ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エクス・アルビオ


ヨミ: エクスアルビオ
掲示板をミル!
2459カキコ!

エクス・アルビオとは、いちから株式会社運営する「にじさんじ」所属のバーチャルライバーである。


概要


[画像][外部]
バーチャルライバー
エクス・アルビオ
基本情報
デザイン ケースワベ[外部]
年齢 20
誕生日 8月1日
身長 600兆180cm
タグ #生エビ[外部]生放送
#絵クス絵画[外部]ファンアート)
#エビオ[外部](彼について)
#即落ち英雄[外部]RTされたくない/R15ファンアート)
#絵クス絵画[外部]ファンアート)
#言いたいことがアルビオ[外部](話しかけたいとき)
#エビドラ[外部]パズドラの相談)
Twitter @ex_albio[外部]
YouTube エクス・アルビオ -Ex Albio-[外部]
OPENREC.tv エクス・アルビオ[外部]
配信歴

突如バーチャル世界に降臨した、異世界英雄。元の世界に戻る方法を探しているが、ゲームにハマってしまって滞り気味。

にじさんじ公式サイト紹介文より

令和初となるにじさんじ公式ライバーの一人で、にじさんじ初の英雄ライバー決して勇者ではない変わりしたばかりの少年にも聞こえる清感ある優しい質で、ルックスも穏やかな雰囲気の清楚イケメンにじさんじではこれまでいそうでいなかったタイプイケメンライバー。転生してからハマっているゲームとは『パズル&ドラゴンズ』であり、にじさんじではしくパズル&ドラゴンズ』配信を多く取り扱うライバーでもある。特技はピカソの本名の暗唱。

見た某著名ゲームに登場するキャラに似ているが、デビュー前まで元ゲームすら知らなかった。が、その手のネタマシュマロに対してちゃんと回答するために調べるうちに、該当キャラだけ詳しくなった。なお、非公式wiki編集者の中に熱心なファンが居るのか、非公式wikiにおける彼の更新速度と記事量についてはおそらく全メンバーの中でもトップクラスだと思われる(同様のライバー矢車りねが存在)。

ゲームセンスについては『パズル&ドラゴンズ』以外はそれほどやりこんでいないが飲み込みがい部類に入るので、配信中に上達するのも見どころの一つとなっている。が、マリオカート8DXなど、一部ゲームでは絶望的にセンスがなく、おそらく某お嬢様某女教師と実で対等に戦えるか惨敗するレベル。その実を逆に活用するためにマリオカート8DXにて1位を取るまで配信を続ける企画を実施したが、2戦1位を取る事故が発生し、々に企画を変更せざるを得ない事態に陥った。マリオカート以上に下手なのがモノマネと絵で、特にドラえもんモノマネリスナーをして素でドン引きするレベルの下手さ。色々な意味で覚悟が必要となるモノマネなので、ある程度キメてから視聴することを推奨する。ただし、逃走中ナレーションモノマネだけは妙に上手い。

また、コピペネタに弱いのか唐突にワザップジョルノネタコメントが埋め尽くされたときには配信に支障をきたすレベルツボってしまった。現在は耐性を作ったおかげでツボらなくなったが、これは一日中ワザップジョルノ動画を見続けて得たものである。


と、これだけならゲームが好きなファンタジー爽やかイケメンなのだが、


彼の本質はその性格にある。先輩の大福が同族意識を持つレベルクズっぷりで、高速手のひら返しと即時の謝罪(及び土下座)による三下クズムーブとちょっと捻た毒舌キャラというにじさんじレジスタンスにいてもおかしくなさそうなイケメン。ただし、ジワジワと押し寄せるシュールな言センスとによるリスナーとの脊髄反射トーク、時々見せるよわよわゲームプレイは一度ハマればクセになる面キャラでもある。

称はエビオ。今ではすっかり受け入れているが、当初は拒絶していた。受け入れすぎたせいでMiiを始めとした自身のアバター駄にエビに寄せた生命体になりつつあるのはご嬌。Twitterではシュールな言センスを遺憾なく発揮し、護られたい先輩に対しては容赦なく「護れる者と護れない者はあります」と切り捨て、仲間になりたそうに見ている椎名唯華に対しても自分の名前が『クズアルビオ』呼ばわりされることを危惧して断る、状況説明がないままピンチだとつぶやいた挙げ句になにかやらかしたので切腹を覚悟するなど、Twiiter芸人も多いにじさんじの中でも注となっている。

そんな彼の初コラボ配信はよりにもよってにじさんじレジスタンスの面々。その後のコラボでの様子から初対面の相手だと冷凍されたエビのような言動になりがちのようだ。ただし、赤メッシュに対しては容赦いつものクズっぷりと毒舌ぶりが発揮される。これは本人が尊敬している旨を伝えたが「え?何の話?聞いてなかったわ。お婆ちゃんの痛風の話だっけ?」と返された事から、今の対応に繋がったとのこと。

コレまで彼は仲間がいないまま英雄として活動していた事、ソロ配信がメインである為、コラボ配信では人見知りも手伝って持ち味であるクズっぷりを活かしきれず、辛辣な意見をもらって落ち込んだこともあった。だが、ソロ配信からコラボ配信に切り替わったあと、「一人でやっているときより何倍も楽しいですね」という言葉を漏らした時には初期から追っている英友の涙を誘う名場面となった。また、上手くしゃべれないときも摯に反して次に繋げるなど、配信者としての努も怠っていないのも魅

なお、名前がそれを連想させるからと言っていかがわしいサイトネタを用いてはいけない。


その英雄、クズである


詳細は非公式wikiを参照。前述のとおり、性格はあの椎名唯華が同族意識を持つレベルクズ公式設定が勇者ではないということのはそういうことだ。某ラノベ主人公較できるレベルクズなのだが、あちらのように良い人の一面が垣間見れるかは今後の配信やコラボ次第となるだろう。以下、非公式wikiからわかりやすいクズエピソードを抜する。

これでも椎名唯華とのクズ対決で大差で負けた英雄である。そんな彼の非公式Wiki記載の詳細と併せて読むと色々な英雄が見えてくることだろう。


ネタと仲間に愛される英雄


現在世界に移転する前は(本人は自分が強いからと言っているが)仲間がいなかったと発言していた。しかし、前述のクズムーブ以上に笑神様の寵を受けたり、プレイ内容から護欲をそそられるライバーから介護されたりと、ネタ仲間されている場面も増えてきている。こちらも詳細は非公式Wikiに譲るが、ここでは代表的なネタを取り上げる。


次へ»
最終更新日: 19/10/26 20:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ