ニコニコ大百科モバイル

フィーチャーフォン向けニコニコ大百科は11月30日で終了します。長きにわたりご利用ありがとうございました!


インシテミル


ヨミ: インシテミル
掲示板をミル!
54カキコ!

警告
この先では、不穏当かつ非倫理的な出来事が発生し得ます。
それでも良いという方のみ、この先にお進みください。


概要


インシテミル』とは、米澤穂信による推理小説である。
いわゆる館モノであり、作者の代表作である『さよなら妖精』や『〈古典部〉シリーズ』とは趣を異にする。
このミステリーがすごい!2008年版第10位、「本格ミステリ・ベスト102008年版第4位。
2010年に『インシテミル 7日間のデスゲーム』として映画化。

ハードカバー版は2007年8月発売。
価格を抑えるために、表の三色刷りや厚を抑えるなどの工夫がなされており、原稿用1000にしてその価格1600円(税別)はマジックとも。

現在文庫化され、文文庫より発売中。 


あらすじ


実験の被験者」になるだけで破格の時給がもらえる人に応募した十二人の男女
とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕した。それは「多くの報酬を得るために参加者同士が殺し合う犯人当てゲーム」だった。
七日間黙っていても時給は発生するので、殺し合いをする理はないと参加者たちは結論付けるが、一人の犠牲者が出てしまう……。 


モニター募集



映画版


2010年10月16日開。ホリプロ50周年記念作品。監督は『リング』の中田秀夫。演は藤原竜也綾瀬はるか
究極の心理戦」をキャッチコピーに、キャストで大々的に宣伝された。しかし……。

というように、ミステリ要素や心理戦要素がどこにも見当たらないパニックホラー映画となってしまった。

原作ファンはもちろん、映画ファンからの評判もあまり良くなく、各映画レビューサイトでは評価が軒並み低い。そのため、映画版は「駄作」「地雷」扱いされている。原作者のブログでも映画版の話題は一切触れられていない。

バトル・ロワイアル』や『カイジ』で有名な、藤原竜也オーバーアクションは本作でも遺憾なく発揮されているので、それを見たい方はどうぞ。ただし、重な107分を駄にするかもしれないが…。


暗鬼館への招待状


単行本の発売に合わせて配られたフリーペーパー。
12店舗で配布され、全部で4種類の書き下ろし小説が1つずつ掲載されている。
編のタイトルはそれぞれ、
・殴殺
・撃殺
・刺殺

となっていて、実験に使用するための器を選ぶ様子が描かれている。


関連商品



原作


■az4163246908
■az4167773708


映画


■azB004G8PO80


関連項目



最終更新日: 15/05/12 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ