ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ウルトラマンパワード


ヨミ: ウルトラマンパワード
掲示板をミル!
132カキコ!
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]

ウルトラマンパワードとは、円谷プロ創立30周年記念にハリウッドスタッフを使用して初代「ウルトラマン」をリメイクした海外展開メインウルトラシリーズ日本語タイトルであり、同番組の役のウルトラマンの日本での名称である。

 

「私はM78からやって来た、銀河平和を守る為の組織に属する者だ」

 

アメリカ放映後、内では1993年12月5日1994年8月25日発売にかけてビデオパッケージとして発売され、更に1995年4月8日1995年7月1日にかけてTBS系列土曜1730台にTV放映されていた。全13話。 


概要


本作は、オーストラリアとの合作ウルトラマンGウルトラマングレート)」に続く海外展開用の作品で、同作の成功を経て企画されハリウッド製作された「をしたウルトラマン」である。

英語版の原題は「ULTRAMAN THE ULTIMATE HERO」。

ハリウッドの技術によって初代「ウルトラマン」をリニューアルリメイクした作品で、撮影は全てアメリカで行われた作品だが、脚本やコンテ、キャラクターデザインは全て日本側で行っている。

ウルトラマンパワード基本的には初代「ウルトラマン」に登場した怪獣エピソードを用いて場所と舞台を変更し、海外向けに設定や描写に海外らしい味付けを加えたものであり、撮影済映像を転用する「パワーレンジャー」とは異なり、映像面では海外製作オリジナル作品である。

怪獣のリデザインについては、後に「平成ガメラ」「エヴァンゲリヲン劇場版」「シン・ゴジラ」等を手掛ける若手時代の前田真宏が担当。日本市場性を考慮したデザインからは一線を画すデザインとなっている。地球産のものはより生物的な意格が取り入れられ非常にかっこよくなったものや、より特徴的な外観になったものが多く、宇宙産の怪獣人はより異形の生命体にリアレンジされており、前田く「昆虫系で統一した」と称すシャープデザインをしているのが特徴。

また世界観については作中、ケムラー登場時に「27年前に日本に出現(ウルトラマンの放送時に合致)」と説明される等、初代「ウルトラマン」と本作の世界観の共通性を明示するような描写もあるが、共通した世界である事が設定されている訳ではない(W.I.N.Rは初代ウルトラマンの存在を知らなかった事等から)。

キャストではケンイチカイ役の演は「忍者戦隊カクレンジャー」で当時知られたケイン・コスギが演じた事で知られる。また原版(英語版)ではウルトラマンパワードのショーコスギが担当しており、同氏にとっては「カクレンジャー」に続く親子共演作品でもある。その他にも、後にアメリカ映像製作会社を起業する女優時代のロビンブライリー(ジュリーヤング役)等も出演している。

なお映像媒体は長らく当時発売されたVHSLDの発売に留まっており(書籍「ウルトラマンが泣いている」によれば、ハリウッド側との権利関係の問題も発生していたらしい)DVD化も見送られていたが、現在2017年3月に発売されたBlu-rayBox等で視聴が可である。


製作の苦悩・評価


本作は海外制作における意思相通の齬により、現場とプロダクションとの苦悩があったことも様々な書籍媒体・インタビューで回顧されている。

まず着ぐるみメイン職人芸な連携技等を駆使する日本独自の怪獣の撮影と、未経験のハリウッド側での怪獣の撮影に対するノウハウのさもあり、従来よりもアクション面での物足りなさが注されてしまったことは事実である。しいパンチキック、投げ飛ばすといったアクションが少ないことに関しては、アメリカ子供向け番組では暴力等の規制が厳しいための苦の策であるとされる。

また特撮に関しても、ミニチュアの造詣技術が製作初期から課題として浮き彫りになっていた。

ご覧のとおり、今回のウルトラマンにおける最大の問題点はミニチュアである。
アメリカスタッフに与えられた予算、時間、資質、の問題から作れるミニチュアはこれが限界なのだ。
       製作当時の樋口嗣のメモ(「ウルトラマンパワードBlu-rayBox」より抜

当初は製作現場の状況を内でチェックしていたスタッフだったが、クオリティ危機感を覚え急遽渡することになったという。それは第1話における高層ビルミニチュアの造詣(上記のお絵カキコ背景を参照)に関してであり、危惧した円谷側から渡部プロデューサーをはじめ、怪獣メカを担当する樋口嗣、三池敏夫らが助っ人として派遣された。
だが、ハリウッドでは仕事に対し分業制が確立されていて、お互いの仕事の領分を越えないハリウッド方式と、撮影チーム一丸となって足りないところを協して補うスタイル日本方式との違いにもとまどったと言われている。そのような状況ではあったが、渡した日本スタッフ達は予算の追加を掲示し材料を用意させ、第1話で使われたミニチュアを樋口・三池以下のスタッフが現地で修繕いは新造したものが使用された(「ウルトラマンパワードBlu-rayBox」内のインタビューより)。
実際、次に町のセットが登場する第4話以降は、ビルやクオリティ日本特撮作品とも遜色のいものとなっており、アメリカ特有の大告や外階段つきのしっかりしたビルが登場している。

また顔出しもしくは口元が露出していることがほとんどなアメコミヒーローとは異なり、独特のアルカイックスマイルをたたえるのみで表情によって感情を読み取る事ができないウルトラマンパワードは、アメリカでは決して大人気といく結果は収められず、製作初期の構想にあったシリーズ企画も立ち消えとなった。

ただし、もがリメイクすることをする日本の巨大特撮ヒーローウルトラマン」を、オリジナル版放映当時よりも進んだ映像技術と、時代をえて洗練されたデザインセンスを元にリメイクし、単なる焼き直し・流用・転用のに収まらない独自性を加えた内容として作りきっている点は評価すべきところである。脚本もリメイクオリジナリティを押し出しつつも日本製作しただけあり節々で原作リスペクトを伺わせる内容となっており、内容もアメリカ番組にありがちな2、3話を跨ぐドラマではなく日本的な1話完結フォーマットに則ったものであり、海外製作だが違和感は少ない。
当時は停滞期だったものの、ウルトラシリーズが時代を越えてを顕在であることをこの時期に示した作品と言っても過言ではなく、実際本作のTV放送が起爆剤になったこともあって、「ウルトラマン80」で遺恨となっていた円谷プロTBSの関係が修復され「ウルトラマンティガ」の企画スタートしたとも言われている。

またミニチュアワークには課題を残したものの、過去に「スター・ウォーズ」のデススター爆発シーンなどを手掛け、本作の後に「インディペンデンスデイ」等でアカデミー賞にもいた火演出のプロジョセフ・ビスコーシレ氏が参加していることもあり、火ダイナマイトを贅沢に用いた爆発シーン(特にザンボラー襲来シーンでは周りのミニチュアのや木まで燃やす演出もあり必見である)、ほぼ全編屋外撮影の壮大なバトルシーンなど、日本特撮とは違った雰囲気の良さについても好評を得ている。

ウルトラマンパワード
身長 55メートル
体重 58000トン
年齢 15000歳
(旧設定では13000歳)
飛行速度 マッハ27
スーツアクター Scott Rogers
ショーコス

大塚明夫

青い目の巨人ウルトラマンパワード


バルタン星人から地球を守る為にM78からやってきた銀色巨人

オリジナルウルトラマンとの大きな違いは「い(眼)」である事で、シルエットは類似しているが体格もやや異なり、筋肉質である。感情が高ぶるとくなる。

お約束通り、戦闘時間は3分間で、エネルギーが残りすくなくなるとカラータイマーからに点し、周囲が緑色に点滅する。そのため地球での活動時間延長の為に、ケンイチカイとプライベートについて干渉しない(心を覗かない)事を約束して同化した。

個人の権利をきちんと守るのはやはりアメリカだからか。

ドラコとの戦いで傷つき、カイと分離して臨んだゼットンとの戦いでエネルギー切れで相打ちになった後、最終決戦を戦い抜いて迎えに来ていたい球と共に宇宙に帰っていった。

歴代のウルトラマンに登場するシルバー族の中でもシルエットは基本を踏襲しているのに外観は特徴的な為、並んでも割と立つ存在である。

ウルトラマンパワードの必殺技
メガスペシウム光線 腕を例のかたちに組んで放つ必殺線。
ダイナマイト200万発分で、ウルトラマンスペシウム光線の5倍。
ゼットンにはやっぱり正面からは効かなかった。
パワードスラッシュ やや小ぶりの八つ裂き輪。
エナジーナック 手のから放つの弾。
拝み倒しテレパシー 森林伐採に怒る地球からの使者ザンボラーさんを説得時に使用。

 W.I.N.R.


W.I.N.R.(ウィナー)とは特別調ネットワーク機関Worldwide Investigation Network Response」の略称で、怪獣や異人による事件の調・対応をとする所謂防衛隊。アメリカ支部はカリフォルニア州ロサンゼルス郊外に基地があり、対怪獣攻撃用の戦闘機ストライクビートル」や、全長300メートルを越える宇宙を航行可な巨大母艦スカイハンター」等を使用する。 


次へ»
最終更新日: 18/07/02 13:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ