ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルトラマンタロウ


ヨミ: ウルトラマンタロウ
掲示板をミル!
330カキコ!

「ウルトラマンタロウ」とは、「ファイヤーマン」「ジャンボーグA」と並んで円谷プロ創立10周年記念番組として制作されたウルトラシリーズの6作であり、1973年4月6日から1974年4月5日にかけてTBS系列で毎週金曜19時に放送された特撮ヒーロー番組及び同作に登場する主人公の名前である。

53回。 

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]

概要


怪奇性やシリアスさが売りだったそれまでのウルトラシリーズに対する新機軸と視聴層開拓の為に、前作ウルトラマンAではほのめかす程度だったウルトラ一族の故郷「」を全面に出し、さらに、ウルトラの父ウルトラの母の実子で、兄弟最強パワーを誇るもまだまだ若手であるタロウ主人公に据え、彼らをとりまくウルトラマンの集団性を確立した作品である。

特に、それまでのシリーズと異なり、解りやすさを重視したような較的軽めな展開や登場怪獣・登場人物達のユーモラスさ、お気楽感のある防衛組織ZATの存在、に表現された特撮シーンや合成シーンにより、それまでのシリーズべて手な内容になっている。

※明るい作といっても、第11話「血を吸う少女の精」や第45話「い靴はいてた…」等の救われない陰湿な話や、ウルトラマンタロウの首が飛んだり、ウルトラマンタロウの身体がバラバラになったり、帰ってきたウルトラマンがしぼんだり、ゾフィーの頭に火がついたり、ゾフィーの頭に火がついたり大事な事なので2回書きました)といったショッキングシーンも多いところが結局のところ「円谷」であると言える。

このような作であることから、較的シリアスであった「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」を強く支持する層からの受けは非常に悪い。確かに、脚本の出来が貧弱だったり、造がダメダメだったり、あまりにお間抜けすぎる作戦や演出といった悪い点も認めざるをえないのは事実だが、ZAT基地等の関連商品も売れる等、解りやすくて明るい作ウルトラマンをより身近な存在として描けることを明した事は重要である。 

その他「ウルトラマンタロウ」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照[外部]

ウルトラマンタロウ
身長 53メートル
体重 55000トン
年齢 12000歳
飛行速度 マッハ20
CV 篠田三郎
(タロウ)
石丸博也
(ウルトラマン物語ギンガ)
野沢雅子
(ウルトラマン物語/幼少期)

No.6:ウルトラマンタロウ


ウルトラ兄弟六番戦士で、ウルトラの父ウルトラの母の実子。アストロモンスとの戦いで命を落とした青年光太郎(ひがし こうたろう)との命の融合によって誕生した新たなヒーロー

従兄弟ウルトラセブン譲りのいボディとシルバーマスクに、父親譲りの巨大なをつけたかっこいいデザインが特徴。

ウルトラ兄弟の中では若手であり、作中でも血気盛んな若者(と言うか人間体である東光太郎そのままの性格)として描かれるが、怪獣を許したり、復活させたりといった優しさも兼ね備えている。

必殺技の数々をもっており、まさに「強くて、明るく、爽やかで、優しく、暖かくて熱い心をもった」ウルトラヒーローである。 

なウルトラマンタロウの必殺技
トリウム 「ストーリウームこうせーん」と叫んでから放つタロウとなる必殺線。
スワローキック 中高くジャンプした後、急降下しながら放つ片足キック
変身直後に放つ事が多い。 
ウルトラダイナマイト 自らを爆弾と化して燃え上がらせての強な体当たり攻撃。
技使用時に自身も身体がバラバラになるが心臓事なら元に戻る。
なお、1度使用するごとに20寿命が縮む為、カタン星人にしか使用していない。
モットクレロン戦で使用。漬けにすることで分を排出して小さいサイズに戻した。
マジックハンド キングレスレットを変化させたもの。オルフィへその中の人を取り出すのに使用。
バケツ キングレスレットを変化させたもの。ベロンぶっかける際に使用した。

地球での最後の戦いとなったバルキー星人戦後、東光太郎合体したまま銀座の雑踏の中に消えたため、次の「ウルトラマンレオ」には登場しない。

明らかシルバー族である「ウルトラの父」と「ウルトラの母」との間に生まれたタロウが、どうみてもレッド族であることから「ウルトラの母浮気説」や「ウルトラの母不倫説」があったりなかったりするが、設定上「ウルトラの母」の血筋にウルトラセブンが繋がる事もあり、隔世遺伝ではないかと思われる。まあ、あまり難しく考えないほうがいいだろう。ちなみに、両親と異なる肌の色の子供が生まれた例は現実に存在する。 

ウルトラマンA趣味だったが、Wikipedia[外部]によると嫌いなものは饅頭。次に嫌いなものは「弱いものいじめ」普通逆なのではないかと筆者は思う


勇気ある青年:東光太郎


ウルトラマンタロウの人間体。腕につけたウルトラバッジをかざして「タローーー」と叫ぶ事で「ウルトラマンタロウ」に変身する。某チートライダーに名前が似ているが、関連性は今のところ確認されていない。

元は、世界中をしていたボクサー志望の風来坊で、オイルドリンカーの攻撃を阻止した功績からZATに入隊するも、密輸された後河原造作に植えていたチグリスフラワーが怪獣化したアストロモンスに殺される。

しかしオイルドリンカー戦での勇気ウルトラの母に認められ、ウルトラマンタロウと合体する事で甦り、怪獣と戦う宿命を背負った。

責任感が強く、憎めない(憎まれない!?)性格をしているが、個人プレーに走りやすく、後先考えない事もある。しかし時には白鳥さおりをからかい、時には白鳥健一を励まし、時には自転車に乗れない子の後押しをしたり、時には喧した兄弟の尊さを教える等、(当時の)現代気質な爽やか青年でもある。

光太郎マフラーをしているのは、ウルトラマンA篠田三郎氏が客演した際に、高峰二氏演じる北斗星マフラー姿をかっこいいと思った為である。(高峰二氏に確認をとった上で着用している)

ウルトラバッジは当初は胸につける予定だったが、変身ポーズの都合で腕につけることになった。主題歌に「胸のバッジいて~」と歌われているのは当初の設定の名残り。

なお普段の東光太郎は、白鳥姉弟と共に生活している。

白鳥さおり(しらとり さおり 演:あさかまゆみ(現:由美)(第1~16話)、小野恵子(第20話~)
19歳の女子大生で、船長仕事でほとんどにいないうえに母親もいない為、実質白鳥の切り盛りを一人で行っているしっかり者。こちらもどんなときも不思議なことが起こりすぎるライダーに出てきそうな名前だが、今のところ関(ry

白鳥健一(しらとり けんいち 演:斎藤信也
明朗快活で向こう見ずな小学5年生。光太郎タロウに憧れており、光太郎から教えられた強さと勇気を胸に強く生きていく決意をする。 

ウルトラの母
身長 40メートル 必殺技
体重 32000トン マザー
年齢 14万歳 十字
飛行速度 マッハ10 マザーシャワー

ウルトラの母


M78十字的存在である十字軍隊長タロウの実でもある。

エンペラ星人の大侵攻の際に「ウルトラの父」と出会い、終結後夫婦となって息子タロウとなるはずの命を東光太郎に与えた。

第1話の登場シーンでの爆乳ぶりに定評がある

ライブキングにてこずる息子を手助けしたり、バードンに倒された息子を甦らせたりした。

第1話に登場したおばさん(演:ペギー葉山)が、ウルトラの母ではないかとの説があるが、劇中では詳細には描かれていない。

また、同じシルバー族であると思われる「ウルトラの父」との間に、あきらかにレッド族のタロウが生まれている点についてはお察し下さい ・・・隔世遺伝ってですね。きっと。

ウルトラの父
身長 45メートル 必殺技
体重 50000トン クレセントショット
年齢 16万歳 ウルトラアレイ
飛行速度 マッハ15 ウルトラクラウン

ウルトラの父 


M78宇宙警備隊大隊長タロウの実でもある。

怪獣軍団を操ってに侵攻したエンペラ星人を倒した英雄で、戦闘で負傷した際に「ウルトラの母」と出会い結ばれた。

ウルトラマンAでのヒッポリト星人戦等、やたら威厳があって強そうな見たの割に実際の戦闘ではあまり活躍しているようには見えないが、本シリーズでは、モチロン戦やリンドン戦等で息子をたしなめたり、息子の不手際の処理をしたりしている。どこの世界父親子供に甘いって事か。


ZAT


ZATとは、「ZARIBA of ALL TERRESTRIAL」の略で、ニューヨーク国連内に本部を持ち、フランス南アフリカ、極東、アメリカ北極アルゼンチンの六ヶの支部と、ZAT第1ステーションらの宇宙基地を保有する防衛組織。ウルトラマンタロウと共に地球を守る為に戦う隊員達が所属している。ちなみにZARIBAという聴き慣れない言葉は、アフリカ北東の言葉で「集落を守る生け垣」という意味。つまりZATとは「全地球を守る防」という程度の意味であろうか。

主人公:東光太郎も所属する極東支部は、千代田区ヶ関1丁1番地の地上数メートルにある本部と地下部分で構成されており、本部は緊急時に離脱可。基地自体に武装はされていないので緊急時にはホントに逃げる。

日本支部については、隊長朝比奈勇太郎をはじめアットホームな雰囲気で、副隊長以外は基本的に緊感がく(副隊長もあくまで他の隊員にべての話)、スカイエールからコショウをばらまいたり、間違えて怪獣虫歯をひっこぬいて大暴れさせてしまったり、バードンに大量のとりもちをぶちまけたり、スカイエール内で醸造したをぶちまけたりといった愉快な作戦を行ったりする。歴代の防衛組織の中でも、スーパー戦隊シリーズで言うところのカーレンジャーな印が強い。そのためかTACほどではないがコスモリキッドムルロアドロボン等を倒せるだけの高い戦闘を誇るにもかかわらず、それらが全く印に残らない組織である。 


次へ»
最終更新日: 16/07/18 06:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ