ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エアーズロック


ヨミ: エアーズロック
掲示板をミル!
24カキコ!

エアーズロックとは、オーストラリアに存在する巨大な一枚岩である。しばしば世界一大きな一枚岩とされるが、実際には2,000kmほど西にあるマウントオーガスタスの方が2倍近く大きい。世界遺産に登録されている。


もしかして?


エアーズロック(ハワード的な意味で)


概要


オーストラリアのほぼ中央部に位置する巨大な一枚岩。『地球へそ』と呼ばれることもある。

ウルル(エアーズロック)

もともとはオーストラリア先住民アボリジニ聖地であり、現在でも所有権はアボリジニにある。アボリジニ側の呼称は「ウルル」。エアーズロックという名称はオーストラリアを探検していた冒険がこの岩を発見した際に当時のオーストラリア総督エアーズにちなんでつけたもの。

現在では観光名所となり、2019年以前は世界中から人が押し寄せエアーズロックへの登山などが盛んに行なわれていた。

が、本来はアボリジニ聖地であるため、アボリジニ達は勝手に聖地に入られることを嫌っており、入場禁止を訴えていた。その運動が実を結び、2017年11月2019年から登山全に禁止されることが発表された。

2019年10月26日には予定通りエアーズロックは登山禁止となり、アボリジニたちは歓迎した。

創作世界のエアーズロック

現実世界の存在の大きさから創作世界でもよく題材として取り上げられる。


ドラゴンクエストⅢ


現実世界地図を模した世界オーストラリア大陸に当たる大陸のほぼ中央というそのままの位置に、「地球へそ」というダンジョン名で登場。

このダンジョンに一度に入る事ができるのは一人だけと決められており、聖地であるということを意識していると思われる。名前もそのまま。


■sm4756770[ニコ動]


機動戦士ガンダムSEED


オーストラリアに対する軌上からの降下作戦に「エアーズロック降下作戦」という名称が使われた。

実際にはエアーズロックを直接攻撃するものではなく、オーストラリア中央に降下して海岸線に位置する敵基地を味方軍とともに挟撃するという作戦だった。


ストリートファイターⅢ


2nd豪鬼エンディングにて、豪鬼スーパーアーツ金剛」でエアーズロックを破壊。その強さを見せ付けた。

■sm1601939[ニコ動]

12:00から


ハヤテのごとく!


劇中に登場する漫画世紀末伝説 マジカルデストロイ』(著:三千院ナギ)にて、エアーズロックの中からアリ製装置なるものが発掘される。


機甲戦記ドラグナー


面のマスドライバーから巨大な岩塊が射出されエアーズロックを粉砕するシーンがあり、その破壊の規模から地球連合に大きな脅威が迫りつつあることを暗示する。


黄金の太陽 失われし持代


そのまま「エアーズロック」の名称でダンジョンとして登場、外見もほぼそのまま(ただし色は黄色っぽい)。オーストラリアおよびオセアニアモデルにしたと思われる「オセニア大陸」中央部、ポピーチー村の近くにあり、ここでのエナジスト・イワンが「イマジン」を習得することができる。

その名前からかエナジーに関係付けられ(エアーair)、黄金の太陽世界にはエアーズロックに色以外の外見がそっくりでそれぞれ地、、火のエナジーに関係する「ガイアロック」「アクアロック」「マグマロック」が登場する。なお実際のエアーズロックの名前は発見当時のサウス・オーストラリア植民地総督ヘンリーエアーズ(Henry Ayers)からで、空気air)とは関係ない。


キン肉マン


完璧超人始祖ザ・マン超人閻魔)とゴールドマン悪魔将軍)の修行の場であった。
もともとは巨大な岩山であり、二人の修行しさのため徐々に地形が削れて現在の形になったと言う。

ザ・マンが「グロロロ」と叫びながら修行をつけていたため、人間たちはその山を「グロロ」と呼ぶようになり、それが「ウルル」に発音変化したというオモシロ起源説も登場。


関連動画


■sm6518185[ニコ動]
■sm1699322[ニコ動]


関連商品


■az4776518260
■azB004782DOW
■az4478057648


関連項目



最終更新日: 19/10/28 23:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ