ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウィンダス連邦


ヨミ: ウィンダスレンポウ

ウィンダス連邦(Federation of Windurst)とは、ファイナルファンタジーXIに登場する架国家である。


概要


「中の」「アルタナ連合(アルタナ四国協商)」を構成する国家のひとつで、プレイヤーの所属として選択可

魔法」の異名を持つほど魔法が発達した国家

要構成種族はタルタル(約70%)。次いでミスラ(約25%)。
元々はタルタルであったが、歴史上の紆余曲折を経てミスラたちを迎えるに至る。
この2種族の関係は、まったく問題がないわけではないが極めて良好である。


地理


ミンダルシア大陸南部を構える。

都(首都)は「の区」「石の区」「の区」「ウィンダス港」の大きく4つの区画に分かれている。


水の区


タルタルたちの居住区や商店が立ち並ぶ。
水晶大戦時にはここが戦場になることがたびたびあった。


石の区


ほぼ中心にウィンダスの政治の中枢「」がそびえ立ち、それを囲むように偉人たちの住居が点在する。
水晶大戦の影で土地の大半が没し、現在はいくつかの小島とそれを渡すで構成されている。


森の区


水晶大戦で活躍したミスラたちに報いるべく、彼女たちに100年の自治権が与えられている区画。
そのため、ミスラが多く見受けられる。


ウィンダス港


飛空艇と船舶の発着所。
に船を浮かべ、そこで商店を営む者もいる。


政治


女神の生まれ変わりと信じられている「神子」と呼ばれるタルタル女性国家元首を務める。
彼女占い読み)と元老院議会の決議により政治方針が決定される。
神子」はと同格のため、在位中は名前で呼ばれることがない。よって現神子は本名不明。
現元老院席はシャントット(Shantotto)。

また、「五院」と呼ばれる機関があり、その院長たちも政治に大きな影を持っている。


星読み


読み」とは、初代神子ミララが詠んだ「月詠み」の予言をから読み取る儀式
代々神子たちは儀式で得た予言を元にウィンダスを統治してきた。
(もっとも、月詠みを行ったのはリミララだけではない。プロマシミッションプレイすれば分かるかもしれない)

国家政治を左右する儀式ということで、その模様が開されることはいが、
「だいたいこんなカンジ」と思って差し支えないらしい。


■sm10102492[ニコ動]

■sm8683104[ニコ動]

下ネタバレにつき反転

ウィンダスを支えてきた儀式ではあったが、かのクリスタル大戦の折に神子読みで滅びを見てしまう。その滅びも現実のものとなってしまうはず…のだが、当時のの院院長カラハバルハは、手の院の禁術や全召喚など様々な技や策を幾重にもり巡らせ、読みの元となっているフェンリル殺して滅びの予言を破棄したのち、フェンリルを復活させて再び加護を取り戻させるというとんでもない計画を実行、これを成功に導いた。
ラハバルハは文字通り「未来ずくで奪い取った」のである。(ただし冒険者(プレイヤー)やウィンダスの子供達が結成した自称「正義の一味」スターオニオンズ団が偶然成し遂げた部分もあるが)
ディシディアFFにおいてシャントットが「未来ずくで奪い取るものですわ!」と言ったのは、カラハバルハの偉業を知っているから、に他ならない。


五院


学術国家ウィンダスを支える5つの機関のこと。体の一部の名前が付いているのは頭たると連携を取るための組織になるため、だとか。

かつて院長を経験し引退した者は博士と呼ばれ尊敬を集める(…はず)。

三博士

現代において活躍する博士は3名。全員クリスタル大戦を生き抜いた実者である。

彼らと同期の元院長にはの院元院長カラハバルハ(Karaha-Baruha)と手の院元院長ゾンパジッパ(Zonpa-Zippa)がいるが、カラハバルハはクリスタル大戦の折、"ある出来事"により戦死。ゾンパジッパは戦後野良カーディアンにさらわれてしまった。

目の院

現院長はトスカポリカ(Tosuka-Porika)。
ウィンダスの英知の結晶である膨大な書籍を管理する図書館天文学の研究も行っている。

耳の院

現院長(=校長)はセーダルゴジャル(Sedal-Godjal)だが、
行方不明のため代理で前院長のコルモル(Koru-Moru)がその座に就いている。
魔道士の養成学校であり、将来の魔道士子供たちが日々勉学に励んでいる。ちなみに全寮制

鼻の院

現院長はルクスス(Rukususu)。
植物を中心とした生物研究所。
たまに、「食べると女児変身してしまう菱・男児に変身してしまう」などといった、
明らかオーバーテクノロジーな(そして利用価値の薄い)奇な発明をしてしまっている。

口の院

現院長はアジドマルジドAjido-Marujido)。先代院長シャントット子。
魔法練習場で、多くの魔道士たちがここで修行に励んでいる。
ウィンダス連邦軍の精鋭「戦闘魔導団」を擁する。

手の院

現院長はアプルルApururu)。アジドマルジドで先代院長ゾンパジッパの
魔動兵カーディアンを始めとした、様々な魔動器の開発を行っている。
財政は万年赤字らしい。


軍事


タルタルのみで構成される「戦闘魔導団」、ミスラのみで構成される「ミスラ傭兵団」、
要人たちの警護を主任務とする「元老院警備隊」が存在する。
前者2つは「大魔元帥」と呼ばれるものによって統括され、「元老院警備隊」は元老院の直轄となっている。


大魔元帥


ウィンダス連邦軍の最高責任者。
通常は元老院議員の中から1名が選出されるが、場合によってはそれ以外の人物が抜されることもある。
クリスタル大戦時に任にあったロベルアクベル(Robel-Akbel)を最後に、現在位となっている。


戦闘魔導団


ウィンダスが誇る精鋭部隊。ここに所属する兵士は「魔戦士」と呼ばれる。
12星座の名を冠した12個の師団によって構成されている。
ヴァナ・ディール星座現実のそれとまったく違うのだが、
どうしてこのようなネーミングになったのかはである。


ミスラ傭兵団


元々は「ミスラ海兵隊」という私船であったが、水晶大戦の際に兵を募集・再編成し、
さらに終戦後に軍縮を受けて現在に至る。
傭兵」という立場なのは、ミスラたちの多くが客分という立場であること、
及び彼女たちの自由な気を尊重してのことである。


元老院警備隊


上記の通り、要人の警護が主任務だが、水晶大戦中は前線に出ることもあった。
ミスラの戦災孤児たちで構成される「守護戦士」もここの所属である。


外交


水晶大戦のときからの同盟関係にあるサンドリア王国バストゥーク共和国ジュノ大公国とは、
それなりに良好な関係が続いている。
しかし、ほぼ有史以来の敵対関係を続けてきたサンドリアと、
エルシ戦で甚大な被害をもたらしたバストゥークとの確執は未だ根強い。

獣人ヤグードと友好条約を結んでいるが、その実はウィンダスにとっての不等条約であり、
それをして弱外交と内外から批判されている。


歴史


219 タルタル少女ミララが魔法を発見、初代「神子」として認められる。
294 ウィンダス連邦成立。
328 」落成。
336 獣人ヤグードとの交渉が決裂し、敵対関係となる。
360 の近くの木が急成長し、を飲み込む。翌年、その木を「の大」と名付ける。
373 大魔元帥ルンゴナンゴにより、大陸制覇がなされる。
466年 たった3人の魔戦士により、サンドリアの砦を壊滅させる。【ソロムグの壊走】
588年 東のからの使節団を宗教的な理由により門前払いにする。
704年 東のからの使節団が神子ラカポポと謁見し、めて交を立する。
719年 魔法発見500周年を記念して大魔法祭開催。
786年 バストゥーク・タブナジア連合艦隊の奇襲を受ける。【エルシ戦】
854年 サンドリアバストゥーク・ウィンダスの3ヶ合同調隊が結成され、北方の調に向かう。
861 手の院院長ゾンパジッパにより「カーディアン」が開発される。
8624月 水晶大戦勃発。
8629月 アルタナ連合軍結成。
8643月 水晶大戦終結。
865 タイプカーディアンが反乱を企て、ゾンパジッパを誘拐。【魔動兵の乱】
884年 コンクェスト政策が開始され、「冒険者」が職業として認される。

関連動画


■sm6720308[ニコ動]
■sm6720581[ニコ動]
■sm6719839[ニコ動]
■sm6542156[ニコ動]


関連商品


■azB002OB3TCO
■azB002OB42ES
■az4757727100

参考にした資料
■az4757721544


関連コミュニティ


■co651


関連項目



最終更新日: 19/07/28 16:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ