ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エトレンジャー


ヨミ: エトレンジャー
掲示板をミル!
37カキコ!

エトレンジャーとは、NHK衛星第2テレビジョン1995年4月7日から1996年1月26日まで放送されたアニメ作品である。正式作品名は「十二戦支爆烈エトレンジャー」。

「爆裂」と間違いやすいが正しくは「爆」である。

ファンの間では評価が高く、ビデオの発売が予定されていたが、製作会社(株)ルネッサンス(株)I&Sの間で著作権を巡り裁判沙汰になってしまい、ビデオ発売はお蔵入りになってしまった。2000年に両社は和解。アニメシアターXにて数回放送された。しかし、放送されたのがいずれもBS放送とCS放送だった為、知名度は低く、隠れた名作的扱いになっている。youtubeニコニコ動画アップされ視聴することができ、全話視聴するにはニコニコ動画しかない重な作品。


概要


ここは動物精霊達が暮らす平和楽園ムーゲン。ムーゲンは天空から延びている「ノベルポール」という巨大な柱によって支えられており、ノベルポールの中は人々が作り出した様々なお話(童話や昔話など)が集まった「ノベルワールド」で構成されている。ある日、邪霊王ニャンマーと名乗る精霊がムーゲンの破壊を企て、ノベルワールドに邪霊モンスターを送り込んだ。彼女的は邪霊モンスター物語世界を狂わせてしまおうというもの。物語が狂うとノベルワールドは崩壊し、ノベルポールは壊れてムーゲンはの底に沈んでしまうのだった。ノベルワールドの異変を感じ取ったムーゲンの王女オーラ」は、ムーゲンの守護である12人の精霊達「エトレンジャー」を呼び寄せ、彼らをノベルワールドに送り込むのだった。果たしてエトレンジャーはノベルワールドを救うことができるのだろうか・・・?


内容


タイトル通り、干支戦隊物を組み合わせたものである。ベタの中のベタを突き進めた典的なヒーローアニメであり、キャラクターの成長する姿の描写や、回によっては作画脚本、戦闘シーンの込み入ったつくりなどに定評がある一方、時々みられる不安定な作画や「この世に甲殻類が栄えたためしはない!!」「中身が出ちゃうだろ!?」等の迷台詞視聴者を意識したメタセリフや描写など、本当にNHKアニメなのか (BSだけど) と思わせるようなぶっ飛んだ内容に楽しみを見出すものもおおい。また、ギャグカオスな展開のシーンからは想像がつかないほどのシリアスな場面を多く持ち、みるものに強い印を残している。

制作費の関係からか声優の掛け持ちが常態化しており、王女オーラとエトレンジャーのひとりであるタルト川村万梨阿氏の掛け持ち、エトレンジャーのホルスとポチ郎が森川智之氏の掛け持ち、エトレンジャーのニョロリと時移転マシーンキリンダーが納谷六朗氏の掛け持ちとなっている。そのためたとえばニョロリのとキリンダーの会話では納氏の自問自答が見られるという重なアニメとなっている。さらにエトレンジャーのメンバーを当てている声優ノベルワールドの人物や敵キャラを当てることもあり、たとえばクリームを当てている氷上恭子が掛け持ちしている敵キャラ珠献は、クリームと呼ばれていたりもする。そしてノベルワールドの登場人物も、複数回に渡って別のキャラに同じ声優を当てることが常態化していて、ピカチュウでおなじみの大谷育江さんが準レギュラーと呼ばれるにいたっている。


登場人物



エトレンジャー


バク丸(声:坂本千夏)

本作の主人公で、エトレンジャーのリーダー。本名・爆丸(ばくれつ・まる)。正義感は強く元気はいいが、おっちょこちょいで負けず嫌い。ネズミであるためか最初ははネコが苦手だったが、のちにする。必殺技ライトサーベルから繰り出す「爆疾風拳」。

ホルス(声:森川智之)

ずんぐりむっくりとした体系と間延びした口調で語尾の「でウッシー」が口癖。一見するとのんびりしているように見えるが、いものを見ると猛と化する。エトレンジャー一の怪力でもある。出番は少ないが、女装回が2話もある。

ガオウ(声:星野充昭)

タイのいい優男。サングラストラトラアイで巨大なトラ変身する。初期の頃はやや影が薄く、に邪霊モンスターとの戦闘による呼び出しや女の子に惚れられるというパターンが多かった。途中から出番が増え、バク丸にネコ恐怖症をさせたのも彼である。かつて、人のショコラがいたが…

クリーム(声:氷上恭子)

本作のヒロイン。ごく普通のチャキチャキとした活発な女の子お転婆で明るく、ちょっぴりわがままだがたまに女の子らしい一面も見せる。バク丸のことが好きだがなかなか気づかれていない。ニンジンのような「ステッキ」を一振りして、大人びたバニーガールの姿に変えることができる。

ドラゴ(声:山野井仁)

メンバー最年長で、エトレンジャーの中で一番大人びている。寡黙かつ紳士的で常に冷静な人。争い事を好まない平和義者。戦闘力トップクラスで、邪霊モンスターとの対戦にはよく呼び出しとして呼ばれていた。ドラゴンボールで巨大ドラゴンの姿に変身し、口から火を吐いたり、を飛んだり、を落とすことができる。

ニョロリ(声:納谷六郎)

エトレンジャーのブレイン的存在。頭の回転が速く、様々な作戦を思いつく。しかし、戦闘力は弱いので、自分は戦わず、に邪霊モンスターの弱点を探って仲間サポートする役を担当している。頑固で融通が利かないところもあり、さらに煽てられると普段からは見せないハイテンションなところもある。

パカラッチ(声:長嶝高士)

熱血青春青年なのでエトレンジャーの中で一番足がい。手に持った蹄ブーメランが武器。マイペースで常に前向きな男。「青春だ」の掛けをあげて、走り回っている。ピーターパンなど役回が多いが、2回だけ出撃したのに立っていない回があった。美少年顔が笑える。

スフレ(声:宮村優子)

「ですわ」口調で話す、お嬢様タイプ女の子。普段はおっとりしているが、ピンチになると仲間を置いて逃げ出したり、相手に毒舌暴君を吐くところもある。潔癖症で少しでもが汚れていると、カンカンになって手がつけられないことがある。マジカルコンパクトを所持。

モンク(声:亀井芳子)

いたずら小僧。元気はつらつとした男の子で、自分がクールだと思っている自惚れや。名前の通り、文句が多く、いつも毒舌ばかり言う。よく突っ走るがそれが原因でっ先にやられることが多い。手に持った真似ボコーダーという、マイクロフォンアイテムで相手の声真似をして、いたずらや相手を騙すのに使う。サルであるため、木登りや芝居はお手の物。バナナが大好物

タルト(声:川村万梨阿)

のいいアネゴメンバー母親的存在。メカひよこ人間の姿との姿に切り替えることができる。勝ち気で男まさりだが、ちょっと怒りっぽいのが玉にキズ。攻撃的な面もあり、イライラするとメンバーに八つ当たりすることもある。そのほとんどが、バク丸、モンク、ポチ郎であることが多い。事全般が得意な女の子らしい面もある。途中からガオウに一惚れしていく。

ポチ郎(声:森川智之)

自称サムライドッグ。本名・「佐々木ポチ郎」。「拙者」「ござる」が口癖で、剣術の扱いはお手の物。武器は如意棒で、伸縮自在で電撃も流す。モンクとはいつも喧ばかりだが、話が進むごとにだんだんとお互いの距離が縮まり、今では仲の良い友人同士となっている。お菓子や甘いものが大好きで、の中にお菓子を隠し持っている。サッカーが初めてでタルトにわざとぶつけるなど、自業自得なことが多い。

ウリィ(声:沢海陽子)

メンバー最年少でマスコット的存在。バク丸を兄貴分として慕っている。臆病で泣きだが、いざとなると勇気を振り絞る。必殺技はおから発射される「ビエー」。最終回ではパカラッチの遺言を守って、涙をこらえるといった彼の成長が見られる。


関連動画



■sm139645[ニコ動]

■sm152348[ニコ動]
■sm140056[ニコ動]
■sm4079663[ニコ動]


関連商品


■azB00005EN7K
■azB00005EN7Z
■azB0002U3IWK
■ysd-stage_2900074300205


関連コミュニティ


■co2275


関連項目



最終更新日: 17/06/11 11:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ