ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オベリスクの巨神兵


ヨミ: オベリスクノキョシンヘイ
掲示板をミル!
164カキコ!

オベリスクの巨神兵とは、遊戯王に登場する三幻神カードの1枚である。通称、社会人

同列の関連カードに「オシリスの天空竜」「ラーの翼神竜」がある。
また、これをモチーフとしたカードも存在し、漫画遊☆戯☆王Rでは「邪神ドレッド・ルート」、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXでは「幻魔皇ラビエル」が登場した。


概要


遊戯王及び遊☆戯☆王デュエルモンスターズに登場するカードのうちの1枚。
グールズの魔の手から逃れたこのカードがイシズの手によって海馬瀬人に託され、「バトルティ」発案のきっかけとなる。
以降海馬の所持するカードとして活躍していたが、海馬闇遊戯に負けた際にアンティルールにより遊戯に手渡され、以降は闇遊戯が使用。
常人が扱うとの怒りを受ける三幻神だが、海馬が使用してもそのような描写はなかった。これについては、節々でその理由たる描写が匂わされてきたのだが……。

原作バトルティ編後のスピンオフである「遊☆戯☆王R」でも闇遊戯が使用しており、この時は闇遊戯の使用した「進化」により、後述の「祖・オベリスク」となった。
また、アニメオリジナルストーリードーマ編」では々に奪われ、何とモブ同然のグリモが使用。通常ならに認められない者が使用した場合は天罰が下るはずだが、ドーマのであるフィールド魔法オレイカルコスの結界」によりそれを回避、「ダークオベリスク」として使役されてしまう。
なお、「遊☆戯☆王R」、「ドーマ編」の双方ともに、バトルティ後の常時は遊戯である「ゲーム屋」にて展示されている。
アニメオリジナル映画光のピラミッド」でも登場し、この時は他の三幻神二柱をコストにすることでを束ね、黒幕に引導を渡す大役を果たした。

王の記憶編でもファラオの使役するとして登場するが、頭部のデザインなど細部がカードとしてのオベリスクとは異なっている。これは時を経て現在デザインに変化した設定であり、古代の状態でのオベリスクを「祖・オベリスク」と呼称することも。

最終的に原作アニメともに戦いの儀を終えたことで千年アイテムと共に喪われ、エジプトの地にて眠りについた。

最新作ネタバレ注意→[カードとしてのオベリスクは失われたが、原作の続編である映画遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」では王殿跡地にて藍神(ディーヴァ)が千年パズルを狙って海馬デュエルを挑む。
そのデュエルにおいて海馬が非実体カードを使った新デュエルディスクによりデュエルをしており、決闘が特殊間による「次元領域決闘」だったためか、海馬奇跡を自らの手で作り出して見せた。
フィールド藍神に埋め尽くされた状態で、何を思ったか、おもむろに地面からカードをドロー殿跡地に残るオベリスクの残滓をカードとして顕現させ、もが予想しえなかったオベリスク召喚を現実のものとした。この時、「次元領域決闘」のルールに合わせてカード効果解釈が微妙に変わっており、自身の効果で相手モンスターを破壊しオベリスクの元々の攻撃である4000ダメージを与えていた。]

英名は「Obelisk the Tormentor」。「Tormentor」は「苦しめる者」「乱暴者」の意であり、海馬台詞破壊神オベリスク」から名づけられていると思われている。


他の作品において


後にアニメ作品「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」においてこのカードの名を取った寮の名前が存在。そのためかちょくちょくこのカードパロディが存在するが、他の三幻神とは違いオベリスクだけカードそのものとしては登場しなかった。
遊☆戯☆王アーク・ファイブ」ではそれをさらに元ネタとしたデュエル部隊「オベリスク・フォース」が存在するが、部隊共通の仮面モチーフがこのカードと思われる。

余談だが、実写ドラマ映画こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE勝どき橋を封鎖せよ!』において、子供の落としたカードとして登場している。それと関係あるかは定かではないが、記念冊子『こち亀』において高橋和希先生が寄稿したイラストでは両津勘吉が自身と似た眉毛を持つこのカードを召喚している。
他にも漫画Mr.FULLSWING』でもギャグシーンで登場しており、総じて「遊戯王」を代表するカードの一枚として知名度を保っている。


ニコニコ動画において


社長カードとして登場したために、動画ではいろいろといじられている。

 社会人

社長の「破壊神オベリスク」という台詞から「社会人オベリスク」の空耳が誕生する。持ち社長だっただけに説得のある空耳となり、以後「社会人」が称として定着。召喚=出勤とも呼ばれ、登場時には「おはようございます」、退場時には「お疲れ様です」の挨拶を忘れないようにしよう。あの社長の下で働くのはいろいろと気苦労が絶えないようだ。たまに他のデッキ派遣されていたこともある。

 社長の愛人

社長には青眼の白龍というがいるにも関わらず、一時期オベリスクの方ばかりみていたので「社長の愛人」とも呼ばれる。


カードの概要


以下は遊戯王カードwiki[外部]を参考にしている。

三幻神の中では初めて公式デュエルで使えるカードとして、Vジャンプ2009年2月号に付属した。


原作での効果


攻撃名は「ゴッドハンドクラッシャー」。効果名は「ゴッドハンドインパクト」。
アニメオリジナル映画光のピラミッド」において二柱をコストに効果を使用した際は「インフィニティゴッドインパクト」。
また、ゲーム「フォルスバウンドキングダム」では「ゴッドハンドクラッシャー」がそれぞれ特殊シチュエーションでのものとなっており、通常攻撃名は「デストラクション・フラッシュ」。


遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 付属カード 



OCGにおいて


Vジャンプ2009年2月号 付属カード
もちろんこちらは大会でも使用できる。

種類 効果モンスター
基本情報 10/属性/幻族/攻4000/守4000
効果
このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には、魔法モンスターの効果は発動できない。
(3):このカードは効果の対にならない。
(4):自分フィールドモンスター2体をリリースして発動できる。
相手フィールドモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃宣言できない。
(5):このカードが特殊召喚されている場合、エンドフェイズに発動する。
このカード墓地へ送る。

3体リリースはやはり重く、原作連載時より時代は進みオネスト属性モンスターN・グラン・モールシンクロモンスターでもブラック・ローズ・ドラゴン氷結界の龍 トリシューラなどには簡単に除去されたりと原作の様な無双カードとはいかない――が、その様なカードは大抵制限カードなどに限られていた。(もっとも、2010年に制限解除されたブラックローズなどの例外もいたが)
さらに、ハードアームドラゴンリリースしてアドバンス召喚したこのカードは、原作アニメのように、(本当の意味で)に匹敵する耐性を得る。もしこうなってしまったら、対を取らない除外・バウンス、または戦闘破壊しなければならない(しかし、その方法は登場当初かなり限られており、第九期に突入した2014年以降も未だ多くない)。

やはり4000の攻撃は大きく、場に出ればかなりの威圧感を誇る。対を取るもの以外にも奈落の落とし穴の様な汎用除去を喰らわないなど中々の良調整と概ね好評である。 ただ、このカードが良調整と言われていただけに、ラーの翼神竜にも大きな期待が寄せられていたのだが……(ラーに何があったかはラーの翼神竜の記事を参照)

エクシーズペンデュラムなどの新召喚方法が導入されてからは、サタンクロースやSNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングなど、このカードの突破法も少しずつ増えてきた。特に後者は多くのデッキで投入されているため、現在はやや立場が苦しい。
その一方でアドバンス召喚サポートに重点を置いた帝王シリーズや、最上モンスターアドバンス召喚を得意とするクリフォート、このカードを始め様々なレベル10モンスターに耐性を付加する神縛りの塚などが登場し、このカードを補助する手段も増加している。

実は「征竜環境全盛期において、このカード公式大会環境で採用に値する時期があった
征竜であるランク7モンスターエクシーズである幻獣機ドラゴサックを利用すれば、召喚権を残したままリリース要員を較的容易に確保でき、アドバンス召喚を狙いやすい。その上、攻撃4000かつ対をとる効果を受け付けない為、ランク7を相手にした場合でも先述のドラゴサックやNo.11 ビッグアイなどの征竜エクシーズでは除去も戦闘破壊もできないため、征竜ミラーマッチではモンスターに除去される心配の少ない頼もしい高火力モンスターになってくれるためである。


関連動画



■sm36994[ニコ動]

■sm12424740[ニコ動]

■sm17667582[ニコ動]
■sm25218531[ニコ動]
■sm25995481[ニコ動]
■sm25416966[ニコ動]
■sm29154669[ニコ動]


関連静画


■im657716(静画)
■im5203009(静画)


関連商品


■azB0087FX8LS


関連項目



最終更新日: 18/08/29 14:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ