ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エクセレン・ブロウニング


ヨミ: エクセレンブロウニング
掲示板をミル!
112カキコ!

エクセレン・ブロウニングとは、『スーパーロボット大戦シリーズに登場するキャラクターである。
CV水谷優子


概要


登場する作品はスーパーロボット大戦COMPACT2(初登場)、IMPACTOG1、OG2、OGsOG外伝第2次OGOGMD、X-Ω
COMPACT2、IMPACTではパートナーキョウスケ・ナンブとあわせて、もう一人の主人公と言える。
担当声優が逝去された後のX-Ωでは、ボイス実装されているが、ゲスト出演のためかライブラリ出演という形がとられた。

公式の乗機はヴァイスリッター、及びヴァイスリッターがとある理由で変質したラインヴァイスリッター
公式BGMは『白銀の堕天使』(はくぎんルシファー

なお『無限のフロンティアシリーズでは彼女モチーフにした主人公ハーケン・ブロウニング」が登場している。と思ってたらキッチリ関連付けられた人物でした。


人物


一見すると陽気な楽天で、自己アピールしくあけっぴろげ、ノリもひたすら軽くマイペース、困難な状況でも明るく笑い飛ばし、さらには敵部隊にもボケをかましたりする為、彼女がいるかいないかで部隊の空気が変わるムードメーカー的存在。
余程の事がない限りそのスタンスを崩す事はないが、その本質冷静かつ知的な女性公式設定)であり、時折垣間見える内面からは洞察が高く、思慮深い人物であることがえる。物事の本質見抜き、核心を突いた発言をすることも。
また時として現実的で冷淡とも思える台詞を口にすることもあるが、反面仲間達に対しては深い情を持っていたりと、いろんな表情を持つ女性

キョウスケ・ナンブとは人にしてパートナー。性格、、搭乗機体、あらゆる要素が好対照で、何かにつけて博打(および突撃)で解決しがちなキョウスケ私に渡りフォローしている。
キョウスケと二人でいる時は素の表情を見せることも多く、普段とは違った冷静な意見や弱気な面を見せることも。キョウスケ人の性格は把握しているようで、ボケスルーしつつもお互いに意見交換や精的なフォローを行っている。

本人は燃えるようながしたいらしく、普段は恋愛事や自分に対し素っ気ない態度を取るキョウスケに不満を抱いているが、本当はよりも彼を愛している。
また自身の予想を上回る事態には意外に弱く、キョウスケからストレート情を示された時や、思わず口走った本音を聞かれた時などは狽していた。

キョウスケギャンブル好きであることに対し、エクセレンはであり好き。自身はんでもほとんど酔わず、周りの酔っ払いを見て楽しむみ方を好んでいる。ハガネのダイテツ艦長とは友達であり、よくみ交わしている。

モデル顔負けのプロポーションとその性格から、コメディシリアスにお色気に戦場に、八面六臂の存在感を放つキャラである。


能力


パートナーとは反対に、高機動の射撃戦が得意。
その研ぎ澄まされた判断や冷静さで距離からの精密な狙撃・射撃を行い、敵を寄せ付けない。また操縦技術も非常に高く、機動性の低い機体で滞戦を行ったり、装甲がほとんど存在しない機体を扱ったりしているほど。
L5戦役におけるトップエースであり、ゼンガーにも「読みの深さはキョウスケ以上」と言われるほどの実を持つ。

その反面、格闘・接近戦は苦手。しかし声優ネタ等の影で格闘でも別の意味で大活躍。
「孤狼よ!我に力を!」

ゲーム的なは、パートナーがどことなくスーパー系よりな反面、こちらは全にリアル系で、射撃、命中、回避が高い。援護に関するが豊富で、特に援護攻撃で価を発揮するキャラクター
その性格ゆえか精神コマンドが独特で、命中回避系の精神コマンドが集中(命中回避30%アップ)のみで必中、ひらめきを覚えないことが多い。その為ボスに単独で攻撃する際には注意が必要。敵が強くなりだすと一般兵からも想定外の被弾があり得る為、回避に関する養成、改造は必須と言える。
また数少ない脱も習得する。第2次OG魔装機神勢が参戦するまではOGシリーズ一の脱習得者だった。


キョウスケとの出会い、そして……


※猛ネタバレにつき、反転します※

キョウスケとの出会いは士官学校時代、同じ宇宙シャトルに乗船し座席が隣同士になった事だった。
そのシャトルが衝突事故に遭い、キョウスケ以外の乗員は全員死亡となる大事故となる。

この事件でエクセレンとキョウスケ人生は、大きく二つに分岐する事になる。

死亡したエクセレンは、衝突事故の原因の地球外生命体「アインスト」にを付けられ、アインストの「働き」として生させられる事になる。本人はその事は覚えていない。アインストはその後、エクセレンを複製する形で「アルフィミィ」を生み出す。(スパロボCOMPACT2、IMPACT世界OGシリーズでは『こちら側の世界』で統一されている世界

アインストにを付けられたのがキョウスケの場合、キョウスケは別人のように変貌(別称アインスケ)し、彼女はそのまま死亡してしまう事になる。しかし彼女の両親は俗にいう「人造人間」の研究に携わっていたため、その技術でらせようとしたが、エクセレンとしての記憶と人格まで再生する事はできず、結果として同じ外見とをもつ別人が誕生する。
それが『スーパーロボット大戦A』で登場したレモン・ブロウニングであった。レモンもまた人造人間の研究に携わり、同作の主人公ラミア・ラヴレス、『無限のフロンティア』のハーケン・ブロウニングたちを生み出す事になった。
OGシリーズでは次元転移にて、エクセレンとレモン邂逅し、戦うことになってしまう。この設定は、レモンをエクセレンで撃墜した時のみられる。また、OGMDにおいては転移したハーケンと出会うことになり、関係性を疑われた。

おこの設定は、スパロボA及びムゲフロプロデューサー森住惣一郎氏が「おもしろそう」という理由で深く考えず、レモンにブロウニング姓を付けたため、OGシリーズを出す際寺田貴信プロデューサーが苦心して結び付けた後付設定らしい。
実は"Lemon"は英語で「欠陥品」や「傷物」という意味でも使われる単であり、"Excellent"(つまり「優秀」)に通じるエクセレンとは偶然だが上手く対として成り立っている。


ニコニコ動画でのエクセレン


キョウスケガッカリ具合とは裏に、エクセレンは多ボケパロディを繰り出すネタ女王として名高い。
しばしば「公式自重しろww」と言われる理由の3割ぐらいこの人のせい。
タグとしては「エクセレン劇場」で検索するとよい。


関連動画



■sm249517[ニコ動]

■sm1152026[ニコ動]
■sm19536816[ニコ動]
■sm673177[ニコ動]

■sm12667467[ニコ動]
■sm8356788[ニコ動]

思わず素を出すエクセ姉さん
■sm539579[ニコ動]

エクセレン劇場
■sm529787[ニコ動]
■sm594500[ニコ動]
■sm1988423[ニコ動]
■sm11663298[ニコ動]

お色気もわすれずに
■sm12314169[ニコ動]
■nm10812258[ニコ動]


関連静画


■im2352455(静画)


関連商品


■azB00005V8XK
■azB001ANDJ18
■az4840241554
■azB000C1S1HQ


関連コミュニティ


■co323


関連項目



最終更新日: 17/10/18 10:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ