ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウィテリウス


ヨミ: ウィテリウス

ウィテリウス / ウルス・ウィテリウス・ゲルマニクス・インペラトル・アウグストゥス(12年? or 15年?~69年)とは、ローマ皇帝である。


概要


軍部の支持をく間に失ったガルバ、自分に敗れ自殺に至ったオト、の二人の皇帝に続いた人物である。しかしウェスパシアヌスと戦いを展開し、ローマは次のフラウィウスに移っていく


皇帝への即位とその末路


ウルス・ウィテリウスはティベリウスの取り巻きの少年であり、以後カリグラクラウディウスネロに忠を誓っていった。しかし、ガルバに不満を感じたライン方面のゲルマニアはたまた官だったウィテリウスを旗頭にする。これまで何の功績もなかったウィテリウスであったが、皇帝位に即位し、く間に各地の属州も味方に付いた。

しかし、ローマではガルバが暗殺され、オト皇帝が変わっていた。しかしウァレンスとカエキナに率いられたウィテリウスの軍勢はあっけなくオト軍を破り、ローマを占拠したのである。

新体制への移行はスムーズにいき、オトであるティティアヌスさえ許されるほど、旧オトはそのままにされた。しかし、ウィテリウス営はローマへの行進の段階から紀の乱れがひどく、またウィテリウスはゲルマニア軍に逆らうことはできず、ローマ混乱していったのだ。

そして7月半ばには、東部属州で名将フラウィウス・ウェスパシアヌス皇帝に擁立された。ウェスパシアヌスは当初、同盟軍のシリア属州総督ムキアヌスをおとりにし、エジプト握するつもりだったが、プリムスやフスクスがウェスパシアヌスを支持し、ローマを急襲したのである。

ウィテリウスにべて兵で劣るウェスパシアヌス軍であったが、プリムスの電撃作戦でウィテリウス軍は敗走。この敗北によってウィテリウス軍は寝返りが生じ、位を降りようとしたウィテリウスであったが、支持者はそれを許さなかった。

ウィテリウスのサビヌスてっきりウィテリウスが退位したものとして起し、結局ウィテリウス配下に捕らえられて殺される。ローマはまさに混乱の極みだった。ウィテリウスは宮殿門番小屋に隠れていたがウェスパシアヌス軍に見つかり惨殺された。

こうして時代はフラウィウスに移っていく。


関連項目



最終更新日: 19/04/01 15:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ