ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


イーラ


ヨミ: イーラ
掲示板をミル!
54カキコ!

イーラとは、テレビアニメドキドキ!プリキュア』に登場するキャラクターである。声優田中真弓


概要


イーラキングジコチューの配下でありプリキュアと敵対関係にあるジコチュートリオの一人で、少年の姿をしている。第1話から登場。プリキュア少年の敵幹部が登場するのは無印以来実に9年ぶりとなる。
銀髪色の瞳を持ちの後ろからコウモリのようない羽を生やしている。なお、これらの特徴はトリオ全員に共通している。
ジコチュー幹部の名前は七つの大罪に由来しており、彼はラテン語憤怒を意味する「ira」と思われる。

キングジコチューの復活に必要なジャネジーを発生させるために、人間の自己中心的な心を増幅させ、「暴れろ!お前の心の闇を解き放て!」という掛けと共にジコチューを生み出して暴れさせる。ただし、ジコチューは必ずしも彼の命に忠実とは限らない。
お前の闇をげよ!」の掛けと共にプシュケーを取り込むことによって、強化形態であるビーストモード(イーラビースト)になる。しかし取り込んだプシュケーを制御できないこともある。
トリオの中で出撃回数が最多。つまり一番多く負けているということではあるのだが、キングジコチューの復活のために最も貢献していると言える。プリキュアとの戦いにおいては策を弄するようなことはせず単にジコチューをけしかけるという戦法をとる。マーモ仕事が雑」。
プリキュアと直接戦闘する際には手からビームを撃ったり投げナイフを出現させるといったを見せている。

性格は直情的で怒りっぽく、暴れるジコチューを見てを抱えて笑うなど邪気な面もある。そんな性格が災いしてかマーモにはからかわれたり囮に使われたりとろくな扱いを受けていない。イーラの方もマーモを「自己中な」呼ばわりしたり彼女ジコチューが倒されると悪態を吐いたりと、あまり仲はよろしくないようである。

ジコチュートリオアジトではボウリングをしていることが多い。最初の頃こそストライクを出していたが、すぐにガターを連発するようになった。第19話でプリキュアボウリング対決をした際には久々ストライクを出しており、スコアの波がしい。

第26話ではに撃たれて記憶喪失になり、六花に手当てされた。記憶を失っている間は心優しい少年となっており、転びそうになった六花を助けたりオムライスを食べさせてもらったりしてラケルをやきもきさせていた。プリキュアとグーラとの戦いの最中に記憶を取り戻し、自分がプリキュアを倒すことを宣言しつつも攻撃をするフリをしてグーラの攻撃からプリキュアを助けた。戦いの後、六花と決別するように包帯を捨てている。

この一件で六花から心の芽があると見られたか、第32話で久々に対面したキュアダイヤモンドに呼びかけられるが拒絶する。元々戦闘キュアダイヤモンドとのマッチアップになることは多かったが、その後は第42話で戦おうとするやいなや彼女にのされるなど関係を強調されている。

最終盤、キングジコチューの復活で最プリキュアもここまでと確信したイーラは、キュアダイヤモンドを自らの手で倒すために付け狙う。しかし実は既に差が付いており戦闘では軽くあしらわれ、彼女に群がるジコチューを追い払ったりキングジコチューの内部に突入しようとする彼女を危険すぎると説得したりと六花への何らかの感情は明らかであり、「大切な友達を思う気持ちはあなたにもわかるはず」という彼女の言葉に反論出来ず、ただ見送ることしか出来なかった。

最終話プロトジコチューが浄化された後、ジコチュートリオプリキュアと和解することも消滅することもなく「撤退」という形で退場する。去り際に六花達を見つめていた言葉は敗北宣言と取れるものだったが、その表情は穏やかだった。


キャスティングの経緯


を担当した田中真弓がある時、スタジオプリキュア役のオーディションが行われているところを撃し、冗談でオーディションに受けようとした矢先にマネージャーに追い出されたが、このハプニングが元で正式にイーラ役でオファーされたという言わば怪の功名による逸話がある。


関連静画


■im2805702(静画)
■im2809428(静画)


関連商品


■azB005F2L9QC


関連コミュニティ


■co395


関連項目



最終更新日: 17/07/30 17:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ