ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イヴァン4世


ヨミ: イヴァンヨンセイ
掲示板をミル!
17カキコ!

イヴァン4世1530~1584)とは、ロシアのリューリクモスクワ大公ロシア史上最初の公式なツァーリである。
通称イヴァン雷帝。


ここまでのあらすじ


イヴァン4世はルー国家であるリューリクのうち、モスクワ大公血縁にあたる。祖イヴァン3世は1462年に大公になると各門に分裂していたリューリクの諸を次々と併合し、1480年にはキプチャク・ハンの後継者である大オルダーのアフマト・ハン軍を撤退させ、タタールのくびきの終焉を告げる転機を起こした人物であった。
さらにイヴァン3世はビザンツ帝国の皇姪ゾエと婚姻関係にあり、それまでビザンツ帝国とキプチャク・ハンにのみ使われていたツァーリを自称するようになった。そして彼の死後、息子のヴァシーリー3世も他のリューリクを併していったのであった。

1533年にヴァシーリー3世が没すると、息子のイヴァン4世はわずか3歳で大公位につく。当然幼い彼に親政は行えず、オフチーナ=テレプネフ=オポレンスキーと結んだ彼の、エレーナ・グリンスカヤが実権を握ったのである。エレーナによってヴァシーリー3世のユーリアンドレイ・スタリツキー、エレーナの伯父ミハイル・グリンスキーは投されたのであった。

しかし1538年、エレーナは死去。直後オフチーナ=テレプネフ=オポレンスキー逮捕され殺。その後に起きたのはシュイスキーとべリスキーの権闘争であった。この「貴族支配」の時代は1547年まで続き、中央権弱体化。イヴァン4世の人格形成にもを与えたといわれている。


イヴァン4世の時代


1547年のイヴァン4世のツァーリ戴冠はついに、対外的にはルーシが独立した君であること、対内的には「皇帝」であること、また今後親政開始を行うこと、といったものを告げる儀式であった。

1549年に彼は正教会方のグリンスキー、グリンスキーの失脚後は妻の実家ハリの協を得て、選抜会議(イーズブランナヤ・ラーダ)を開始した。アレクセイ・アダーシェフ、シリヴェストル、マカーリーといった人々が中心的な役割を果たした「選抜会議政府行政機関の創出、地方行政革、兵隊の整備など、様々な施策を行っていったのである。1550年代のリューリクはこれらの諸革によって格段に強化されていったのである。

さらに依然として領土拡大が図られた。その相手は東のカザン・ハン、西のリヴォニア騎士団である。カザンの併合には成功したものの、そのことはイスラーム教徒を帝国の中に含むこととなり、またリヴォニア侵攻はデンマークポーランドリトアニアとの戦いの末に失敗してしまったのだ。

こうして戦争の長期化が継続されると、イヴァン4世はアダーシェフ政府責任に処した。この結果「選抜会議」は崩壊し、実権はザハリの手に移る。しかしこのことは門閥貴族門の対立を引き起こし、長期戦のによる経済危機立ち、政治経済混乱していくのであった。

そんなさなかイヴァンは家族貴族、士族、廷臣らを引き連れクレムリンを立ち去ってしまう。この首都退居に狽したのはモスクワ市民であった。彼らはイヴァンに復位を乞い、「裏切者」を自由に処罰し、「望むがままに」支配を行うという条件で帰還させたのである。そして成立したのは皇室特別領(オプリーチニナ)である。オプリーチニナではツァーリが専制的に支配することができ、それ以外の土(ゼームシチナ)と区別されたのだ。

このオプリーチニナ政策がどれほど成果を上げたかわからない。しかしこの時代の特徴的な点は「裏切者」に対する弾圧と処刑、つまりテロルであった。まずゼームシチナの導的貴族、フョードロフ=チェリャドニンや府フィリップイヴァンのいとこであるウラジーミル・スタリツキー、さらに1570年のノヴゴロド侵攻などの底的なテロルが行われた。さらに矛先はオプリーチニナを治めるオプリーチニキにも向けられ、バスマノフ、チェルカスキー、ヴャゼムスキーらが相次いで処刑され、1570年には責任100名以上が処刑されたのである。

かしこのような暴力的手法での統治は、1571年のクリミア軍のモスクワ攻撃をオプリーチニキ軍が阻止できなかったことから、翌年には止されたといわれている。しかしその後も、犠牲者数は少なくなり、大規模な処刑は行われなくなったが、テロルは横行していった。

1575年イヴァン4世は玉座を降りてモスクワ名乗り大公位にはチンギス・ハンの直系であるカシモフのハンシメオン・ベクラートヴィチをつける。しかし翌年あっけなくイヴァン4世は復位し、シメオンは追い払われた。

そしてイヴァン4世の最晩年、ついにリヴォニア戦争が終結を迎えた。ポーランドリトアニアヤギェウォが断絶して混乱しているさなか、領土拡に一定の成功をおさめたものの、トランシルヴァニアステファン・バートリが王位につき、スウェーデンとともに攻撃を再開し、ロシアは敗戦を続けたのである。こうして、1582年ロシアはまずポーランドと、翌年にはスウェーデンと講和を結び、損のみを残して終わったのである。シベリア進出が一定の成功をおさめ東方拡大とは一転して、益な戦争であった。

こうしたなか1584年、イヴァン4世は亡くなるのである。


イヴァン4世の死後と偽ツァーリたち


16世紀末から17世紀初頭にかけての時期は「動乱」時代と呼ばれている。イヴァン4世の死後ツァーリについたのは彼の息子のフョードルであった。しかし彼は自ら統治するを欠いており、妻イリーナのボリス・ゴドゥノフが専制をふるったのである。そして1598年にフョードルが没してリューリクが断絶すると、ボリスは自らがツァーリになったのであった。

ボリスは外交などに成果を上げ、統治は順調に推移していったはずであった。しかしあまりにも負の遺産が大きかったこと、事態の過酷な推移のために動乱を防ぐことはできなかった。というのも、大飢饉に対策を打ったにもかかわらず、全く効果がなかったのである。

こうしてボリス嗟の的となると、1602年ついにイヴァンの息子世したはずのドミトリーを名乗る、偽ドミトリー1世が現れる。この最初の偽ドミトリーはポーランドから軍を率い、1605年にボリスが病死すると、クレムリンに入。ツァーリとなったのである。

しかし何ら基盤を持たなかった偽ドミトリー1世がツァーリの座にとどまるというのも理な話で、ヴァシーリー・シュイスキークーデターであっさり倒され、次はシュイスキーがツァーリ位についた。しかしシュイスキーにしたところで、アレクサンドル・ネフスキー血縁にあったとはいえモスクワ大公、ツァーリとなったものなどいない門であり、簒奪者には違いなかったのであった。

そしてプチヴリの軍官シャホフスコイが軍をあげる。反乱軍はやがてボロニコフを旗頭とし、モスクワを包囲したが、反乱軍裂。反乱軍に合流していたイヴァン4世の孫を名乗る偽ピョートル(イレイカ・ムーロメッツ)とともに捕らえられた。

しかし話はまだ終わらない。以前に倒されたはずの偽ドミトリーがまだ生きているという噂がささやかれだした。こうして現れたのだスタロドゥプで挙兵した偽ドミトリー2世である。彼はポロトニコフと合流しようとしたが、ポロトニコフの降伏を知ると、モスクワ包囲戦を行う。さらに混乱は続き、偽ドミトリー3世をはじめとする十数人のイヴァン4世の子や孫を称する僭称者たちが、次々と挙兵したのだ。


混乱の収束とロマノフ朝の成立


これに輪をかけたのが外軍の介入である。はじめはシュイスキーの嘆願でスウェーデン軍が偽ドミトリー支配地域を解放していった、というものであったが、ポーランド王ジグムント3世自身がロシアに侵入し、シュイスキーと偽ドミトリー2世く自営に引き入れようと外交努をしていったのである。

しかし1610年、シュイスキーされ七人貴族会議セミボヤールシチナ)が成立、一方偽ドミトリー2世もあっけない最期を迎えると、ポーランド軍は入。ジグムントの息子、ヴワディスワフ4世がツァーリ位についたのであった。

しかしジグムント本人が実際のところツァーリ位を欲しており、さらにポーランド軍の統制が乱れモスクワ混乱すると、反ポーランド闘争が開始された。リャザン軍リャプノフ、トルベツコイザルキーらが導部を結成したものの、リャプノフの殺でこの第1次民軍は瓦解したのである。

しかし、混乱は続く。スウェーデンもツァーリ位を狙ってノヴゴロドを占領し、王子カールフィリップをノヴゴロドでツァーリに仕立て上げたのである。危機が深まる中、ポジャルスキーが率いる第2次民軍が結成され進撃。1612年にようやくモスクワ解放され、位となっていたツァーリ位にミハイル・ロマノフがついたのであった。こうしてロマノフが成立したのである。


関連商品


■az4634415208
■az4106005662
■az4122040329
■az4915730077
■azB001QD22S8
■az4634481405


関連項目



最終更新日: 20/04/18 15:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ