ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルトラマグナス


ヨミ: ウルトラマグナス
掲示板をミル!
39カキコ!

ウルトラマグナス(Ultra Magnus)とは、「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編」及びその後のトランスフォーマーシリーズに登場するトランスフォーマーである。所属はサイバトロン、役職はティコマンダー。初登場時はスクランブルシティ建設の揮を担当していた。


概要



スクランブルシティ発動編~ザ・ムービー


「シティコマンダー」の肩書きの通り、当初はスクランブルシティ建設の揮、その後サイバトロンティに異動し、デストロン襲撃の際には防衛の揮を執り、パーセプターブラー、アーシー、スプラングなどに示を飛ばしていた。 しかし、彼らの奮戦むなしく、デストロンの侵入を許し、サイバトロンティは破壊されてしまう。その後メガトロンとの闘いで致命傷を負ったコンボイからリーダーである「マトリクス」を受け取る。しかしあくまで自分は一介の戦士にすぎず、自分がマトリクスを受け取るのはふさわしくないと感じていたようだ。

デストロンから逃れジャンキオンに到着するまで揮をとり続けるものの、再びデストロンの襲撃にあい、彼は他の仲間を先に逃がし、自分はマトリクスのを用いて活路を開こうとする。しかしマトリクスは発動せず、ガルバトロンに破壊され、マトリクスを奪われてしまうが、後にジャンキオンの手により復活する。

結局、マトリクスはあの「イカ暴走族」と言われた青年ホットロディマスが取り返し、同時に彼が「ロディマスコンボイ」として官の地位を受け継ぐことになり、ウルトラマグナスは短期間の官代理で終わった。


2010~ザ☆ヘッドマスターズ


その後はサイバトロンNo.2として、経験不足のプレッシャーに悩むロディマスを支え続けた。時にはロディマスがいる場面でも、ウルトラマグナスが揮を執っていることがあった。ロディマスとの仲は良好で、お互いタメ口で話し合う関係であった。ライバルデストロン航空参謀サイクロナスであり、お互いNo.2として苦労している立場でもあった。

宇宙ペストにかかり、闘争本覚めてしまった際は「ヒヨッ子ロディマス!」と言いながら彼を集中攻撃しており、ファンからは良くネタにされる。

ロディマスが遠い宇宙立ち、総司令官の座がフォートレスマキシマスフォートレス)に移ったあとも、ウルトラマグナスはメトロレックスティコマンダーとしてフォートレスを補佐していたが、その彼の前にシックスショットが現れ、彼との対決の末、命を落としてしまうことになった。


コンボイの謎


彼の初登場作である「ザ・ムービー」は日本国内では劇場開もTV放送もされず、代わりに「トランスフォーマー コンボイの謎」と言う名前のゲームが発売された。このゲーム主人公はウルトラマグナスであるが、ゲーム上における彼は非常に虚弱体質で、スカイワープビーム一発ミスになるという代物であった。しかも、そのナルビームがゲーム上では数ドットで表現されているために非常に見づらく、開始数でやられてしまい、あっけなくゲームオーバーになってしまう例が多発した。

そのため、ウルトラマグナスはものすごく弱いのではないか?と思いこむ子供達が発生し、ウルトラマグナスの戦闘力に対する評価を微妙な物にしてしまっている。

しかし・・・ゲーム上での強さはともかく、テレビでは彼が中心になって話が展開されることも多く、またそれなりの活躍を上げていたこと、そしてNO.2としてロディマスに振り回される姿が共感をよび、シリーズの中でも屈人気を得ている事は紛れもない事実である。


声優


日本における担当声優銀河万丈(『スクランブルシティ発動編』)、速水奨(『ザ・ムービー』、『2010』、『トランスフォーマーテレホン』)、大塚芳忠(『ザ☆ヘッドマスターズ』)、相沢(『ザ・リバース』)と変動がしい。PS2ゲーム版『トランスフォーマー』ではバリー・ジャーディが担当。

版の声優ロバートスタック(『ザ・ムービー』)、ジャックエンジェル(『2010』、『ザ・リバース』)。


白コンボイ


彼の玩具は元々、ダイアクロンの「パワーコンボイ」という玩具のリカラーであり、その内容はコンボイが、キャリー部の変形した装甲を身にまとった姿であった。しかしアニメにおいてはこの設定?は採用されず、コンボイトレーラーキャリー部が一体となってウルトラマグナスに変形している。

しかし、アメコミでウルトラマグナスがコンボイの姿で登場することもあるなど、半ば公式設定となりつつある。「なぜコンボイと同じボディが二つ存在するのか?」と思うかもしれないが、同形のキャラが3人いるジェットロンスタースクリームスカイワープサンダークラッカー)など、トランスフォーマー世界では特に問題のないことである。少なくともG1世界では、たとえボディ形状が同じでも、色と名前さえ違っていれば別人なのである。


その他のウルトラマグナス


カーロボット」では、ファイヤーコンボイとして「機動隊ゴッドマグナス(Ultra Magnus)」が登場。当初はエネルゴンマトリクスを巡り仲が悪かったが後に和解。ファイヤーコンボイ合体してゴッドファイヤーコンボイになるが、ゴッドマグナスは当初、合体することでその体を乗っ取りファイヤーコンボイのマトリクスを奪う予定だった。

マイクロン伝説」でも「惑星参謀ウルトラマグナス(Overload)」が登場し、(マイクロン伝説における)コンボイ合体することでマグナコンボイに、ジェットコンボイに合体することでマグナジェットコンボイになるが、出番は非常に少なかった。

スーパーリンク」の海外展開である「Energon」の玩具展開のみのキャラクターとして登場。玩具自体は「マイクロン伝説」版の色を変更し、マイクロン3体をを追加した物で、日本でも店舗限定で販売された。英語名もウルトラマグナス(Ultra Magnus)である為、「マイクロン伝説」版との関係はないものと思われる。

アニメイテッド」において、ウルトラマグナスはサイバトロン軍事部隊「エリートガード」のリーダーを務めており、オプティマスプライムよりも階級が高く、サイバトロンのNo.1である最高官の座に就いている。また。アニメイテッドでの彼はトラックキャリーカーの形ではなく、ミサイルコンテナ付きの軍用トラックに変形する。今までのウルトラマグナスはどの作品においてもNo.2の地位に甘んじていたが、この作品ではNo.1になっており、ウルトラマグナスの中では異例と言える。声優銀河万丈。原版はジェフグレンベネット

「プライム」においてはビーストハンターズより登場し、オートボット仲間となる。ガチガチの石頭軍人であり、極端に堅物となったハートマン軍曹のようなキャラです。上官に対する礼儀がなっていないと叱られる、サー。レッカーズとの相性は最悪で、丸くなったバルヘッドはともかくホイルジャックとは特にの仲だった。オプティマス行方不明になった際臨時で官となったが、オプティマスが帰還すると素直にその座をかえした。その後も副官としての立場としてディセプティコンと戦っており、相変わらずの石頭っぷりで仲間とやや距離があったが、戦いの中でホイルジャックの流儀に理解を示し、家族という概念を学ぶなどかなり丸くなっている。声優マイケルアイアンサイド


関連動画



■sm14044128[ニコ動]

■sm21695211[ニコ動]
■sm26278231[ニコ動]

■sm2217843[ニコ動]
■sm5784391[ニコ動]


関連商品


G1マグナス

■azB00C8S1R1S
■azB00JWGI08C
■azB001FSJV5Q
■azB00XKK9PMQ
■azB000TUFHWC
■azB001F0YFX2

アナザーマグナス

■azB0012TXQ6I
■azB008F5VA0G
■azB003I4DRPU
■azB00A7KR2UE

■azB00V203ZXQ
■azB0157OFGH0

KINKYU SHIREI

■azB000068GYP


関連コミュニティ


■co3663


関連項目



最終更新日: 15/10/27 23:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ