ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イモラの悲劇


ヨミ: イモラノヒゲキ
掲示板をミル!
19カキコ!

イモラの悲劇とは、1994年F1グランプリ・サンマリノGPにおける死亡事故す言葉である。


概要


1994年サンマリノGPにおいて発生。公式な用ではないが、この事故において"音速の貴公子"との異名をとる名ドライバーアイルトン・セナ事故死したこと、さらに一度のレースウィークで2名以上のドライバーが亡くなったケースが、本レースを含めてF1史上2度しか存在しない(もう一つは「暗の週末」と呼ばれた1960年ベルギーGP)ことから、モータースポーツファンの間では強く記憶されている出来事である。

サンマリノGPはイモラ・サーキットにて行われる。当時のイモラ・サーキットにはヴィルヌーヴ・カーブ、そしてタンブレロと呼ばれる高速カーブ群が存在し、ここでの高速ドッグファイトが一つの見どころであった。

1994年グランプリにおいて、アイルトン・セナ(以下セナ)は、ともに一時代を築いたマクラーレンホンダ(実際にはホンダ1992年を最後にエンジン提供から撤退しているため、1993年は「マクラーレンフォード」が正しい)からウィリアムズルノー(以下ウィリアムズ)へ移籍を果たしていた。ところがウィリアムズの強さを裏打ちしていたハイテク(アクティブ・サスペンションなど)がこの年からレギレーションによって禁止され、対応を余儀なくされたマシンはきわめて操縦の難しい一台に仕上がってしまっていたという。加えてこのレギレーション変更対応のためセナは本戦を戦うためのマシンに慣れるための準備が出来ないという事態に陥った。現にサンマリノGP直前、セナは元チームメイトであるゲルハルト・ベルガーに対して「まだこのを乗りこなせていない」と打ち明けていたという。

かくて迎えたサンマリノGPは、予選から重大事故が多発することになる。予選初日である4月29日セナの友人でもあったルーベンス・バリチェロが縁石でジャンプし、タイヤリアを越えて網に直接突するという重大事故を起こした。結果的には鼻折で済んだが、一時は安否が心配される大クラッシュであった。
そして翌4月30日、恐れられていた事態がついに発生する。予選中、シムテック・フォードローランド・ラッツェンバーガー(以下ラッツェンバーガー)のからフロントウィングが脱落。ヴィルヌーヴ・カーブを攻めるため高速走行中だったラッツェンバーガーのはそのまま時速310kmでコンクリートウォールに突してしまった。その衝撃はカーボン・モノコックが破損する程の凄まじいものだった。ラッツェンバーガーは病院に搬送されたが、ほぼ即死の状態であったという。
この事故は関係者にしい衝撃を与えた。レースウィーク最中にドライバーに死者が出たこと自体が実に12年ぶりのことであり、またカーボン・モノコックの体はきわめて安全性が高く、死者が出るレベルでの事故は起きないとすら言われていた状況であった。

そんな中迎えた決勝当日、5月1日セナポールポジションを獲得してレーススタートするが、直後、グリッド上でエンストしたJ.J.レートに、躱し切れなかったペドロ・ラミーが追突。この時に飛散したパーツが観客席まで飛んで観客に負傷者が出る事態となった。このためセーフティカーが導入、以降破片の除去が終わるまでレースセーフティカー先導の下で進められる。

セーフティカーが撤収してレースは再開されたが、その2周後、7周のことであった。トップを走行していたセナタンブレロにて突如コースアウト。時速310km以上でコンクリート・ウォールに突入してしまった。

旗が振られ、レースは即時中断。医療班がセナのもとに向かう。ヘリコプターにてセナ病院へと搬送されるが、その後には上からも明らかな程の夥しい血だまりが残されていた。

37分後、セナ病院へ搬送された後にレースは再開されたが、その後もミケーレ・アルボレートから脱落したリアタイヤピットスタッフを直撃する事故が発生するなど、このレースは最後まで重大事故に見舞われ続けたのであった。
レースミハエル・シューマッハが優勝したが、彼はインタビューに対して「満足感はい。嬉しくない」と答えている。

そしてレースが終了してから約2時間後。アイルトン・セナの死が発表された。公式死亡時刻は14時17分、即ちクラッシュ間であり、即死であったという。


影響


悪夢の週末」とすら呼ばれたこの呪われた3日間は、その後のF1グランプリに大きな影を与えた。

まず、現場となったイモラ・サーキットはこの一連の事故を受けてレイアウト修された。セナ死亡事故を起こしたタンブレロ、ラッツェンバーガーが死亡事故を起こしたヴィルヌーヴ・カーブはどちらもシケインとなり、スピードが出にくくなるようになった。特にタンブレロは以前にも何度か重大事故が起きており、セナ事故死が修に対する最後の一押しになった形になっている。

F1グランプリを運営するFIAはこの一連の事故を重大視し、1994年中に体底面へのステップドボトムの取り付けとエアインテークの効果をくすための抜けを開けるというレギレーション変更を行い、翌1995年にはさらに安全対策を補強する的でエンジンの排気量低減などの再度のレギレーション変更を行った。このため各チームは、新レギレーションに対応するためにグランプリカーの再設計を余儀なくされている。
また、セナの遺志とゲルハルト・ベルガーの呼びかけに答える形で、選手会組織であるグランプリ・ドライバーズ・アソシエーションが再結成。ドライバーの観点から安全対策について意見交換をするための場が設けられることになった。

次戦モナコGPでは、1番グリッドにブラジル国旗、2番グリッドにオーストリア国旗が描かれ、レース前に黙祷がげられて、セナとラッツェンバーガーが悼まれた。
セナの葬儀は5月5日、ラッツェンバーガーの葬儀は5月7日に行われている。特にブラジルスポーツ界の英雄であったセナ国葬の扱いになり、50万人もの人々が沿で「レースを挑みに行った男」を見送っている。また、命日である5月1日ブラジル政府によって「交通安全の日」と制定された。

日本においては、フジテレビによる中継放送の最中にニュース速報の形でセナ訃報が伝えられることになった。その後中継は中断、三宅アナ、解説の今宮氏、ピットリポートの川合氏らによる即席の"追悼特番"に切り替わっている。涙を堪え、嗚咽しながら訃報を伝える三宅アナ達の痛々しい姿は視聴者の涙を誘った。
また、生前セナと深い関係のあった本田技研工業は急遽本社にマクラーレンホンダMP4/7Aとセナヘルメットを展示、駆けつけたファン駐車場を開放するなどの措置を行っている。

また、ウィリアムズF1は、2014年3月7日に、「2014年F1マシン「FW36」に、アイルトン・セナの顔写真追悼メッセージを添える」と発表している。


関連動画



■sm412910[ニコ動]


関連商品


■azB006QJT578
■azB006QJSELQ
■azB0002JZISI
■azB00006HBB3
■azB00284GRUI
■azB00200JVC6


関連項目



最終更新日: 19/04/21 21:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ