ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オグロプレーリードッグ


ヨミ: オグロプレーリードッグ

オグロプレーリードッグとは、リスプレーリードッグ属に分類されるプレーリードッグ仲間である。日本においては、ただ単にプレーリードッグという場合はこの種のことをすことが多い。


概要


名前の通り、尻尾プレーリードッグ仲間アメリカ合衆国中部に生息する。他のプレーリードッグ仲間とは違い、冬眠することはない。しかし、寒い時は巣の中でじっとしている。大きな群れを形成して、最大ではスリランカ面積と同等の巣に4億匹ものプレーリードッグが生息していたという記録も残っている。日中に行動するが、間は暑さを避けてや夕方にに行動する。
体長は30から40ほど、体重は、700gから1400gほど。尻尾の長さは7から10ほど。イネ科の植物の葉や茎などを食べる。また食べる際には前肢でものをつかみ、そのままカジカジという感じで吸い込まれていく。季節によっては球根や木の根、木の実皮なども食べる。

一夫多妻の大きな群れを形成しており、巣も広いため、いくつかの区分に分けられる。他の群れとも巣を共用することもあり、それ一つが大きな群れのようにもなる。基本的に、メス同士の仲は良いが、2月3月の繁殖シーズンにおいては個体間の競争がしくなり、他の個体を生き埋めにしてしまうこともある。闘争は結構しく、急所を噛みついて流血沙汰となることも多い。とはいえ、こういった形で仲が悪くなるのは繁殖シーズンの時くらいで、基本的には仲が良い。

ちなみに、使われなくなった巣アナホリフクロウが使うこともある。

日本国内においては上野動物園江戸川区自然公園をはじめ、大小様々な規模の動物園でみることができる。


関連動画



■sm32293374[ニコ動]

■sm32327845[ニコ動]


関連商品


オグロプレーリードッグに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/02/04 21:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ