ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウィンストン・チャーチル


ヨミ: ウィンストンチャーチル
掲示板をミル!
65カキコ!

ウィンストン・チャーチル(1874~1965)とは、大英帝国政治家のひとりである。正式な名前はサー・ウィントンレナードスペンサーチャーチル政治家であると同時に作家としても頭を現した稀有な人物である。また、画としての才も持ち得ていた。


概要


植民地戦争の従軍記者(戦闘も自分で行ったことがある)から政治家に転身、第一次世界大戦においての軍大臣、第二次世界大戦においての軍大臣・首相を務めるなど、とにかく戦争の時代における政治家としての活動がに付く人物である。

第一次世界大戦時に「塹壕の間の90m~180mおよび条網を突破するために、農業トラクターに防弾鋼機関銃を搭載した兵器が有効である」と提案したのが彼であり、このアイデア現在まで「戦車」と呼ばれる兵器となった。この世界大戦は、現代戦と近代戦の転換点且つ、全欧州を焦土にしてしまった戦争であり、戦後チャーチルは「戦争からきらめきと魔術的な美が奪い取られてしまった。人類は自らを絶滅させることの出来る具を手に入れた」と彼らしい言葉で評している。

この大戦でチャーチルは対オスマン帝国ガリポリ上陸作戦失敗の責任を取り軍大臣を辞任している。敗北の原因の一つはオスマン帝国側で当時名だったムスタファ・ケマル、後にトルコ共和国を建し初代大統領となるケマル・アタテュルクが大活躍した事だった。

第二次世界大戦において、彼が最も衝撃を受けた時、それは戦艦プリンス・オブ・ウェールズを中核とする東洋艦隊が日本海軍航空隊(一式陸攻など)によって撃滅された時であったという。

彼は本大戦中ドイツとの戦いを強に推し進める一方、自身が強な反共義者であることもあってソ連の動きを警し、事前に勢確保のための裏取引(バルカン取引)をモスクワで行い、その一方でポーランドの戦後処理についてはスターリンとまっこうから対立した。「大掃除にはもう少し時間がかかるが、ドイツはもはや負けだ。これからの問題はソ連だ。口をすっぱくして説明しても、アメリカ人にはこのことがわかってもらえないのだ

戦後の1946年、チャーチルは「バルトのシュテッテンからアドリア海のトリエステまで、カーテンが下ろされた」という演説を行い、スターリンはこれに対して「チャーチル戦争屋だ、チャーチルとその友人は不思議なほどヒトラー一味に似通っている」と猛然と反論する。冷戦構造の本格化を示す歴史的な一幕となった。

以上が戦争導者としてのチャーチルの大まかな一面。いっぽう文筆としては1953年に「第二次世界大戦回顧録」でノーベル文学賞を受賞。このほか、英国プロパガンダを「こんなものをプロパガンダと呼んでいるのか」と馬鹿にしていたドイツの宣伝相ゲッベルスからも「彼の文筆としての明らかだ」と戦争中に高い評価を受けているということも見逃せない。


彼と葉巻


大きい葉巻をくわえながらVサインをしている写真は特に有名であり、ロメオ・イ・フリスタロミオとジュリエット)、タバカレラを飲していた。彼が吸い始めたのは軍事顧問としてキューバに行ったときと言われている。

ダンヒルダビドフなどの高級たばこ店から購入しており、ドイツ軍爆撃を食らった時にダンヒルからは「あなたの葉巻大丈夫です」と電話が来るほどであった。

長さ178ミリ、直径18.65ミリ以上の葉巻チャーチルサイズと呼ばれている。

くわえているだけが大半であまり煙を吸わずに半分になったら消すという吸い方であった。


関連動画



■sm1422121[ニコ動]

■sm17371941[ニコ動]


関連商品


■azB001PYVL8K


関連項目



最終更新日: 16/05/27 20:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ