ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オッツダルヴァ


ヨミ: オッツダルヴァ
掲示板をミル!
28カキコ!

戦場に迷い込んだのか? 素人が、話にもならんな」

アーマード・コア フォーアンサーに登場するリンクス
CV:諏訪部順一


概要


オーメルサイエンス社所属のリンクスカラードランク1、同作におけるトップランカーである。所謂天才肌というやつで、それでいて入りではなく常に前線に立ち続ける実戦に衣着せぬ物言いと毒舌トップランカーという地位からなる絶対的な自信が特徴的。
前作のベルリオーズと同じでストーリーに関わるトップランカーであり、ミッションでも度々その姿を現す。序盤のミッションである「旧チャイニーズ・上海域掃討」においては僚機として雇うことができ、その依頼料は報酬の60%というボッタクリにも等しい額だが、流石トップランカーというだけあってそれ相応の活躍は見せてくれる。こちらが素く敵を全滅させれば「まあ、アリじゃないか、貴様と誉めてくれることもある。しかし、あんまりこちがらのんびりやっていると時間の無駄だ」と吐き捨てて帰還してしまうことも。まあ、実は他の僚機と同じでダメージ過多による戦線離脱なので運が悪いと即効で帰ってしまうことも。

続いての登場は企業連からの「ホワイト・グリント撃破」と、その写しのミッションとなる「ラインアーク防衛」 前者では味方僚機として、後者では敵としての登場となる。どちらのミッションでも自信たっぷりであり、実質的な最強であるホワイト・グリント相手にも全く物怖じせずホワイト・グリント、大げさな伝説今日で終わりだ、進化現実ってやつを教えてやる」などと言い放ったり、戦いの舞台となるラインアーク水上ということからか貴様らには水底が似合いだといった皮めいた言葉を発したりと相変わらずである。

そ し て 彼 は こ れ ら の ミ ッ シ ョ ン で あ る 伝 説 を 残 す こ と に な る 。
→詳しくは水没王子の項を参照。

結局のところ、どちらのミッションを選択しても最終的に彼はラインアーク底へと姿を消すことになり、それ以降はパッタリ姿を見せなくなってしまう。トップランカーの割に中盤で出番が終了してしまうのである。

二週以降に見ることができるカラードのお茶会にも一度だけ登場し、スピリット・オブ・マザーウィルを撃破した首輪付きのことを評価していた。彼がラインアークで撃墜され行方不明になった際にはローディーに「自信が過剰だったということかな」と言われたり、ウィン・Dには「存外、深く潜れる男かもしれん」と言われたりと評価は様々である。

以下、重大なネタバレのためステルス

が、上記の撃墜されたというのは全なフェイク。彼の正体はORCA旅団団長マクシミリアン・テルミドールであり、団と合流するためにわざと撃墜されて姿をくらませたという説が濃厚である。だが、一部のルートラストミッションでは再びオッツダルヴァとして姿を現すこともあり、何かとの多い人物でもある。

搭乗ネクストはオーメルの新標準機ライールをベースとした「ステイシス」 和訳すると「停滞」 武装はオーメルの新アサルトライフル、試作レーザーバズーカ、PMミサイルレーダーとなっている。
距離でのり付き戦を想定したライールで中距離感での射撃戦を行う辺りにオーメルとの距離を感じさせるなどと記されていたりする。おまけレーダーインリオルユニオン製。
の方はトップランカーなだけあり、軽量二脚機であるライールをベースにした機体を用いて素く動き回りながら確実に手持ちの高火力武器叩きこんでくる。特に左腕のレーザーバズーカはなかなかに脅威であり、慣れない内はこちらの攻撃がロクに当てられず、言いように翻弄されてしまうだろう。
だが、レーザーバズーカの弾数が少ないということと、左背中レーダーを積んでいるということが加わり、レーザーバズーカを撃ちきってしまうと途端に火力減するといった弱点を抱えていたりもする。


ニコニコでのオッツダルヴァ


前述した水没王子としての知名度が圧倒的で、それに関するネタが大半を占めている。全な余談だが長い間このオッツダルヴァの記事自体が水没王子へのリダイレクトのまま放置されたいた辺り、最全にオッツダルヴァ=没と認識されている。


関連動画



■sm2882153[ニコ動]

 ■sm8389814[ニコ動]

 ■sm3235636[ニコ動]
 ■sm8203124[ニコ動]


関連商品


■azB0010UVBPM
 ■azB0030NK62G
 


関連項目



最終更新日: 14/01/03 11:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ