ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イントロ長い


ヨミ: イントロナガイ
掲示板をミル!
68カキコ!

イントロ長いとは、ボカロ曲において、ボーカル開始までの時間が長い曲に使われる。

トランス系の楽曲を中心に使用される傾向にあるが、ダンスミュージックだけだとは限らない。


概要


トランス系の曲でよく見かける「前奏長いよ」「歌マダー?」の

確かに、トランス系(クラブなどに使われている本格的なトランス系に多い)の曲のイントロは1~2分を軽くえる物が少なくない。開始からアカペラ、または20程度で歌に入るポップ系の曲と較べると大分長く感じられるだろう。

しかし、これには理由がある。

元々トランスハウスと言うジャンルから発展した物で、生まれた時から既に「クラブDJが流して客を踊らせるための音楽」だった。トランス及びハウスは、規則的な4つ打ちのバスドラムと、裏拍にハンドクラップまたはスネアドラムハイハットのビートが基本(口頭で説明するなら「ドンツッダンツッドンツッダンツッ」)で、今日ディスコクラブミュージックの一種のスタンダードである。ハウスは非常に単調なメロディを連続でループすることで高揚感を創り上げるジャンルとなっている。

トランスは「テクノから生した」、「ハウスから発展した」、「ハウステクノ融合」、「ハウスまたはテクノ(のいずれか両方)とクラシックミュージック融合した」という説もあるが、はっきりとしたことは言えない。発祥地は90年頃のドイツとされている。ハウスアメリカ生だが、ここでは割愛する。

DJは曲と曲を切れなく繋いで流さなくてはいけない(ロングミックス)。客にバレないようにこっそり前の曲と次の曲を混ぜてスムーズに次の曲に移行させるのがDJ仕事だと思ってもらえればいい。その混ぜるタイミングを作るためにイントロアウトロを長くしているのだ。高速道路インターチェンジジャンクションだと想像して欲しい。ただし、全く同じビートを繰り返してしまっては曲全体がマンネリしてしまうため、イントロでは楽器が徐々に増え ていき、アウトロでは減っていくという手法になっている。それらの展開は8小節単位で変化するのも昨今の作品で共通している。

イントロの例: バスドラムハンドクラップが加わる→ハイハットが加わる→ベースが加わる→・・・

アウトロの例: ・・・→ビートからベースがなくなる→ハイハットがなくなる→ハンドクラップがなくなる→終わり

あまりイントロが短いと繋ぐのが困難になってしまうため、イントロアウトロの長さは仕方のない措置であるし、このジャンルの特徴ともなっているのである。しかしDJについて理解があれば、この長すぎるイントロアウトロを聴くのも楽しみの一つにすることができる。

トランスの標準的な時間は7~9分程度。短いものには5分弱、長いものは10分を越えるものもある。前述したとおりトランステクノハウスも)は8小節単位パートが増えていくので、盛り上がるにはどうしても時間がかかってしまう。そのため、1分ではイントロとしては短いアウトロは極端に短い場合がある)。DJがノンストップミックスしたCDではイントロと、同じく長いアウトロが重なるため、1曲辺の長さは5分程度に落ち 着く。この仕組を理解出来れば(感じ取れれば)トランスが長いと感じることはなくなるだろう。詳しくはDJテクニックである「ロングミックス」を読んでみよう。

安>

3分程度
Radio Editとしての曲の標準的な長さ。
5分未満
長めのポップミュージック初心者DJロングミックスは難しい。
5分前後
レコードのB面に3曲以上収録されるオマケのオマケ程度。同上。
6分前後
レコードのB面に2曲収録されるオマケ程度。初心者DJには較的難しい。
7~8分
標準的な長さ。ミックスCDにたくさん曲を収録したければこのあたりの曲がベター。
9分前後
標準的な長さ。初心者DJロングミックス練習をするのに最適。
10分以上
ここまで来れば間違いなく長い。ミックスも返って難しくなることもある。ミックスCDに収録すると他の曲の残り時間が取られてしまうため。選曲センスが問われる。

 

グダグダ長文になってしまったが、要するに「儀式」ということである。途中からDJの解説になってしまったのはご嬌。


実際にある長~い曲


トランス

アーティスト 曲名 時間
Madonna Die Another Day (Tiësto Remix) 10:15
Armin van Buuren The Sound Of Goodbye (Armin van Buuren's Rising Star Rimix) 10:45
Tiësto Urban Train (Original Mix) 10:29

ハウス

アーティスト 曲名 時間
The Face feat. Juliet Roberts Needin U (Original Mix) 10:04
MISIA The Glory Day (Malawi Rocks Remix) 11:57
Ultra Nate Free (Mood Swing Extended Vocal Mix) 12:07
DJ 19 IC (Roman S. Elektrosila Remix) 10:32
IC (Roman S. Trip From Nyc To Tokyo Remix) 13:24

10分前後以上を追加してください。


これからトランスを作曲・リミックスしようとしている人へ


(個人的な意見なのでスルーしてもおk

以上のことを踏まえ、これからはDJクラブミュージックを意識して作曲してみよう。そうすればあなたの曲でも「ミクトランスオンリー」のミックスを楽しむことができるでしょう。他に抑えておきたいポイントは「グルーヴ感」と「テンポ」。グルーヴィなビートがあれば、メロディがなくても恍惚状態になれます。グルーブ感と綺麗なメロディライン融合こそがメロディアストランスの完成形です。テンポについては、140BPM前後で作曲すると丁度いいでしょう。138で標準的、140でやや速い、142で速いと思います。143えるとサイケデリックハードトランスの域です。発祥初期では130だったり 150だったりと定まっていませんでした。作曲テンポは任意なので各自の自由ですが、標準的なテンポから大幅に離れてしまうと、ロングミックスのためにテンポを合わせなくてはならないため、曲のピッチが下がってしまう場合があります。マスターテンポピッチを変化させずにテンポを変えることは可ですが、せっかく作った楽曲の音質が落ちてしまいます。そしてDJ向けに作曲しておけば、ニコニコ動画以外にも本物のクラブで(しかも海外で活動中のDJに)使ってもらえるかもしれません。

(個人的な意見終わり)


関連項目



最終更新日: 12/03/16 19:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ