ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エルク・ドメル


ヨミ: エルクドメル
掲示板をミル!
26カキコ!

エルク・ドメルとは、宇宙戦艦ヤマト2199の登場する割れガミラス軍人であり、初代におけるドメルのリメイクキャラクターである。ここでは初代のキャラらび2199に登場する夫人のエリーサ・ドメルについても記述する。

担当声優小林修(初代)、大塚明夫2199)。名前の由来はドイツ第三帝国軍人のエルヴィン・ロンメル


『宇宙戦艦ヤマト』における概要


マゼラン方面作戦長官としてルビー戦線で功績をあげ、ガミラス帝国最高勲章であるデスラー勲章を何度も授与している名将である。通称「宇宙」 割れとムキムキレオタードスーツが特徴である。

物語中盤で何度かのデスラー勲章授与に凱旋。小に挟んだヤマトの活躍を聞き自ら討伐に出たいと総統に依願し、総統からの認可をえて銀河方面作戦長官としてヤマト征伐の任につく。

手始めに異次元洞に迷いこんだヤマトに対し3,000隻の大艦隊で攻撃をしかけるも、沖田艦長の素い判断とスターシアからの支援により逃げられてしまう。この攻撃の帰還後、ヤマトに遭遇。侮りがたし!」と自身の日記に記している。

その後はバランにて積極的な攻撃は控えるものの、リレー衛星を仕掛けヤマト地球の交信を復活させるなど心理作戦ヤマトクルーを揺さぶっている。ようやくバランに到着したヤマトに対し基地そのものを囮とした人工太陽による挟み撃ち作戦ヤマトを仕留めようとするも、ゲールの密告によりデスラー総統からの中止命が下り、一の隙を突いてヤマトが人工太陽を破壊、その余波でバラン基地が壊滅してしまう。

バラン失陥の責任を追及され、軍法会議死刑が宣告されるも、デスラー総統により免除され再びヤマト討伐を命じられる。ドメルは各方面から招集した精鋭の三段空母戦闘空母計4隻と艦載機の小ワープ奇襲を可にする間物質輸送機波動砲封じの切り札ドリルミサイルをもってヤマトに対し七色団での決闘を申し込む。

迎えた七色団戦では、後にドメル戦法(デスラー戦法)と呼ばれる小ワープによる奇襲攻撃戦法でヤマトを苦しめ、中盤にはドリルミサイル波動砲口からヤマト内部に侵入させ波動砲を使用不能にし、最終的にヤマト戦闘力全に沈黙させた。
しかしドリルミサイル起爆のあと一歩のところで真田技師長とアナライザーによる排除工作ミサイルが逆回転しヤマトから分離、さらにそのミサイル戦闘空母突し他の3空母爆発に巻き込まれ艦隊が壊滅してしまう。

万策尽きたドメルは乗艦ドメラーズ円盤をもって、ヤマトへの自爆攻撃を敢行する。(ドメル自身はこれを“デスラー総統への忠心”と捉えていた)第三艦橋に取り付いた直後、ドメルはヤマトと交信。沖田艦長以下ヤマト乗組員を戦士とたたえ、地球ガミラス民族の命運がかかっている2つの惑星未来を願いつつ自爆した。(この時第三艦橋跡形もなく消失し、シリーズにおける第三艦橋の悲劇のはしりとなった。)

イスカンダルへの航の最大の障として巧みにヤマトを苦しめ、壮絶な最期を遂げたドメルはヤマト最大のライバルとしてファンから圧倒的な人気を得た存在となった。まさか中の人が2年後に黄金バットに勝るとも劣らない高笑いをしながらアンドロメダから地球を攻めにくるとはも思わなかった・・・(そしてヤマトの艦長になることも・・・)


2199におけるドメル上級大将


第6間機甲師団の師団長。階級は中将。 乗艦はゼルクート級級一等航宙戦艦メラーズ世。

であるゲール中将との交信をおえたシュルツが「ドメル中将の元で働いていた時が懐かしい」と愚痴をこぼし、彼の優秀さに敬意を抱いていた。良識の軍人でガミラスの役人達の中には彼の人気と活躍を快く思わない者もいる。が、本人は政治には興味がないと色々フラグが満載である

マゼラン方面に進出した蛮族ガトランティス帝国)への対抗策として小マゼラン方面作戦長官の任に就き、手練の部下を活かした撃戦と電撃戦で幾多の勝利をおさめる。その後、上級大将昇進と特一級デスラー十字章が与えられる事となり都バレラスに凱旋する。その式典の中でデスラー総統直々にヤマト討伐を依頼され、銀河方面作戦長官としてバランに赴任する。

旧作では如何にゲール君が悪趣味に問題があるとはいえ、彼のパワーハラスメント的態度が酷かったが、2199では淡々と官に就任。自らのモットーである「臨機応変」をゲール君に教え諭すなどどこまでも実直な、常識もわきまえた官となっている。寧ろ部下達のほうがゲール君を小馬鹿にしていたり。

着任々にして猟ラーケン次元潜航艇を刺客としてヤマトに送り込む。

情報によるヤマト拿捕作戦失敗した後、ヤマトに対し散発的な威偵察を仕掛けヤマトクルーを疲弊させる。そして偵察の結果、ヤマトがビーメラ系をす航路を特定しその途中にある中性子の影から、ワープアウト地点を複数箇所に絞込み、それぞれに十分な戦を配置。何処にヤマトワープアウトしてきても、直ちに他の地点から艦隊が増援として包囲できる、万全の体制で迎え撃った。

作戦は見事にはまり、ヤマトは中性子カレル163宙域にてドメル乗艦のドメラーズを旗艦とする本隊の正面にワープアウトし全に包囲された。波動防沖田による中央突破戦法で包囲を突破されるが、ヤマト、侮りがたし」と賞賛し、ドメラーズによる直接撃でヤマトを小破に追い込む。すれ違いざまの撃でドメラーズも被弾し一時的に包囲網を突破されるも分散配置していたゲットー、バーガーの艦隊が到着しヤマトを再包囲するが後一歩のところでガミラス総統府から緊急帰投命がだされ、ヤマトを沈める事が出来なかった。

総統府からの理不尽な命、そしてドメルが国家にどこまでも忠実な軍人ゆえの撤退により、ヤマトは辛うじて救われたものの、地の利と物量、機動の意味を理解しつくし、その上で旗艦頭の巧みな戦術揮と、「ドメラーズは一歩も退かぬ!」という勇猛さもあいまって、これまでのヤマトの敵の中で、最強とも言える格を見せた。


七色星団沖海戦


その後、ヘルム・ゼーリック国家元帥クーデター未遂が露見し、ドメル将軍も冤罪の疑いが晴れる。その後、デスラーの勅命によりヤマト討伐、ユリーシャ・イスカンダル確保を命じられ、ヒス副総統いわく「精鋭」を準備されるが、実態は工次期のマチマチ三段空母3隻、実験艦扱いの戦闘空母1隻のみが増援だった。

しかしドメルの智謀は鈍ることなく、親友であるタラン防相の協による物質転送機(間物質移送器)のドメラーズへの実装沖田艦長ヤマト戦闘実績を見きった上での、七色団での待ち伏せ。この両者を併用してヤマトに中途までは一方的な攻撃に成功。誤認であるが森雪の確保も達成、しかし中途の慢心が彼を破滅に追いやった。

ヤマト三次に渡る敵襲、特殊削岩弾(旧作ドリルミサイル)で満身創痍であったが、既に警態勢を整え、奇襲が通用する状況ではなく、真田榎本コンビにより波動防は復旧寸前。そして新見、アナライザーチームにより特殊削岩弾は化され、加えてイオン乱流の気情報データも十分に蓄積していた。

結果、命を信じ挑んだ撃戦だけでは僅かな損しか与えられず、加えて逆回転した特殊削岩弾を戦闘空母至近で狙撃誘爆させられ艦隊は壊乱。その後はヤマトとドメラーズの正面切っての戦となり、依然衰えないヤマト火力、そして沖田艦長の仕掛けたイオン乱流への進路強誘導により、ドメラーズは操不能となり、一方的撃を受け大破。

己が慢心を認め、乗員の総員離艦を命じ「処から先は私一人の戦争だ」と、旧作同様に自爆攻撃を試みるが、彼の元を去る部下はいなかった。分離した艦円盤で第3艦にとりつき、沖田艦長と互いの武勲、手腕を賞賛しつつも、「ヤマトをここで通しては、戦死した部下が駄死にになってしまう」と降伏勧告を拒絶。

ぎりぎり間に合った波動防により致命傷とはならなかったが、最期にヤマトへ一矢を報いる代償として、エルク・ドメル上級大将は自らの率いる部下全員ともども自爆し、七色団において戦死を遂げることとなった…

余談

出渕監督はこの企画が始動した頃から大塚氏に対し、2199アニメ化した時には是非ドメルを演じてもらいたいとオファーをかけていた。(これは沖田役の菅生隆之氏、フラーケン役の中田譲治氏も同様である)

また、15話のキャラクター作画監督は、ゲームヤマト太なキャラを造形した、増永計介氏が担当しており、沖田艦長ともども、歴戦の軍人ならではの凄みを存分に、ビジュアルの側面からも演出されている。 

更には2199は非常にキャストが多いため、普段はヤマト側とガミラス側のレコーディングは別撮りで行われるのに対し、ヤマトとドメルの対決に際しては、菅生隆之氏と大塚明夫っての、迫真の演技で命が吹き込まれている。 

誤解を恐れずに言えば、ガミラス側の主人公の一人といって良い待遇である。

BD6巻のコメンタリーで大塚明夫氏は、もしも2199以降にヤマトの続編があった場合、バルゼー提督役を務めた大塚周夫氏について「まだ使えるので、続編があったら是非」と冗談交じりに監督に伝えている。


エリーサ・ドメル夫人


宇宙戦艦ヤマト2199において新しく設定されたドメルの妻。担当声優たかはし智秋

初代においても企画段階においてはドメル夫人の設定が存在していた。
他の設定同様、かつては活用できなかった設定のサルベージである。この点は、モチーフとなったロンメル将軍が、庭人であったことも影していると思われる。 年齢は29歳とドメルより10年近く年が離れている。

都バレラスに凱旋し授与式を終えたドメルは、タランやディッツとの会話の後、ある共同墓地にてを降束を抱え小のふりしきる広大墓地の、ある一箇所をめざす。たどり着いた墓前には、地球喪服のようない洋をきた女性と、ロクロックとよばれる大の外来が待っていた。彼女こそが妻であるエリーサ・ドメルであった。

彼女からられる言葉から推察すると、その日は幼くして折した彼らの子供命日であった模様である。   
多忙で帰できなかったドメルとその妻は、再びヤマト討伐のため銀河系に向かうまでの短い時間を、二人で静かに過ごすこととなった。

しかしその後、ドメル将軍の冤罪と前後して、ハイドム・ギムレー率いる親衛隊に「反乱分子助」の罪状で拘束され、第十七収容所惑星へ強制収監される。実際にそのような罪を犯していたか、当時の親衛隊の様相を見る限りは明らかではない。この際、家族を連れ逃げようとした「反乱分子」をおうとして、床で殴られるなど受難が始まった。

に再登場の形でメインパートを務めるのは第6章、地上波放送では第21話である。ユリーシャと誤認された森雪が偶然、この収容所惑星を立ち寄ることとなり、外交官のであるエリーサが下女を務めることになった。その後、この収容所惑星は暴動を経た上で解放され、ディッツ提督と共にヤマト上層部との会合にも出席している。

20話のED近くでそれとなく夫の戦死を悟ったような描写があったが、彼女がはっきりと、伴侶の戦没を知ったのは恐らくはこの時であろう。この会合は反体制ヤマトの中立維持、メルダの連絡武官としての乗艦のみが決まり、物別れに終わっており、彼女メルダが乗ってきた軍所属のハイラード戦艦に乗り、収容所惑星を後にした。

が子を折という形で亡くし、伴侶を親衛隊による間接的な謀殺に近い形で失うなど、幸薄い女性であった。


関連動画



■sm19583753[ニコ動]

  ■sm20449414[ニコ動]
 

■sm21001807[ニコ動]
  ■sm21353022[ニコ動]

■sm21189766[ニコ動]


■sm21620704[ニコ動]


関連商品


■azB00AY7B7EM
■azB00C6QIZ4Y

■azB00KA0YYQG
■azB00ME1VNHM


関連コミュニティ



次へ»
最終更新日: 14/12/05 16:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ