ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エスターク


ヨミ: エスターク
掲示板をミル!
241カキコ!

エスタークとは、ドラゴンクエストシリーズに登場する地獄の帝王である。

進化の秘法」を生み出した本人。


概要



ドラゴンクエストⅣ


エスターク(リメイク版Ⅳ)初めての登場はDQⅣ中ボスとして。アッテムト殿で眠っている。ファミコン版では玉座で眠っているエスタークの前に立つと会話しで即戦闘に突入するが、リメイク版では戦闘前に「なに…やつだ……。 わが眠り… さまたげる者は……。」というわずかな台詞が追加されている。

戦闘に入っても最初は眠っていて、起きると不全なローテーションで行動する。眠っているときにぶきみなを発動させたりする。また、このときの彼の色は青色である。

高い攻撃と強なこごえるふぶきを扱うが、ラリホーマが高確率で効くという特徴がある。しかし、眠っている時のぶきみな連打の方が下手すれば起きているときよりしい攻撃になるため、素直に起こしておいた方がいいかもしれない。

天空城にある図書館にはエスタークについて書かれた本があり、その内容を天空人がって聞かせてくれる。それによると元々エスタークは魔族の王であり、「進化の秘法」を作り出して自らを究極の生物進化させた。このとき「腕輪」が不足していたために進化の秘法は全ではなかったという。そして、マスタードラゴン天空人たちがエスタークと戦い、エスタークを地下深くに封じこめたのだという。

だが作中の第5章においてアッテムトの鉱山でエスタークの眠る殿が掘り当てられてしまい、エスタークが復活することになってしまった。

デスピサロ魔物たちはエスタークを「地獄の帝王」と呼び、復活後に自分たちのに迎えようとしていた。また、エスタークが実際に復活する前にも「帝王」「地獄の帝王」といったフレーズ魔物たちが時々会話に出している。「地獄の帝王が復活する」「地獄の帝王を倒すことができるのは勇者のみ」という予言があったとのこと。第1章で子供がさらわれていたり、第5章で勇者の生まれ育った隠れ里がデスピサロらに襲われるのもこの予言のためである。ただしこの予言について、具体的にがもたらしたものなのかは作中ではられない。

勇者導かれし者たちは、地獄の帝王エスタークが全に覚める前に戦いを挑み、これを討ち果たす。ここに「勇者が地獄の帝王を倒す」という予言が成就したかのように見えた。だがその後、「進化の秘法」によってまた新たな「地獄の帝王」が誕生するのだった。

なお、倒れたエスタークを調べると、「へんじがない。 ただの しかばねのようだ。」のメッセージが表示される。ただしDQ4では「ただのしかばねのようだ」のメッセージが表示されたのに生存していたキャラクターが他に存在しており(オーリン)、後述のようにDQ5でも登場するため、「実はこの時にエスタークは滅びてはいなかった」と解釈されることもある。

小説版では、数万年前に天空マスタードラゴン)に戦いを挑んだ魔族帝王。「進化の秘法」が不全だった為に敗北し、地の底深くに封印された。
その後、「を自分の身体の近くに引き寄せる」という特性により、の殻の中に閉じこもったままマグマの中で眠り続ける。皮な事にこのを掘り当てた人間達によってアッテムトの町が作られ、更に噴き出した瘴気によって多くの人々が犠牲となっていった。
物語の終盤近くで、アッテムトの坑でエスタークが発見された事がデスピサロから告げ知らされる。デスピサロ、エスタークと叫び、「死(デス)」と「闇(ダーク)」を奉じて歓喜に沸く魔物達が大挙してアッテムトし、それを追って勇者一行もアッテムトへと急ぐ。
しかしエスタークの復活直前、人間達にするロザリーを連れ去られた事を知ったデスピサロが封印の間を去り、入れ違いに勇者一行が到着。最悪のタイミングでエスタークは復活を果たし、圧倒的な強さで勇者たちを苦しめた。
焦燥する勇者だったが、エスタークの様子を観察したトルネコが「まるでが覚めたばかりでぐずっている赤ちゃんのようだ」と気づき、いちかばちかで子守唄を歌って眠らせる事に成功。ブライの渾身のマヒャドが動きを止めたエスタークを凍りつかせ、残る全員一気に打ちかかる事で粉々に破壊された。
封印されていた気球で勇者一行は脱出に成功するが、直後にアッテムトの坑は崩壊し、多数の魔物が巻き添えとなった。ロザリーばかりか部下のほとんどを死なせてしまい、絶望の淵に立たされたデスピサロだったが、探索を命じていた「腕輪」が届けられた事で、全てを失った自らを「進化の秘法」にげ、第二の、そして全なる「地獄の帝王」へと変貌する事となる……

攻撃パターン

ドラゴンクエストⅤ


[画像]
2回の登場はDQⅤで、このときは裏ボスとして登場する。

ラスボスミルドラースより圧倒的に強いため、彼の影をさらに薄くした。

HPと攻撃が極めて高い上、かなりの頻度で凍てつく波動を放ち、攻撃を一人に集中して行うなど、レベルが低いと殺されることもあったりする(特に 波動→かがやくいき のコンボは強)

色がから色に変わっている(DQⅣ変身デスピサロと同じ)

ヒャド系の武器がよく効くことでも知られており、く倒すためには吹雪や氷のを装備できる仲間モンスターおよびキャラクターめられる。

ちなみにIVの時と同じく、いつも寝ていたためかラリホーマがよく効く。しかもVではぶきみなのような行動がないため、このことを知っているプレイヤーには眠らされた挙句フルボッコにされることも少なくない。ただし2回攻撃のため起きるのも結構い。

SFC版では、撃破後に「この私がたった○ターンでやられてしまうとは・・・。」という言葉を残し、掛かったターン数を教えてくれることから、一定ターン以内に倒すと仲間になるといったデマが出回った。リメイク版ではこのデマを受けて、本人こそ仲間にならないものの、『プチターク』という彼の息子仲間になる。

ちなみに、彼が居る洞窟の中にあるすごろく場が密かな楽しみなようである。

上記のように、裏ボスながら妙に親しみの持てるキャラクター付けがされている。また台詞でも「名前しか思い出せない」「自分が善なのか悪なのかそれすらもわからない」とっており、戦いになるのも「私を ほろぼすために やってきたのか?」という問いに「はい」と答えたときのみであって言わば正当防衛ともとれる。これらのためか、シリーズファンからはあまり「悪」といった印で見られることが少ない。初登場したDQ4でほとんど台詞く、本作での印の方が強いこともこの傾向に影しているかもしれない。

攻撃パターン

ドラゴンクエストⅧ(3DS版)


 なんと3DSにも出張。さらなる隠し要素「追憶の回廊」の最終ボスとして登場する。相変わらず眠っており、覚めたと同時にいつもの質問を行い戦闘となる(ただし今回は「いいえ」を選択し続けると「意味もなくめさせたのか」と逆上して結局戦闘になる)。

 本作の裏最終ボスにふさわしくレベル99かつ全スキルマスターでも苦戦するほどの異様な強さ。通常攻撃は300~500ほどのダメージを弾きだし、イオナズンメラゾーマはエスタークのみの特別仕様で通常の倍以上の威(例:イオナズンで全体350ほど)。灼熱もこの直前に戦う追憶のドルマゲス同様特別仕様で、全体に400以上のダメージ。それに加え、地獄竜巻バギ系、290~360ほどのダメージ)、を突き立てる(ギラ系、全体460~550ダメージ)ととにかく全体攻撃が非常にしい。

 さらに必殺の一撃という特殊攻撃があり、これは必中かつ1000以上のダメージという即死技。

 素さはなんとメタルキングえておりメタルキング:255、エスターク:333)、特定の装備を整えたゲルダゼシカくらいしか先手を取れない。攻撃がしいためベホマズンが欲しいが主人公の素さが低めのためピオリムはほぼ必須(の素さは回避にも関わるので重要)。

 攻撃は当然のようにカンスト999である、しかし上記した全体攻撃の数々の方が厄介である上に回避可なため、通常攻撃の方がよほど有情である。

 幸いなのはここまでの追憶ボスで多かった3回行動ではなく、2回行動止まりな点か。

 正攻法で戦うのならとにかくブレス呪文への対抗策が必要。特に呪文耐性は地獄竜巻を突き立てる対策にもなるためこちらを優先しよう。幸いこの時点でブレス呪文半減の女神が2つ入手できるので、ゼシカゲルダにぜひとも装備させること。この他、軽減系は「○ダメージ軽減」よりも「2/3に軽減」といった装備を選ぶ方がいい(はぐれメタル等)。前者はもはや焼け石にになっている。

 フバーハマジックバリアもかけたいところだが、最優先でピオリムをかけ、先手を取れるようにしよう。凍てつく波動も頻繁に行うのでテンション溜め戦法は得策ではない。

 …と、ここまで正攻法で戦った場合の攻略法を書いたが、実はこいつには致命的な弱点がある。

 そう、シリーズプレイしている人なら察しは付くと思うが、ラリホーが弱耐性止まりなのだゲルダゼシカラリホーラリホーマ)を使えるキャラが複数いるためハメ倒しも十分可。どうしても勝てないと思ったらこの戦法でジワジワとろう。

 ただし2回行動なため割とあっさりとを覚ます。油断は禁物である。

 勝利すれば初回は「帝王腕輪」を入手。これはダメージ2倍という恐ろしいチートアイテム…なのだがもう使う相手は少ないためオマケのようなもの。

 2回以降は規定ターン数以内に倒すと台詞が変化する。

 以上のように歴代のボスの中でも屈の強さを誇るが、攻略法が確立した現在は(帝王腕輪装備が前提だが)最短2ターンで撃破可となった


その他



次へ»
最終更新日: 18/09/30 17:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ