TYPE II においてもこのゲームと同じ2周制のエンディングがされており、こちらはイメージファイトのモノと逆になっている。


また、R-TYPE FINALにおいて今作の自機がゲスト出演して話の一部に組み込まれた。さらにR-TYPE TACTICSII においても一部のステージボスゲスト出演している。
本作とR-TYPEは全く異なる世界観を持ったタイトルとして発売されたのだが、現在は旧アイレムを知る上での外伝的立ち位置となっている
自機のダイタロスは2007年フィギュア化されている。 


ちなみに、このゲームボス及び敵キャラの名前は一部開発スタッフ外人的な名前が付けられている。

1面(リンダ)、2面(ジュリー)、3面(マイケル)、4面(ボーイ)、5面(タロー)、 実戦1面(ステーション防衛システムナンシー)、実戦2面(敵旗艦・シンジ)、 実戦3面(マザーコンピュータマリコ)

とこのように変わったセンススタッフによってこのゲームは作られたのだった。


イメージファイトの移植作


意外に多くの機種に移植されている。
お約束ファミコン版だが、この時期のアーケードゲームファミコンにまともに移植出来るわけもなく、キャラも小さくなり全体的にこじんまりした作品になっている。難易度も大幅に下げられているが、アーケード版の雰囲気はある程度伝わってくる頑った移植ではある。
この当時アイレムPCエンジンに注していたこともあり、PCE版は全ではないものの当時としてはかなりレベルの高い移植となっている。裏技で縦画面モードを使用すると、よりアーケード版に近い雰囲気で遊ぶことが出来る。
R-TYPEの評価が散々だったX68000版は、前作から一転して璧に近い移植を成功させている。しかし縦画面から横画面への変更だけはどうにもならず、ちゃんと調整はされているもののオリジナル版にべるとプレイ感覚は異なるものになってしまっている。
一他社(VING)から発売されたFM TOWNS版は、左右をカットして正方形の画面にし、プレーヤーの任意で上下スクロールさせるという特殊な手法を用いてオリジナルの縦画面を再現している。しかしプレイ感覚に違和感も大きく、あまり評価されたとは言いがたい。

後にオリジナルより高性プレイステーションセガサターンにも移植されているが(エクシングエンタテイメント)、見たはそのままだが移植度そのものはあまり高くない。


類似ゲーム


ウォーオブエアロ(開発:アリュメ):イメージファイトのパクリと言われている。
レイディアントシルバーガントレジャー):開発者がイメージファイトに影されて作ったらしい。
R-TYPE LEOアイレム):ポッドに似た武器が登場する。
R-TYPE FINALアイレム):多数ある自機のひとつとして選択できる。
R-TYPE TACTICS Ⅱアイレム):ステージ3の再現マップがある。お前のような掘削機がいるか


関連動画



■sm4437269[ニコ動]

■sm7682126[ニコ動]
■sm8512518[ニコ動]
■sm4011883[ニコ動]
■sm6123234[ニコ動]
■sm2013383[ニコ動]
■sm5740983[ニコ動]
■sm36661453[ニコ動]


関連商品


■azB00006LJOS
■azB0000ZPP46


関連項目



最終更新日: 20/05/09 23:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ