ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウォルト・ディズニー


ヨミ: ウォルトディズニー
掲示板をミル!
59カキコ!
ウォルト

ウォルト・ディズニーWalt Disney)とは、ウォルト・ディズニー・カンパニーの創設者であり、夢の国の創造である。
本名はウォルター・イライアスディズニー(Walter Elias Disney)で、ウォルト・ディズニーはペンネーム。 


概要


[画像を見る]

世界一有名なねずみの生みの親の一人。
また、初代ミッキーマウス声優でもある。
肩書きは漫画家アニメーター、演出脚本家プロデューサー声優映画監督、そして実業などなど……。
人生を辿っていくと非常に多岐に渡るため、その見方や時期によってウォルトの評価は大きく変わる…のかもしれない。

いずれにせよ、アニメ史において、計り知れないほど偉大な功績を残した人物であろうことに変わりはない。

彼の生み出した数々のアニメーションは多くの人の笑いや感動を呼び、また後世の同業者にも大なり小なり影を与えている。


若かりし頃


1901年に鉄道員の子として生まれ、幼少期から汽車愛していた。少年期からはさらにアートへと覚めるようになり、その情熱から私営の絵画教室に通うようになったという。

青年期は工場経営者となったに付き従い、高校に通う傍ら絵画を学ぶ。やがてその中で、ウォルトの心には愛国心がより強く芽生え始めるようになる。
描く漫画愛国義に偏った内容となりはじめ、やがてウォルトは通っていた高校も絵画教室も捨て、第一次世界大戦中、おのために陸軍へと志願するまでに至っている。

しかし、当時のウォルトはまだまだ年齢的に若すぎた。
そして、人員不足というわけでもないアメリカがそんな前途有望な人物をわざわざ戦場に使う必要もなかった。
ウォルトのその熱意を「まだ慌てる時間じゃない」などの周囲の説得でなんとか押し込み、彼は衛生兵として後方の任務に就くこととなった。
おかげで特に大きな負傷をすることもなく、戦後は故郷へと帰還した。


漫画家→アニメーターの時代


帰郷後、の工場とは違う仕事につくことを望んだウォルトは、漫画家して新聞広告漫画掲載をしたが、当時名だったウォルトにさほど仕事は回ってこなかった。
ウォルトが、今の名とは想像もつかない貧乏生活を送っていると、銀行員になっていたロイがそんな状態を見かねて手を回し、良い新聞広告社を紹介し、そこで安定して仕事が行えるようになる。
このとき、後のウォルトの生命線にして、最大の相棒となるアブ・アイワークスと出会い、彼と親交を深めた彼は、契約打ち切りをきっかけに、二人で起業することを思いつく。

こうしてデザイン会社を立ち上げた二人だが、ウォルトが生活を支えるため別の会社に雇われてしまい、会社はさして間をおかず消滅する。
この時ウォルトが雇われた先はアニメ製作会社であり、ウォルトアニメーターとして雇われていたこの経験からアニメーターとしての資質と興味を開させた。

仕事の合間に機材を借りて自作アニメを作るようになったウォルトは、齢二十歳にして一年足らずで独立、個人事務所を始める。
当時はフリースタッフを集めていたウォルトだが、限界を感じるようになったことでアニメ製作会社を本格的にスタートさせ、アブ・アイワークスらのスタッフをかき集め、良質な短編アニメーション作品を提供していくようになる。

しかし、先の従軍の話からわかるように、火のついたウォルトは形振り構わなくなる気質があるようで、製作に没入しすぎたあまり、経営面そっちのけでを注ぎ込んで、アニメを作るというなことをやりまくっていた。
おかげで会社は倒産し、ウォルトは経営面でのサポーターが必要であることを噛み締めたという……。
ちなみにこれは、今のウォルト・ディズニー・カンパニーの先祖的な会社であるが、会社自体は消滅しているため今存在する会社とイコールではない。


ウォルト・ディズニー・カンパニーの始まり


倒産処理のあと、ウォルトハリウッドへと渡り、ロイとともに再び会社を立ち上げた。
最初は以前作った「アリスの不思議の」の続編を販売するための組織だったが、その過程で再びアリスを題材としたアニメ製作出来る状況を得たため、先の会社と同じようにアブ・アイワークスを始め、アニメーターをまたかき集めた。
こうしてウォルトは、実写と短編を混ぜた短編映画アリスコメディシリーズを始め、一定の成功を収める。

このとき、ウォルト人生の伴侶と出会い、二人の子供けた。

アリスコメディシリーズが一部の版権問題によって製作困難となった頃、行師にしてアニメ製作もやっていたチャールズ・ミンツの紹介で、大手配給会社ユニバーサル・ピクチャーズと関係が結ばれる。
そこで配給する作品として誕生したのがしあわせウサギのオズワルドであった。オズワルドディズニーキャラクターの中ではじめて商品化されたキャラで、ミッキーマウスの元となっているキャラクターである。
オズワルドは大きな成功を収め、ユニバーサル・ピクチャーズはウハウハだったものの、ウォルトは相変わらずアニメ製作を惜しまなかったため、会社の経営自体はそんなに潤わなかった。

ウォルトは、オズワルドの成功を抱え、ある日ユニバーサル・ピクチャーズにギャラの値上げ交渉を計った。
しかし、仲介役のチャールズ・ミンツとユニバーサル・ピクチャーズは裏で手を回し、スタッフを買収したうえでオズワルドは「契約時点でうちに版権がある」と突っ返され、不当な契約条件をつきつけられた。
結局、大手会社には対抗することが出来ず、ウォルトアニメータースタッフオズワルドを一気に失う。

ちなみにディズニースタジオスタッフを欲しがっていたのは仲介役のチャールズ・ミンツであり、自社のアニメーションクオリティを手っ取りくあげたいがための策謀であったと言われている。
よってウォルトはこのことを「ミンツに騙された」とストレートに振り返っている。 


世界的大スターの誕生


帰りの汽車の中でスケッチしたミッキーマウスコンセプト絵を頼りに、ウォルトは自社へと帰参する。
残っていたスタッフはわずかで、にあげられる人物は、ロイや、一買収に応じなかったアニメーターで、親友のアブ・アイワークスくらいだった。
スタジオの経営は、スタッフと自社キャラクター消失により正に崖っぷちおまけ契約の都合上オズワルドアニメをあと少し作らなくてはいけない。
に次ぐ逆の中、ウォルトオズワルドアニメを作る傍ら、アブ・アイワークスとともにオズワルドに変わるネズミキャラクターを生み出す。

これこそが、あの有名なミッキーマウス、誕生の間だった。
社員いわく「動きはアイワークス、性格はウォルト」という体制で生み出されたミッキーは、鮮デビューを飾る。
ミッキーマウスは出だしこそ不調だったがすぐに大人気となり、オズワルド人気を根こそぎ奪う形となっていった。 
なお、オズワルドの時に経験した苦い経験から、ミッキーマウスの版権管理は厳重に行われたことは言うまでもない。

人気はその後も衰えることを知らず、ディズニー社は再建どころを果たしたばかりではなく、強大な成功を収めた。
ミッキーマウスが大成功を収め、彼に続く人気キャラクターが続々と登場する中、新しいものの取り込みに熱心だったウォルトは徐々にスタッフ製作上の制限を設けるようになった。
これに嫌気がさしたアブ・アイワークスは、独立を持ちかけられたことでディズニー社から離反してしまった。
後に彼がミッキーマウスの生みの親の一人であることが知られなくなったのは、こういった事情も関係しているようだ。

ちなみにアブ・アイワークスは、その後独立に失敗して、ディズニー社へ帰還している。


ディズニーランド構想と晩年 


ディズニーがある日遊園地に行った時のこと。
ウォルトメリーゴーランドに乗りながらはしゃぐを見ながら「どうしてここには親も子も楽しめる間がないのだろう?」とふいに疑問を感じたという。

この思いが解けなかったウォルトは、1955年ディズニーとして150エーカーの土地を購入。
当時からしても異常なまでに広大テーマパークディズニーランドはこうした意図で開設された。

これは今のウォルト・ディズニー・カンパニーの基盤となっている施設であり、このディズニーランドの開発のためにウォルト毎日のように自分の作った遊園地へと通いつめ、問題点や新しい構想を練っていたという。
その後、ディズニーランド運営を外部に委託することになると、ウォルトは「夢を現実にするのは人だ」「ここは遊園地ではない、ディズニーランドなんだ」という言葉を送ったという。

他にも、ウォルトは実業として積極的に宣伝に参加しており、テレビなどで積極的な客の誘致を行った。

ディズニーランドが軌にのると、次にウォルトはまた広大な土地を買い上げ、彼にとって生涯最後にして最大の夢である、ウォルト・ディズニー・ワールドリゾートの建設事業にとりかかる。
かしこの頃のウォルトに溺れて身体が弱り、長年吸っていたタバコが原因ではしわがれていた。その関係でミッキーマウス声優も交代することになり、彼は膨れ上がる名とは裏健康的には衰退していった。

1966年12月15日、肺のため没。
彼の壮大な夢であったディズニーワールドは、彼の死後に完成することとなる。


人物


これだけの大物となると、称賛だけではなく批判ネタがかなり出てくるもの。
しかし同時に彼の遺した「夢を見続け、諦めないこと」を訴えた名言もまた有名であることも事実
ここで一つ一つの名言はあえてらないが、要するに「夢を捨てるな、諦めずにやれ」ということを、ウォルトはしきりに訴えていたのである。

が、日本ではその著作権の厳しさから「著作権うるさいオジサン」と安易に誤解している人もいる。
よって以下にいろいろ記していくことにする。 


結局どの功績が大きいの?


絵描きであり、演出であり、そしてプロデューサーでもあるウォルトだが、どれが際立っていたかは、評価する人間の見方によって異なる。
しかし一般的にはやはり実業としての功績が一番高く評価されていると言っていいだろう。
ただし、時折言われる「ウォルトアニメーター(絵描き)ではない」という見方は確実に間違いである。 

とはいえ、クリエーターとしては作画よりもむしろ演出に秀でていたと言い伝えられており、天才アニメーターとして有名なアブ・アイワークスの存在もあって、彼のアニメーターとしての経歴が評価されることは今となっては大変少ない。
ほぼ一人でミッキーマウス演短編「プレーン・クレイジー」を作画したというアイワークス作画スピードが化物じみているから仕方ないと言えばそうであるが……。

いろいろ理屈を付けても、ミッキー今日まで親しまれる個性となったのは、ウォルトによる性格演出の影が大きいのは間違いない。
オズワルドユニバーサルに奪われた後、支持を急速に失った事例を見ればそのことは一瞭然である。

よって彼は「クリエイター」として多大な功績を世界に遺した、と、この記事では一つの結論を提示しておくことにする。


声優として


後に、三代目ミッキーマウスを担当した生前のウェイン・オルウィンが「ミッキーはウォルト・ディズニーそのものだ」とっており、二代ジムマクドナルドも、役を引き継ぐオルウィンに対して「自分達はボスウォルト)の代役なんだから、自を出してはいけない」と忠告したという。

ミッキーを、ウォルト1955年まで長らく担当していた。最初は裏によるかなり高いだったが、タバコと加齢による影で、どんどんハイトーンながらも低音化した質になっており、オルウィンもその点を摘している。
しかし、そういった低音化を鑑みて、ミッキーマウスは二代ジム(ジミー)に引き継がれることとなっている。

ちなみに、初期の作品はピートミニーなども全部一人でこなしていたことはファンの間で有名である。

声優としての実の程をどう評価するか難しいところだが、ミッキーマウスという名前のネズミの絵に自を与えたのは、紛れも声優までも担当したウォルトであるといえよう。


ミッキーの生みの親じゃない説


前述したように、ミッキーマウスデザインアブ・アイワークスが手がけた。つまりイラスト的に限って言えばその生みの親はアブ・アイワークスである。
このため、「ウォルト・ディズニーはミッキーの本当の生みの親ではない、デザインを手がけたアブ・アイワークスこそが本当の生みの親」と説く人もいる。

これはある方向から見れば正しい話ではあるが、100%正しいとも言い難い。
しあわせウサギのオズワルドが、ディズニーアイワークスを失って没落したのと同じように、ミッキーマウスとはアイワークス天才的絵画力と、ウォルトの演出が合わさって初めて人気者となったのである。
アイワークス作画こそ天才的だったが、一方で演出面での才はからっきしであり、その結果独立に失敗している辺り、ウォルトのこれまた天才的な演出は不可欠だったというわけだ。


次へ»
最終更新日: 15/01/04 00:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ