ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウオディック


ヨミ: ウオディック
掲示板をミル!
12カキコ!
ゾイド > ウオディック

ウオディックとは、『ZOIDSシリーズ登場する戦用ゾイドである。
フロレシオスやアクアドンシンカーと同じくキットは実際にに浮かべて遊ぶ事ができる。


機体解説


ウオディック
WARDICK
基本情報
EHI-001
EZ-040
所属 ゼネバス共和
ガイロス帝国
モチーフ
スペック
全長 17.0 m
全高 4.2 m
全幅 5.8 m
重量 32.2 t
最高速 70.0 km/h(地上)
65.0 Kt水中
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

ウオディック

ゼネバス帝国が開発した水中戦闘ゾイド

中央大陸を追われていたゼネバス帝国軍が来るべき中央大陸への再上陸を期して開発したゾイドで、深海の高圧にも耐えられるようコクピットをはじめとした装甲は非常に厚く作られており、最高潜行深度は12000mを誇る。
(ちなみに地球で最も深いマリア溝の最深部は10902mである)

武器には口腔内に水中を高速で伝搬する音波を利用した超音波ソニックブラスター背中には上にいる敵を撃するミサイルランチャービームを搭載しており、圏での戦いにおいては全時代を通してほぼ最強戦闘力を有している。

一応陸両用で、短時間ならば陸上でも戦闘が可であるが、流石に陸戦までは考えられていないためか戦闘力の極端な低下は避けられない。

ゼネバス帝国軍の中央大陸への再上陸作戦の際に登場し、共和軍の上防衛ラインを破壊して帝国軍が中央大陸に上陸するためのルートを開拓し、その後も共和軍が優位を保っていたはずの制権を脅かし続けた。

ゼネバス帝国ガイロス帝国に接収された後はあまり使われなくなり、さらに第二次大陸戦争では惑星Zi大異変で原種が絶滅寸前に陥っていたためもはや配備不可能と思われていたが、オーガノイドシステムを応用する事でコア増殖を促しての再生産と再配備ができるようになった。

そしてガイロス軍の新たな海洋として戦線復帰を果たし、その後は旧式機でありながらも共和軍の最新鋭ゾイドであるRZ-33ハンマーヘッドと互以上にり合える実を示している。

なお、ガイロス仕様機はカラーリングとガンメタルに変更されている。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2041年ロールアウト。開発には暗黒大陸ガイロス帝国の協があったと推測される。

ゼネバス帝国の反撃作戦“D‐DAY”にて使用され、バレシア湾に同軍が迫った際には同じゾイドシーパンツァーと共に共和軍の沿防衛ラインを突破して帝国軍の再上陸を見事に成功させた。

その後もゼネバス帝国軍の数少ない海洋として働き、場合によってはかのウルトラザウルスにも致命的な打撃を与えられるほどの存在として共和軍からはおおいに恐れられていた。

ゼネバス帝国に代わってガイロス帝国が台頭した後の大陸戦争ではほとんど使われず、しかも惑星Zi大異変の影で原種が絶滅寸前に陥ってしまう。しかし、西方大陸戦争末期において次の大戦に備えてオーガノイドシステムを利用したコア増殖促進による再生産が進められてZAC2101年に戦線復帰、共和軍の最新鋭機であるはずのハンマーヘッドを下しニクシー基地への奇襲攻撃などで活躍した。

それ以降の配備状況は不明。

 アニメ

ZOIDS新世紀/ZERO』に登場。

バックドラフト団のチーム・フーマの乗機であり、陸上においては砂を水中のように動き回る事ができる。
ホバーカーゴを攻撃し、ライガーゼロのCASを封じるなどチームブリッツを苦しめたが、ジェミーの機転とライガーゼロイエーガーに換装した事によって敗北

再戦時はラオンによって改造が加えられたネオ・ウオディックとして登場。防御強化に加え、Eシールドジェネレーターや誘導偏向ビームガンなどが装備されており、またしてもチームブリッツを追いつめるも、今度はロングレンジバスターキャノンを装備したシャドーフォックスによって敗北した。


関連動画



■sm9709407[ニコ動]

 ■sm8689322[ニコ動]


関連商品


■azB000BZ1JIG


関連項目



最終更新日: 15/04/30 00:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ