ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウイングガンダム


ヨミ: ウイングガンダム
掲示板をミル!
182カキコ!
■im5224314(静画)

XXXG-01W ウイングガンダム(Wing Gundam)とは、アニメ新機動戦記ガンダムW』及びその関連作品に登場する架人型機動兵器モビルスーツMS)である。


概要


ウイングガンダム
Wing Gundam
式番号 XXXG-01W
設計者 ドクターJ
製造者 ドクターJ
頭頂高 16.3 m
重量 7.1t
装甲材質 ガンダニュウム合
武装 自爆装置(ゲームで武器扱い)
バスターライフル × 1
シールド × 1
マシンキャノン × 2
ビームサーベル × 2 (TV版設定)
           × 1 (Ver.Ka設定)
バルカン × 2 (TV版設定)

アフターコロニー(A.C.)における5機のガンダムの内の1機であり、ドクターJが設計・開発した可変モビルスーツ
OZ側でのコードネームは「ガンダム01」(ゼロワン)であり、単に「01」と呼称されることも多い。しかしその一方で、本機パイロットであるヒイロからウイングガンダムの名で呼ばれた事は一度もい。

機体外観や武装等から見ても分かるように、ウイングゼロの特徴や設計コンセプトを最も色濃く受け継いでおり、5機のガンダムの中でも汎用性が特に高いといえる機体である。戦闘宇宙戦闘に特化したスラスタユニットウイングラスター」を搭載し、機動性は5機のガンダムの中でも随一、トールギスと同等かそれ以上の推を持つ。(特にハチドリ)に似た戦闘機モードバード形態」に変形が可
武装面も充実しており、近~遠距離射程の武装をバランス良く装備している。特に武装の大携行ビームバスターライフル」はMS単機に必要な火力かにえている。

なお、「ウングガンダム」と書かれることがたまにあるが、「ウングガンダム」が正式である。

ちなみにバード形態への変形はコクピット上部のレバーを操作して自動(オート)で行われている。
TV版は「シールドバスターライフル(逆さ向き)が中で合体、変形した本体とさらに合体する」や「機首から墜落して地面を横滑りしながら変形する」など非常に有名なシリアスギャグシーンも多い。
しかし、これは裏を返せば「高度な自動システム」や「接続部や機体の異常な剛性」を表しているともされている。
(あまり認知されていないが、変形シーンにはを手で背中セットしながら変形する、MS形態への変形バンク逆再生のようなものも存在する)

自爆」したガンダムとして有名であるが「敵の手に渡してはならない重要な部位や機器を中心に破壊した」と劇中でも発言があるように、自爆しながらも原を留めるほどのフレーム強度を表しているのだが
それらも含めてシリアスギャグ扱いされることもあり自爆」というインパクトが先行しすぎて1話から終盤にかけての不遇の運命に拍をかけている。
自爆後にトールギス戦闘データを元に復元されているが、椀部の駆動システムの再開発は時間がかかり過ぎたためトールギスの左腕のものが右腕に移植されている。開発者ドクター・Jの手によるものではないこと、決闘への間に合わせ部分もあるため1話時点とグレーダウンしているという説がある。
(すでに1話の面落下、2話で魚雷直撃後にガンダムデスサイズ分解してパーツを盗んで修理する必要があるほど内部が損傷しているのも要因として考えられる)

中盤においてビルゴの大部隊との戦闘により右膝を損傷後、さらに攻撃を受け続け稼動不能状態に陥り放棄された。終盤において世界国家軍に回収・宇宙用に修され、レディアンがトレーズの危機に駆けつけるべく宇宙へ打ち上げられた。トールギスⅡリーブの射線上から体当たりで突き飛ばし、リーブに焼かれて大破した。
しかし、一つ消し飛ばすビームを浴びて胴体が原を留めていた。最後の最後までガンダムの驚異的な強度を示し続けたが、その後の行方は不明。漫画版ではトールギススーパーバーニアを装備して出撃した。

ウイングガンダムのファイティングアビリティ

リーオーオールレベル100として換算


ウイングガンダム(EW版)


■im2000951(静画)

ガンダムWに登場するガンダムには、『Endless Waltz』の発表に合わせてカトキハジメリファインした「Ver.Ka」「アーリータイプ」等と呼ばれるものが存在する。設定上はやはりTV版と同一機体である。

Ver.Kaの外観はウイングガンダムゼロ(EW版)のスラスターや武装、カラーリングを変更したのみで、ゼロの特徴をそのまま受け継いだデザインとなっている。

前期のガンダムはやはり大河原邦男デザインTV版が広く認知されているが、近年の漫画小説等の生作品はカトキ版を基準に展開しているため、TVデザインの扱いが若干よろしくない。


武装詳細



ガンダムビルドファイターズ


あくまでプラモデルだが、まさかの1話から出演。
現代クオリティアニメーション主人公イオリ・セイに機体解説されながら活躍するシーンが挿入される。
そしてまさかのギャンとの対決と敗退。ウイングなら許されるでしょう」(by??)

大会PVではカラーリングの機体がガンダムSEEDポーズ決めている。
その後、ウイングガンダムであるリカルド・フェリーニによる改造機としてウイングガンダムフェニーチェが登場。ガンダムWのOPを思わせるカットに涙するファンもいたが、世界大会に至るまで活躍は控えめだったが……?
詳細はリカルド・フェリーニ記事内の「ウイングガンダムフェニーチェ」項参照。


関連動画



■sm13112422[ニコ動]

■sm5300698[ニコ動]


関連商品


TV版関連商品

■azB00E36ROZ6
■azB000JX2V0U
■ysbeautyfactory_TY4902425471655
■azB003AH6EPA
■azB00G93MEXI

Ver.Ka関連商品

■ystoyshop-try_fig1195
■azB00030EUTY


次へ»
最終更新日: 16/05/22 21:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ