ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エイリアン


ヨミ: エイリアン
掲示板をミル!
245カキコ!

エイリアン(Alien)とは

  1. 「よそもの」をす英単。もっと細かく言うと「外国人」「異世界人」「異人(地球外生命体)」などをす。
  2. SF映画「エイリアン」シリーズのこと。
  3. 2の映画に登場する、地球外生命体のこと。

もしかしてありえん(笑)

もしかしてナユタン星人による初音ミクオリジナル曲該当記事エイリアンエイリアン / 初音ミク」を参照

この記事では2と3について記述する。


エイリアン (映画)


In Space, No One Can Hear You Scream.宇宙では、あなたの悲鳴はにも聞こえない)

1979年開されたSFホラー映画
1980年52アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。第11回星雲賞映画演劇部門賞受賞。

惑星間での物資輸送が当たり前となった近未来地球に向けて航行中の宇宙船ノストロモ号が辺惑星で出会った宇宙生命体によって乗組員を一人またひとりと殺されていく恐怖を描いた作品。
監督リドリー・スコットと美術造形担当のH.R.ギーガーによって生み出された先鋭的で洗練された世界観やデザイン、未知の生物に追い詰められる恐怖描写は今なお評価が高く、SFホラー映画として評価されている。

世界中で大ヒットし、監督などのスタッフ女優のシガニー・ウィーバーは大いに名を上げ、続編やスピンオフ作品などが多数作られる人気シリーズとなった。
今作以降「エイリアン」の言葉のイメージが大幅に変わってしまい、空港などの施設で外国人して「エイリアン」と表記していた箇所を別の表記に修正するハメになったという。

2003年には、未シーンなどを加えたディレクターズ・カット版が開されている。


ナンバリングタイトル


現在、4作まで製作されている。
主人公はほぼ一貫して、1作同様にエレン・リプリーであり、全てシガニー・ウィーバーが演じている。


『VSプレデター』シリーズ


80年代になって製作され、宇宙生物が登場する映画として同様に人気を博した『プレデターシリーズとのコラボレーションが、何度か行われている。
当初はアーケードゲームアメコミで展開されていた(特に日本ではカプコンが開発したアーケードゲームがとみに有名)が、2000年代人気ホラーキャラクターコラボ映画である『フレディvsジェイソン』が成功したことを受けて『エイリアンVSプレデターシリーズが2作製作された。

時系列的には『プレデターシリーズと『エイリアン』シリーズの中間に位置し、現代の地球舞台となっている。
いずれも全世界で1億ドル以上を稼ぐヒットを記録しているが、両方のシリーズ矛盾を生む独自設定を加えたり、南極に文明があったなど理のある設定を用いたことから、映画作品としての評価はあまり高くない。


『プロメテウス』


2012年開。
再びリドリー・スコットメガホンを撮った作品で、シリーズプリクエルに当たる。

西暦2089年、人類をはじめとする地球生命の起たりうる、いわばシードマスターの存在を示す遺跡を発見した人類は、そのデータし示す未知の惑星へと向かう。そこにいたのは、人類を駕する科学によって生み出された施設や宇宙船らしき建造物と、そのである「エンジニア」というべき宇宙人であった、というストーリー

1作に続く描写やエイリアンの起が描かれているが、いずれも微妙に1作とはずれており、全な前日譚とは言いがたい。繋がっているかどうかに関しては監督や他のスタッフ、配給側同士でも明確に共有できていない様子である。

続編となる『エイリアン:コヴェナント』はアメリカでは2017年5月19日開された。日本では2017年9月15日開。

『コヴェナント』では『プロメテウス』のその後を描いているが、エイリアンの起に直接的に人類が関わるようになっている。


その他


『3』から生した小説シリーズも存在しており、『4』には繋がらない別のストーリーとなっている。
地球がエイリアンによって壊滅し、人類は宇宙から反撃を開始するといった破滅的な展開が待っている。

2014年には、リプリーのアマンダを主人公として1作の15年後を描くホラーゲーム『エイリアン アイソレーション』が製作され、2015年内でも発売された。
『1』から『2』までの間に寿命を迎え彼女と生き別れることになるアマンダだが、今作では彼女の成人後の物語が描かれており、行方不明になったを追って、ノストロモ号のフライレコーダがあるはずの辺宇宙ステーションへと調に向かう。しかしそこはエイリアンが蔓延る恐ろしい間だった……というストーリー
1作シチュエーションを体感できる「オリジンミッション」なるモードもあり、シガニー・ウィーバーをはじめオリジナルキャストが招聘されている。

2015年第9地区』『エリジウム』を監督したニール・ブロムカンプが、新たなシリーズ作品のメガホンをとることが発表された。『プロメテウスシリーズとは別の作品になる予定。が、配給会社は「エイリアン:コヴェナント」を優先したため、こちらは企画が頓挫し、お蔵入りしたようだ。


余談



エイリアン(異星生物)


H・R・ギーガーデザインを担当。
その恐るべき変態過程と奇妙なデザインによって一度見たら忘れられないほどの強インパクト視聴者に残したため、世界中で「エイリアンと聞いたら『異人、ひいては(この映画の)エイリアン』をまず思い浮かべる」ようになってしまった。

ただし、一般
的には「エイリアン」という名で通っているが、これは一般名詞であるため、外のファンからは生物学的に「ゼノモーフ(Xenomorph)」と呼ばれている。 


生態


全作で共通している特徴は、

大体こんな感じ。
ちなみに1作製作時点でのリドリー・スコットの言では、「遠い宇宙で繰り広げられる争いの中で用いられる生物兵器の一種」だという。

プロメテウス』では、スペースジョッキー/エンジニア生物兵器が彼自身に寄生し、エイリアンが生み出されたシーンが描かれている。


よくわかるエイリアンの一生


一生のサイクルを表すと、おおよそ下記のようになる。

クイーンエイリアンが「エッグチェンバー」と呼ばれるを産み落とす。

エッグチェンバーは他の生命体が近づくと、頂点を展開して「フェイスハガー」と呼ばれる小生物を射出。

フェイスハガーは生命体の顔にガッチリり付いて仮死状態にしたあと、エイリアンの胚を体内に送り込む。胚を送り込むことに成功したら役を終えたフェイスハガー死亡、犠牲者の顔からスルリと取れる。

胚はフェイスハガーが寄生した生命体の遺伝子情報を取り込みつつ急成長し、「チェストバスター」と呼ばれる幼生体に成長。寄生した生命体の体内を食い破る。

チェストバスターは脱皮を伴う変態を繰り返し、成体に成長する。

ある程度個体数が増えるとそのうちの一体がクイーンエイリアンに変化する。

とまあ、なんともまだるっこしい生態メカニズムである。作った人もなんでわざわざこんな面倒な手順を踏ませるようにしたのだろうか。から直接孵るようにしてはマズかったんだろうか。

ただし、これは『エイリアン2』以降で確定した設定である。
初代では「捕えた獲物をエッグチェンバーに変える」という裏設定が存在するため、単体で繁殖が可である。その様子はディレクターカット版やギーガーの画集などで確認できる。

なお、映画『エイリアンVSプレデター』では、狩りの獲物をめるプレデターによって、銀河系の各惑星エッグチェンバーが持ち込まれていることが判明する。その中には地球も含まれている。


関連商品



ナンバリングタイトル


■azB0001FX9NE
■azB003CJSY2M
■azB0007TFBEE
■azB000O76Z12


AVP(エイリアンVSプレデター)シリーズ


■azB003N1652K
■azB0014B8AIS


関連書籍


■az4309905943


関連項目



次へ»
最終更新日: 17/11/03 21:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ