ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エベンス


ヨミ: エベンス
掲示板をミル!
8カキコ!

エベンス (Evens)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

CV. 池水通洋石黒監督OVA)、石井康嗣Die Neue These)。


概要


自由惑星同盟の軍人。階級は大佐。救軍事会議メンバーであり、経済統制の担当者であった。
理想先行の理論肌の人間であり、救軍事会議首都ハイネセン支配を万全なものとするため、通信・運輸・流通の統制を敷いたはよいが、あまりにも統制と管理が強すぎたために経済破綻を招きかけた。流石に放置しては置けないと調に乗り出し、拝義者と蔑んでいるフェザーン商人からも意見をきいたりはしたが、その解決法が救軍事会議の支配を維持する上で理なものであったため、悪徳商人の逮捕と軍の物資放出というガス抜きを行っただけで根本的解決をはからなかった。

強い信念を持つ一方で、自分の理論を否定されると脆く感情的になる一面があり、望んでいない解決策を提示してくるフェザーン人を怒鳴りつけ、さらに皮を言われるとブラスターに手をかけかけたが、これは流石に自重した(ただし原版漫画では自重せずにブラスターをかまえて脅した)。またアルテミスの首飾りが全滅し、救軍事会議メンバーが意気消沈する中でも彼は諦めず、ハイネセン市民10億人、軍高官・政治家の生命を人質として事態の打開をはかるべきとした。しかし、グリーンヒルに諭され、ようやく諦めた。

その後、救軍事会議議長代行としてヤン・ウェンリーへの降伏処理を行ったが、その際にヤンと問答を行っている。その際、彼は自己の誤りをかたくなに認めることはなかったが、同盟を救う手立てが他にあったのかという趣旨のことも言っており、主観的には純祖国を守りたかったのが動機であることをうかがわせた。その後の動向は不明瞭だが、直後の事後処理では死者に数えられており、死亡は確定している。

のちの描写によると元々サンドル・アラルコンと同じく同盟軍内において過な軍隊至上義者として知られていたそうだが、アラルコンとの個人的関係が険悪だったために彼が救軍事会議に参加することはなかったという。また思想面においてもアラルコンほど過ではなかったそうで、それも対立要因だったのかもしれない。


石黒版OVA


原作と同じく救軍事会議メンバー情報部長のくせに事あるごとに動揺しすぎで頼りにならないロン中将のせいでグリーンヒル大将に次ぐ救軍事会議No.2として存在感を示し、原作では壮年の軍人という描写のみで、だれだかわからなかったクーデター宣言の全放送のアナウンスもエベンスが行っている。

原作以上に信念の人にして愛国者という側面が強調されているのか、不測の事態であっても動じることは少なく、あっても一であり、やや視野狭ながら精格がたくましい人物として描写されており、降伏の際、ヤンに同盟の未来を託す旨のセリフが追加されている。


Die Neue These


登場するが、かなり陰が薄い。というのも、ブロン中将が救軍事会議No.2としての存在感を発揮する一方、経済対策の件が省略され、アレクサンドル・ビュコックの幕僚として配置されたオリキャラのガティ中尉が救軍事会議として活動し、ビュコックを向けながら救軍事会議の大義をってしまうため、出番がクーデター終盤程度しかないためである。


関連項目



最終更新日: 20/07/30 03:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ