ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルトラザウルス


ヨミ: ウルトラザウルス
掲示板をミル!
51カキコ!
ゾイド > ウルトラザウルス

ウルトラザウルスとは、『ZOIDSシリーズに登場するカミナゾイドである。


機体解説


ウルトラザウルス
ULTRA SAURUS
基本情報
RBOZ-005
RZ-037
所属 ヘリック共和国
モチーフ ウルトラサウロス
スペック
全長 50.0 m
全高 27.5 m
全幅 14.1 m
重量 507.0 t
最高速 50.0 km/h(地上)
47 Kt水上
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

ウルトラザウルス

ヘリック共和国が開発した史上初の超ド級カミナ旗艦ゾイド
泥沼化する戦況を打破するにはより効率的な揮が必要と判断した共和軍が、RBOZ-1ビガザウロの後継機としてハーバード・リー・チェスターの設計のもとに生み出した機体で、直接的な戦闘だけでなく、他の部隊を束ねて揮を行う旗艦の機を併せ持つ当時としては極めて画期的なゾイドであった。

当時のゾイドの中ではRBOZ-3ゴジュラスやEPZ-2アイアンコングを上回る体の大きさを誇り、それにともなって武装数、装甲強度、出も今までのゾイドのものを軽く駕するに至り、特にその豊富な武装による火力はずば抜けて高く、全門を一斉発射した時の破壊は周辺の地形を変えるほどのものを発揮するという。

一方、巨体であるがゆえ動きが鈍重で格闘がやや低いという欠点を持つが、登場当初はその火力と装甲を打ち破れる帝国ゾイドは存在せず、大した問題にはならなかった。

最高6人(ビークル要員除く)が搭乗して、それぞれが操縦、揮、通信、火器管制を担当する事でより的確なゾイドの操作と部隊揮ができるようになっている。

さらに陸両用という特徴を持ち、むしろ水上での活動の方が得意と言う事から陸上戦艦としてだけでなく洋上戦艦としての運用も可であるため、これにともない共和軍の強化にも大きく貢献する事になった。

このウルトラザウルスの登場によって共和軍の戦は大幅に増強され、一度はゼネバス帝国中央大陸から叩き出して共和軍を完全勝利に導き、その後もウルトラザウルスは量産されて共和軍の艦として運用され続けた。

戦争後期ではゼネバス帝国が新たに開発したEPZ-6デスザウラーの登場で最強ゾイドの座から引きずり降ろされるものの、それでも共和軍の的存在としてガイロス帝国との間で巻き起こった大陸戦争終結まで活躍した。

しかし、惑星Zi大異変の影で大半のウルトラザウルスが絶滅に追いやられ、大統領専用機とされる1機だけが保存されるのみであったが、その後の第二次大陸戦争での苦しい戦況を打破するために派遣が決定。幾度もの修を経つつ西方大陸から暗黒大陸での戦いまで共和軍が快進撃を続ける大きな原動となった。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2037年ロールアウト。ハーバード・リー・チェスター博士揮のもと開発が進められて完成する。
しかし、その存在は事前にゼネバス側に察知されており、帝国工作員であるスパイコマンドエコーによって1号機が奪われる事態が発生。あわや共和首都がこのウルトラザウルスの手で攻撃されそうになるも、ロイ・ジー・トーマス中尉の活躍で奪還に成功した。

その後、このウルトラザウルスを倒すべく生み出されたアイアンコングMk-2に襲われるが、同時期に生み出されたゴジュラスMk-2の活躍によって難を逃れる。

それから後はこのウルトラザウルスを前面に立てた大攻勢の末にゼネバス帝国首都を包囲し、ついに陥落させるもゼネバス北方のバレシア基地に逃亡、さらに暗黒大陸へ逃げようとしたゼネバスヨハン・エリクソン大尉の操る本機が撃墜しようとしたが、ダニーダンカン操縦のサーベルタイガーに阻まれたため失敗。ゼネバス暗黒大陸逃亡を許す事になる。

ZAC2042年にゼネバス中央大陸に舞い戻ってくるまで量産が推し進められ、各戦線に配備されていたが、それから3年後のZAC2045年にデスザウラーがロールアウト。かつてヨハン・エリクソンに倒されたダニーダンカンであるトビーダンカンの操るデスザウラーによってヨハン機は敗北、それを皮切りにウルトラザウルスの優位性は尽く失われる事となり、共和は一気に不利な状況に追い込まれた。

それでも共和母艦としての生産と運用は続き、デスザウラーが苦手とする上では無敵を維持して制権を確保。大陸戦争では輸送用改造などの生機も生み出されてマッドサンダーをはじめとする新ゾイド支援し、終戦まで戦線を支え続けていた。

ZAC2099年では惑星Zi大異変により配備数は減、現在ではウルトラザウルスは大統領専用機の一機を残すのみで戦としては数えられていなかったが、西方大陸における第二次大陸戦争において帝国軍との戦いに決着をつけるため西方大陸派遣されるとそこで大規模な改造を受け、そしてこのウルトラザウルスの活躍によって共和軍は西方大陸での戦いを制する事に成功した。

その後は暗黒大陸派遣艦隊の旗艦として暗黒大陸に向かうが、帝国軍の奇襲にあって強電磁場のが吹きすさぶダラスに逃げこむ羽になり沈没の危機に陥るものの、どうにか暗黒大陸への上陸を果たす。

ガイロス帝国との戦いが終結した後はネオゼネバス帝国が支配するようになった中央大陸に残存部隊を率いて帰還していったが、その後このウルトラザウルスがどうなったのかは不明である。

アニメ

アニメゾイド -ZOIDS-』と『ZOIDS新世紀/ZERO』に登場。
両作品においてはキット設定と違い全長数m以上の大きさを持つホエールキングクラス巨大ゾイドとして描かれており、内部には大ゾイド50機以上も格納できるほどのペイロードを有しているとされる。

帝国と共和ガーディアンフォース設立と同時に秘密裏に共同開発した最終決戦プログラム用のゾイドで、それまでウインディーレイクの人口の底に沈められていたが、ヒルツの操るデススティンガーの猛攻により、首都をはじめ軍の要施設を尽く失った共和軍が臨時の軍部として使用するため起動が決定した。
巨大過ぎるがゆえ起動には時間がかかり、あわや動き出す前にデススティンガーに破壊されそうになるが、寸前の所で起動に成功し、デススティンガーの追撃を振りきって帝国領内へ逃げ込んだ。

そこで対デススティンガー用の切り札として口径25m、身長16口径(400m)の規模を誇る重力ラヴティカノンGC”を搭載。
一度はバン達との連携でGCデススティンガーに命中させる事に成功し、撃破したかに見えたが、アンビエントデススティンガーを再生させたため仕留め切る事はできず、さらにこのデススティンガーをも取り込んだデスザウラー全体(オリジナルデスザウラー)にはGCさえも通用しなかった。

しかし、最後にはこのGCでバンのブレードライガーを撃ち飛ばす事でデスザウラー重装甲を貫通させ、その勝利に大きく貢献した。


/ZERO』ではゾイドバトル連盟本部として登場。

見たレイアウトは変わっていないが、新たな独自装備として全方位カバーする強なEシールドが搭載されており、バックドラフト団が放ったデススティンガークラス荷電粒子砲も防ぐ事ができるようになっている。

さらに本編終盤で開催されたロイヤルカップの決勝戦の場は朽ちたもう一機のウルトラザウルスの残骸の上であり、そこでビットのライガーゼロベガバーサークフューラーの最終決戦が繰り広げられた。
この棄されていたウルトラザウルスはGCのものによく似た巨大砲を装備しており、無印との歴史的つながりが示唆されている。


主な機体バリエーション


ケンタウロス

ウルトラザウルスの胴体にゴジュラスの上半身を被せ、そこにゴルドスの背鰭、サラマンダーを装備した機体。
四機種の長所を併せ持った極めて強ゾイドで、総合戦闘力デスザウラーをも上回るとされている。
しかし、制作にはこれらの巨大ゾイド四機を潰さねばならず、大統領専用機としての一機しか作られなかった。

ウルトラザウルス・ザ・デストロイヤー

ウルトラザウルスに大砲1200mmウルトラキャノンを搭載した仕様機。
一撃で一都市を吹き飛ばす事ができるほどの威を誇るとされるが、その分発射の反動も凄まじく、ゴジュラスが二機掛かりで押さえ込まないとウルトラザウルスですら転倒してしまうと言われているトンデモ兵器でもある。
それでもこの攻撃により帝国軍は全に追い詰められ、西方大陸戦争は共和軍が制する事になった。
製作者は夢想癖で有名な共和の某科学者(ドクターディ?)であるとされる。

ウルトラザウルス・ザ・キャリア

ウルトラザウルス・ザ・デストロイヤー暗黒大陸上陸作戦用に装した機体。
背部に大きな飛行甲や対武装など増設する事により、航空戦艦としての運用が可になっている。


関連動画



■sm144461[ニコ動]

■sm9520113[ニコ動]
■sm11005304[ニコ動]
■sm8859691[ニコ動]


関連商品


■azB00783M6E0
■azB005NNDBO6


関連項目



最終更新日: 18/12/05 00:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ