ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イングラム・プリスケン


ヨミ: イングラムプリスケン
掲示板をミル!
59カキコ!

フフフ・・・ メタルジェノサイダー・・・ デッド・エンドシュート

 

イングラム・プリスケンとは、バンプレスト作品の登場人物である。CV古澤徹


概要


初出は「スーパーヒーロー作戦」(以下、「SHO」)の男性主人公。その後、「スーパーロボット大戦シリーズにも出演するが、設定上は同一人物とされる。詳しくは後述。

スパロボにおいては冷な人物として描かれることが多いが、ユーゼス・ゴッツォに操られている影によるものであり、本来は「SHO」時代と同様に、仲間思いで正義感の強い性格である。
元々イングラムの出生がユーゼスに深く関連しているため、その因果に縛られる形でスパロボ世界でもユーゼスに操られているが、「αシリーズでは逆にユーゼス意を理解した上で彼を倒すべく奮闘した。
OGシリーズではこの因果による呪縛を「ジュデッカの枷」と呼び、どの世界においても自確立と共に散っていく運命だとる。

名前は銃器設計者ゴードンイングラムから命名したとされるが(wikipediaより)、対になっているヴィレッタネーミングの名前に由来することから、彼もまた実在する同名のサブマシンガンイングラムM10)の名前が由来であるとも言われている。また姓のプリスケンについては、カートラッセル映画ニューヨーク1997」の主人公スネーク・プリスキン』が由来であるらしい。

戦闘時の専用BGMは「TIME DIVER」及び「虚からの使者」。
タグ検索TIME DIVER[動]」、「虚空からの使者[動]

以下に、出演作品ごとの概要を記述。


スーパーヒーロー作戦


記念すべきデビュー作品。男性主人公としての登場。
正義感が強く仲間思いな性格として描かれており、民間人の多い地で戦闘を行う敵に対し怒りを露わにするなど、後のスパロボシリーズで受ける印とは全く違ったものとなっている。

事故過去の記憶を失っており、反TDFレジスタンス組織ピースクラフトに保護されたことから恩返しを兼ねて工作員として活動する。任務を受けアルティメットガンダム(後にデビルガンダム)を追っていく過程で、後にガイアセイバーズと呼ばれる仲間達と出会い、協して様々な敵組織を倒していく。
物語の終盤で自らが黒幕であるユーゼスクローンであり、彼の野望を実現するためアルティメットガンダムコアとして生み出されたという出生の秘密を知る事になる。しかし、その事実に屈することなくガイアセイバーズとの友情を拠り所に戦い続け、最終決戦ではユーゼスの精支配を退けることに成功。彼がクロスゲート・パラダイム・システム(以下、CPS)と巨人(=ウルトラマン)のを得て変異した存在「ゼスト」を打ち倒した。
SHO世界そのものがとなったユーゼスにより創られた虚構の世界であったため、彼の死と共に世界が崩壊していく中、同じくユーゼスによって創造されたイングラムも消息不明となったかに思えたが、別世界スパロボα世界)へ転移しており、次なる彼の戦いの舞台スパロボシリーズへと移って行く事になる。

ちなみにこの世界ガイアセイバーズ)での階級は少尉であり、仲間達の中にはスパロボシリーズにて部下となるリュウセイ、ライディースアヤが上官として存在する。スパロボから入ったファンには、彼らに対し敬語で喋るイングラムに妙な印を受けたかもしれない。
なお、本作とスパロボαにおいては若干の念動を持つが、これは改造により後的に付与されたものである。他にも内にはCPSの端末とユーゼスの記憶および疑似人格が移植されており、終盤には全ての記憶を取り戻す。疑似人格はプログラムミスにより機しておらず、それがイングラムが独自の人格を獲得していく遠因となった。

余談だが、本作の女性主人公ヴィレッタ・プリスケンであり、彼女イングラムと同様スパロボシリーズにはαから出演している。そちらの世界ヴィレッタが偽名として使うバディム姓は、本作に登場する犯罪組織の名前から採られている。「OG」では敵側の本拠地ネビーイームにて本来の名であるプリスケン姓を名乗っていた。


スーパーロボット大戦αシリーズ


スーパーロボット大戦α

SHO世界の崩壊と共に転移してきたイングラムは、内に埋め込まれたCPSの特異性に気付いたこちらの世界ユーゼスに利用されてしまうこととなる。ユーゼスによる記憶操作と洗脳を受け、ゼ・バルマリ帝国エアロゲイター)のスパイとして地球に送り込まれ、ユーゼスの計画に必要となるサイコドライバー(氾超能力者)の探索をとした情報収集や裏工作を行う。
また、バルシェシリーズ(量産用人造人間)の雛形となり、ヴィレッタを始め多くのクローンが量産されていた(この時点ではヴィレッタ以外は実戦投入されていない)。バルシェシリーズについては「第3次α」で初めて触れられるが、ドリームキャスト(以下、DC)版ではシャピロ覚醒前のクローン達を撃している(ただし、DC版は「α外伝」以降には続かない単発作品である)。

地球連邦軍の士官としてSRX計画に携わり、リュウセイ、ライ、アヤスカウトしてSRXチームを結成し、同部隊の教官も務めている。搭乗機はR-GUNパワード。階級は少佐過去にはパーソナルトルーパー特殊部隊「PTXチーム」の隊長を務めていたこともあったらしい。
主人公リュウセイサイコドライバーの資質を持っていることに気付いており、そのを引き出す為に非情な手段を取ることも辞さない。やがてエアロゲイター側の人間であることを明かしリュウセイ達と袂を別つと、地球で入手した技術とバルマー側の技術を元に機動兵器アストラナガン完成させ、主人公リュウセイ達の倒すべき敵として立ち塞がる。
しかし本心ではユーゼスの支配に抗おうとしており、アストラナガンの建造や主人公リュウセイの怒りを煽るような行動の背後にもそういった意図が見え隠れする。また、自分の代わりにSRXチームを補佐するようヴィレッタを送り込んでいる。
終盤ではユーゼスの前から姿を消し、シュウ・シラカワと共謀してユーゼスエアロゲイターの艦隊を異次元に送り込むというトラップを仕掛けるも、独自にCPSの開発を進めていたユーゼス全に封じることはできず、逆に捕らえられた上に再調整を施され、全にユーゼスとなってしまう。
最終決戦において、イングラムを信じようとするリュウセイ達の説得を受けて「SHO」から続く本来の記憶と人格を取り戻し、彼らと共にユーゼスに戦いを挑んだ。正気に戻った時の「いいだろう・・・ユーゼス・ゴッツォを倒すのは、この世界でもの役だ」という台詞に歓喜したSHO時代からのファンは少なくなかったであろう。
最終的にはこちらの世界でも彼と2度の決着を着けるが、決戦の場となった異間から脱出する際に消息を絶ってしまう。

ストーリー前半では自軍パイロットとして登録されており、ステータスや特殊技精神コマンドなども優秀なのだが、シナリオ上どう進めても裏切る事が確定しているので、よほどの着がければ使う必要はない。
また、フラグを立てていけば先述の通り最終話で味方に加わってくれる。アストラナガン戦闘イングラム共々かなり強なので、撃墜される心配はまずいだろう。

ドリームキャスト版でリメイクされた際は追加シナリオの都合で最終話の手前で仲間に加わり、最終話までの僅かな間自軍パイロットとして使用できる。インターミッションではアストラナガン改造も可だが、バグにより出撃時に改造リセットされてしまう。
また、こちらの作品の場合は、仲間に加えていても何故かエピローグではリュウセイ達に倒された扱いとなってしまうが、代わりに異間に閉じこめられた主人公とその人を助け出してくれたかのような描写がある。

PS版DC版共にフラグを立てなかった場合は最終話でも敵対するのだが、撃墜すると散る間際に記憶を取り戻し、後に「OG」で独する通りの結末を迎えることとなる。

スーパーロボット大戦α外伝以降

「第3次αクォヴレー編ではキーパーソンとして関わってくるほか、アストラナガンの「因果の番人」という役割が明かされる。他の主人公プレイした場合にも最終話の会話イベントで登場する。

α」にて自を取り戻し仲間達と共にユーゼスを倒したイングラムはその後、平行世界の因果を乱す元でもある霊帝ケイサル・エフェスの存在を突き止めるも、その代償なのかいはケイサルが手を下したのか、事故を起こしてしまう。アストラナガンは破壊された上に「α外伝」の舞台でもある未来世界へ飛ばされ、イングラム自身もこの時点で体を失ってしまう(内のCPSがどうなったかについては言及されていない)。

その後も思念のみでアストラナガンの残骸を操作し、クロスゲートが出現した元の時代のアステロイドベルト付近へ転移。そこへ偶然居合わせたバルシェシリーズ16号体(後のクォヴレー・ゴードン)に憑依し、身体を得ようとする。この時アストラナガンクォヴレーの乗機ヴァルク・ベンを取り込む形で融合しており、その無茶ぶりが祟ったのかクォヴレーバルシェムとしての記憶を失い、イングラムの意識もクォヴレーの深層意識へ押し込まれる形となってしまう。
クォヴレーロンド・ベル隊に保護された後、1人の人間として自を形成し始め、αナンバーズの一員として成長していく。そこに過去の自分の姿を重ねたイングラムは、クォヴレーピンチに陥ると一時的に憑依したり、「内なる」として彼を導いたりすることで危機を幾度も救った。
中盤以降は、己の正体や自分の中にいるイングラムの存在に苦悩するクォヴレーバルシェムとしての運命に抗うよう促し、彼が自確立したことを確認すると、ディス・アストラナガンと共に自らの役クォヴレーに託して彼に融合する形で消滅していった。
最終話にてザ・パワーで魂(クォヴレー編ではこちらが本体であり、彼と融合したのは「魂の一部」とされる)が解放された際には、クォヴレーSRXチームクスハ達の前に現われ、「α」で彼らに対して行った一連の裏工作や敵対行動について詫びると、自らの本心全てを明かした。また、SRXチームに対しては「に代わり、を・・・ケイサル・エフェスを討て」と指揮官として最後の命を下した。

全てが終結した後、クォヴレーイングラムの意志を継ぐため、ディス・アストラナガンと共に平行世界を守るために立っていく。イングラム自身は後継者を得て昇天したかに見えるが、「OG」の世界に再び魂が転移したという解釈もできる。
クォヴレーとはその後、D.C.S.S.という並行世界にてそれぞれ保険医と生徒という立場で再会する事になる。

ちなみに、「第3次α」は体こそ失っているものの、「SHO」以外ではイングラムが最初から最後まで元の人格を保っている作品であり、厳しくも優しい本来のイングラムを見ることができる。その割に憑依モードでたまに悪役笑いしていることには突っ込んではならない。
収録時には古澤氏が休業していたためか、憑依モードクォヴレー役の泰勇気をそれっぽく加工したものになっている。

スーパーロボット大戦α さいこどらいばあず

コミックブロス」に連載されていた、こいでたく氏による漫画現在コミックスは絶版となっているが、古本屋を根気よく探せば見つかるかもしれない。
α」のストーリー主人公クスハイングラム先生の師という視点から再構築したギャグ漫画であり、設定はゲーム版と同じながらもSRXチームとの関係にはあまりスポットを当てていない。
本作においては、クスハの資質にを付けたイングラムが東学園の非常勤講師に扮して彼女に接触するため「先生」と呼ばれる。
スパイのくせに立ちたがり屋でマイペースで本音が読みとりにくい変人だが、その性格がユーゼス洗脳に起因するものかどうかは判断が難しい。シリアス顔が3コマ以上続いたことのない残念なイケメンとなっている。
作中では敵ボス一同との温泉での入浴シーンも披露していたが実に誰得。むしろどの読者混浴中のハマーン様カザリーンや盗撮されたクスハ入浴シーンの方が気になるだろう。仕方ないね

地味イングラムがその後も死亡してない一のスパロボ作品だったりする。


スーパーロボット大戦OGシリーズ



次へ»
最終更新日: 16/11/13 20:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ