ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウクライナ語


ヨミ: ウクライナゴ
掲示板をミル!
28カキコ!

ウクライナ語とは、ウクライナ公用語(厳密には「国家(Державна мова)」)である。

概要

ウクライナ語は、インド・ヨーロッパ語族(印欧語族)スラヴ東スラヴ群に分類される。
文字ウクライナ文字でいわゆるキリル文字を使用する。ウクライナ語をとする人口は約4,000万人である。
文法的には、同じ東スラヴ群のロシア語ベラルーシと類似する部分が多く、ウクライナ語を一切勉強した事のロシア人・ベラルーシ人も"なんとなく"レベルで会話の意味を取れる程に言として似通っている。対照的に、彙としてはポーランド語彙起と同じくする彙を多く有する。寧ろウクライナ人に取ってはポーランド語が"何となく"理解できる言であると言う。
しかし、ソヴィエト時代に行なわれたロシア語化言政策及び上記の言的類似性により、ウクライナ中部から東部を中心として、ロシア語とウクライナ語の混ざりあった、どちらでもない言(「スール'ジク、Суржик(雑穀)」)が発生してしまっている。更に、ロシア帝国時代以来の都市化の人口動態の結果として、都市部では地方部と較してウクライナ語を話せず、ロシア語を第一言とするウクライナ人も相当数に上る。例えば、首都キエフではロシア語の方が通じやすいという状況にあるらしい。ただし、現在はウクライナ語は義務教育国語として学ぶので、中年層がロシア語しか話せない人がいる一方で、若者世代は全員ウクライナ語が話せる。
逆に西部ウクライナは「ウクライナ語」を喋っている事にプライドを持って、意図的にウクライナ語を守ろうとしている雰囲気が有る為、ロシア語をまるで当たり前の如く使用すると、要らぬ反発を買う可性があるので注意すべきである。(だが、実際に彼らがしゃべっているのはウクライナ標準というよりウクライナ西部方言といえる)

ロシア語較して発音通りのりを行う傾向が強く、発音からスペルを推測するのは較的簡単である。しかし、日本語では全く使用されない音が数多く存在する為に混乱するかもしれない(例 "ий"と"ій"と"ї"の区別など等)。
尚、この項で音をカタカナに転写したウクライナ語を記載する際は、基本的に日本語Wikipediaの「ウクライナ語」の項に準拠する。又、巻き舌のラ行と喉のから出るハ行の音を表記する為には対応するカタカナの後に" '(アポトロフィー)"を足す事で表す事とする。(例:「ル」→普通のル=英語のLの音に近い / 「ル'」→巻き舌のル)

表記にはキリル文字を使用するが、ロシア語には存在しない文字("Ґ - ゲー" や、"Ї - イィー")を合わせて使用する。詳しくはキリル文字の項参照
尚、ロシア語と同じく日本語「ワ行」の音を表記する方法が存在しない。基本的には全て(唇接近音:英語のv=唇摩擦音ではない)"に置き換えらえる為、渡辺さんはワタナベ(Ватанабе)さんになり、早稲田大学はワセダ(Васеда)大学になり、ワサビワサビ(Васабі)になる。

日本において学習しようとすると、解説書が非常に少い為苦労する事になる。 ロシア語を学んでからウクライナ語に進むぐらいしか確かな方法はないだろう、とも言われているが、 ウクライナロシア語を学んでからウクライナ語を学ぶ(いはその逆を行う)と、あまりに似すぎていてどっちの言を喋っているのかわからなくなってしまう為にオススメしない、との事である。
移民による大規模なコミュニティーの存在するカナダ大学には、ウクライナ語学部が存在する物もある。

2009年3月、遂に待望のウクライナ語会話/文法入門書がニューエクスプレスシリーズより発売された。

簡単なセンテンス、単語等

以下に日常で使用される事の多いセンテンスを示す。これを使って毎日を少しだけウクライナ味に味付けしてみては如何だろうか。

  • こんにちは→ Добрий день(ドォブル'ィイ デーニ)最も一般的に使われる挨拶英語に直訳すると"Good day"。"р"は英語の"p"(ピー)ではなく"エル"と呼ばれ、巻き舌でのラリルレロを示す。"день"の末尾の"ь"は"ムヤークィイー ズナーク"と呼ばれ、発音は存在しないが発生時に前の音を軟音化(硬口蓋化)する事を示す。
  • やあ/よっ→ Привіт(プル'ィヴィート)
    軽い挨拶英語の"Hi"のような物。
  • ありがとうДякую(ヂャークユ)
    厳密に言うと「感謝する」という意味である未完了動詞"дякувати"の一人称単数現在形。頭の"Дя"は日本語での表記が非常に難しいため、wikipediaの転写に従い便宜上"ジャ"と表記しているが、ラテン文字転写では"Dya"となる為厳密には発音通りの表記ではない。本来"ジャ"と発音されるのは"жа"である為、理矢理表記するなら"ヂャ"?
  • さようなら→До побачення(ド ポバーチェンニャ)
    「~まで」を意味する前置詞"до"と「会う事」を意味する中性名詞"побачення"の組合せ。「又会うまで」という構成。
  • はい(肯定)→Так(ターク)
  • いいえ(否定)→Ні(ニー)
  • 1→один(オディーン)(男)/одна(オドナー)(女)/одне(オドネー)(中)/одні(オドニ―)(複)
  • 2→два(ドゥヴァー)(男)/дві(ドゥヴィー)(女)
  • 3→три(トゥリ'ィ)
  • 4→чотири(チョティル'ィ)
  • 5→п'ять(ピヤァチ)
  • 6→шість(シスチ)
  • 7→сім(スィム)
  • 8→вісім(ヴィースィム)
  • 9→дев'ять(デヴヤッチ)
  • 10→десять(デスィヤッチ)

 

 

і т.д.


文字と発音


べートカ(абетка, ウクライナ語のアルファベット)

ウクライナ語のアルファベットは33つの字と、1つの記号から成る。

発音 名称
1 А а a アー
2 Б б b ベー
3 В в v, w ヴェ―
4 g ゲー
5 Г г h へー
6 Д д d デー
7 Е е e エー
8 Є є ye ィエー
9 Ж ж zh ジェー

 

10 З з z ゼ―
11 И и y ゥイ―
12 І і i イー
13 Ї ї yi ィイ―
14 Й й y ヨット
15 К к k カー
16 Л л l エル
17 М м m エム
18 Н н n エヌ
19 О о o オー

 

20 П п p ペー
21 Р р r エル
22 С с s エス
23 Т т t テー
24 У у u ウー
25 Ф ф f エフ
26 Х х kh ハー
27 Ц ц ts ツェー
28 Ч ч ch チェ―
29 Ш ш sh シャー

 

30 Щ щ shch シチャー
31 Ь ь ' ヤクィー・ズナーク
32 Ю ю yu ユー
33 Я я ya ヤー
記号 ' " アポトロ

的には日本語の高低アクセントとは異り、スラヴに見られる強弱アクセントである。アクセントの置かれた音は気持ち強め、長めに発音される。その他については前述の通り、発音はほぼ記述通りである。
よってキリル文字られている通りに読めばほぼ間違いない。しかし、"в"(ヴ)の扱いには注意が必要で、末に来た時や頭で特定の条件下では「ヴ」ではなく「ウ」と発音される。

例として、ウクライナ西部都市Львів (ロシア名"リヴォフ"/ドイツ名"レンベルク")が上げられる。単の中に二度"в"が表れているが、一度は"v"の音(英語のvの音=唇摩擦音ではなく唇接近音)で読み、二度は"w"の音で読む。その為発音は「リヴィウ」となる(子音及び音の前は接近音で、末・摩擦音・破裂音の前では/w/となる)。ソ連の第4代最高導者であるフルシチョフもウクライナ語のりでは"Хрущов"であり、「フ'ル'シチョーウ」と発音される。

また、"всі"と"усі"は両者とも「全て」という意味の同一の単であり、その前に置かれる単末が子音か音かで切り替わる。「昨日」を意味する単"вчора"も"учора"と変化し得る。このように、ウクライナ語においては音や子音が連続しないように変化する性質があり、例として上げた"у"/"в"のように、単り、発音問わず入れ替わる事は普通に行われる。
в/уの正書法(りの規則)
уでられる場合
1)子音と子音の間にくる場合
2)文頭にあり、次にくるのが子音である場合
3)次にくる文字がв又はфである場合(このとき、前に来るのが音であっても常にуが書かれる)
4)文中の休止符等記号の後ろに置かれ、次にくるのが子音である場合
вでられる場合
1)音と音の間にくる場合
2)音が前にあって、尚且つвいはф以外の子音が後ろにくる場合
尚、固有名詞の場合は基本的に変化しないが、ウクライナプライドとも言える詩人タラス・シェウチェンコは、そのの中で発音の並びによりウクライナ(Україна)をвкраїнаと表記している事もある為、固有名詞だから100%変化しないとは言い切れない。

ロシア語較した際に顕著になるのは、"о"の発音の扱いである。
ウクライナ語においてはほぼ間違いなくオ段の音で読まれる(アクセントのい音節では「ウ」の音に近くなる)のに大し、ロシア語ではアクセントが置かれなかった際にはア段の音で発音される。この違いは大きく、ウクライナ語で喋っているにも関わらずアクセントの"о"をア段の音で読んでしまった場合、一発ロシア語話者/使用者と看過されてしまう。逆に、ウクライナ語話者が喋るロシア語アクセントの"о"を変わらずオ段で読む為、これも特定されると言われる。

文法 - Граматика

前述の通り、同じ東スラヴに分類されるロシア語と文法的にほぼ共通であり、言の構造は同一と言える。よって十分に教材があれば習得の難易度ロシア語と変わらない(簡単というわけではない)。しかし前述の通り、日本語で書かれた教材が極端に少ない為に物理的な習得難易度が高い。

他のスラヴと同じく、順にど頓着しない(ネイティヴによれば順で若干ニュアンスは変わるとの事)言である。文中で使用される単は、文中でのその役割に応じて格語尾と呼ばれる語尾が変化する。
それにより順に影される事なくそれぞれの単の文中における役割を表す為である。但し、素直な、動詞、からなる文章の場合は、SOV(--動)の形を取ると自然に聞こえるとされる。

日本人義務教育で習う英語較して最も顕著な文法の差は、ウクライナ語において文に動詞は必須ではないという事だろう。例えば、「私は学生です」という文を表す際に英語では

となり、be動詞を含むが、ウクライナ語においては

となる。この文にはЯ(一人称単数格)とстудент(名詞 - 学生)という2単しか存在しておらず、その単を繋いでいるのは-である(本来はより長い横線で表す)。一応"є"という英語のbe動詞に相当するもあるにはあるのだが、使用される局面が英語のbe動詞と違う為に厳密に同じ物と見做す事はできない。
強いて言えば、"є"を用いた構文は英語のThere is.... There are...構文に相当する。又、ウクライナく"є"を多様する喋り方をするは間違いなく英語話者いは非ウクライナネイティヴであると思われるらしい。

単純な「はい/いいえ」の疑問文英語で言う"Do you"や"Are you"の疑問文は、肯定文を上がり調子で言う事で表現できる。例えば

と、下がり調子で発音すれば、「あなたは学生だ」(=You are a student.)という意味になる。しかし、

と上がり調子で発音すれば、「あなたは学生ですか?」(=Are you a student?)という疑問分になる。尚、肯定文の文頭に"Чи"(チィ)と付け、上がり調子で喋るとより丁寧な疑問文になる。


名詞


ウクライナ語の名詞は男性/女性/中性の3種類が存在し、それぞれに単数形と複数形が存在する。この性の区別は後述する形容詞との連携にも関係してくるので非常に重要である。
見分け方は、単が単数格の時に子音で終わっていたら男性名詞、"а"いは"я"で終わっていたら女性名詞、"о"いは"е"、稀に"я"で終わっていたら中性となる。

名詞は(Nominative)、属格(生格 - Genitive)、与格(Dative)、対格(的格 - Accusative)、具格(Instrumental)、処格(前置格 - Locative)、呼格(Vocative)の計7つの格を持つ。も、呼格は 呼びかける時に限定して使用される特殊な格であり、専ら使用されるのは6つである。

また、全ての名詞は有生名詞(Animated noun)と生名詞(Inanimated noun)に分類され、若干活用パターンが異なる。

名詞の活用は、基本的に単幹+活用語尾というパターンに従って行われる。しかし、例外は相当数存在するのでこの原則を覚えた上で個別の単を覚えて行くしかない。


次へ»
最終更新日: 18/11/10 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ