ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エミール・デュルケーム


ヨミ: エミールデュルケーム

エミール・デュルケーム1858~1917)とは、マックス・ヴェーバーゲオルク・ジンメルと並ぶ現代社会学の創設者である。


概要


ロレーヌ地方のエピナルでユダヤフランス人のに生まれた。代々ラビ系であるがデュルケーム自身は世俗的な生活を送り、パリの高等師範学校で学んだあとリセで哲学教授をつとめ、ボルド大学に赴任した。1902年からソルボン大学教育科学講座に転じ、以後教育に関する著作が多くなる。第一次世界大戦の影で静養することとなり、そのまま亡くなった。

簡単にいえば社会義を提唱し、個人と社会の関係について新たな考え方を提起しようとしたものである。

デュルケームが生きたのは産業社会であり、社会内部の相互作用の密度が増大するにつれて、分業もまた増大し、個人が社会に属する環節社会機械的連帯から、個人が個性化し互いに異なる機を果たし相互に依存する有機的連帯へと移行していく、というのが望ましい社会の在り方であるとしたのである。

またデュルケームは社会事実、つまり集合意識の存在を基本的考え方におき、集合意識が個人の意識に内在しつつ、しかもなお外在的であるとしたのだ。彼のする社会事実はまだあいまいな存在であり、パーソンズらのシステム概念の導入によってようやく説明できるようになった。さらにそのは新しく、まだ当時の人々にたやすく理解できたとは言えない。しかしこのような限界はありつつも、個人と社会システムの分離をデュルケームは唱えたのである。こうして社会学は実的に研究することができる、独自の対を持つ独立した経験科学として出発したのである。

デュルケームのもう一つ大事な概念がアノミーである。アノミーとは社会による欲望機性上体を意味し、産業化によって宗教政治・同業組合といった伝統的な権威が崩壊し、欲望コントロールされることなくアノミーが常態化する、そんな時代をデュルケームは生きていた。そうして自殺の中でアノミー的自殺が増加することになった、というのが彼の『自殺論』なのだ。

これらのデュルケームの思想は様々な形で変容を遂げながら現代の社会学にも残っているのである。


関連商品


■az4003421434
■az4122012562


関連項目



最終更新日: 17/09/17 11:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ