ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オペラ


ヨミ: オペラ
掲示板をミル!
9カキコ!
曖昧さ回避

オペラ(Opera)とは、

  1. ラテン語及びイタリア語で、”仕事””な作品”というニュアンスの言葉。英語Operate(作動する)のでもある。
  2. イタリアに発祥する、歌・オケ付きの演劇。「歌劇」。この記事で詳述する。
  3. ノルウェーのオペラ社が開発・提供しているインターネットスイート。「Opera」を参照。
  4. フランス発祥のケーキリキュールをしみこませた生地でガナッシュバタークリームを挟み層状にして、チョコレートで覆ったもの。名前の由来はパリのオペラ座。

オペラ(歌劇)とは、ルネサンス末期イタリアった、歌とオーケストラ伴奏を伴う演劇芸術である。
オペラから生した一形式である「オペレッタ」もこの記事で説明する。 

イタリア語ドイツ語)」+「クラシック音楽」の形で発展したミュージカルと考えればよい。

16世紀末に始まり、定番演は18世紀末20世紀初頭に書かれたものが大半だが、上演に関して言えば、多様な演出が試みられ、上流階級以外にもファン層が拡大している現代が最盛期とも言うこともできるかもしれない。

とくに上演が盛んなのは、でオペラを楽しめるドイツ語圏(ドイツオーストリア)、イタリア語圏(イタリア)。
ある程度の規模のなら必ず昔ながらの歌劇場があり、オペラを愉しみとしている市民は結構多い。もちろん小さな歌劇場だと、ベルリン国立歌劇場ミラノ・スカラ座に出てくるようなレベルの高い歌・演奏が聴ける訳ではないのだが、それはそれで地方大人たちの社交場としての雰囲気を持っているのである。

オペラ→オペレッタ→ミュージカル

「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」は、役者による歌をメインに据えた音楽劇という点では同じだが、それぞれが一応別のジャンルとして受容されている(ただし、同じ譜面でも演出によってオペレッタにもミュージカルにもなってしまう中間的な作品などもある)。

(1) 派生

いのは、16世紀末に遡ることができるオペラである。

オペレッタは、オペラが成熟期を迎えた19世紀に、オペラから生してフランスドイツオーストリアで流行した。クラシック音楽の団体によって上演されるのでオペラの一種と考えてもよいが、節を付けない台詞による進行を交えて軽妙に演じるものであり、既に古典的形式を確立していたそれまでのオペラとは大きな違いがある。

ミュージカルは、オペレッタを含めた様々な芝居やダンスポピュラー音楽背景にして生まれた。
現代にふさわしい音楽劇の形式として20世紀のニューヨーク(ブロードウェー)やロンドンウエストエンド)で発展し、世界に広まっている。

(2) 音楽的な違い

オペラ・オペレッタがクラシック音楽に分類され、今日一般的にはクラシック教育を受けたオペラ歌手によって演じられているのに対し、ミュージカルクラシックだけでなくジャズロック民族音楽などあらゆる今日的な音楽を包摂するジャンルとなっている。ミュージカルでは演出方針によって色々な俳優歌手が役に扮し、いわゆるオペラ的な唱法はふつう好まれない。

台詞については、オペラは「レチティーヴォ」と言って、原則的にはちょっとした会話などにも楽譜があり節回しが決まっているのだが、オペレッタは純台詞部分がわりと多く、歌部分と区別されている。ミュージカルには作品によって両方のパターンがある。

(3) 上演方法の違い(※現在の日本の場合)

プロによる演形式を見ると、オペラは大がかりな舞台転換設備等を使用する場合が多く、専用設備のある大きなコンサートホール歌劇場)の所有者が上演を計画する場合が多く、オーケストラ舞台前に数十人を入れて演じられる。
ミュージカルの場合、東宝四季宝塚による都市圏演であれば1000人~2000人規模のミュージカル専用劇場において手の込んだ演出がされたりするが、全体的にみると舞台転換などはオペラの大演べれば機的になっており、生のオーケストラ等を入れないこともある。このため、プロレベルの劇団でも演出を工夫しながら小劇場や町のホールなどで演じることができる場合が多い。

また、オペラ歌手はふつう大きな劇場でも個人マイクは付けないが、ミュージカルでは一定以上の広さと設備のある劇場であれば、各キャストにピンマイクを付けて量を調整するのが常套手段となっている。

海外作品を演る場合の使用言については、ミュージカルだと特別な理由がない限りは日本語に訳して歌うのに対し、オペラでは原イタリア語ドイツ語)上演のほうが盛んなため、電掲示による字幕設備が一般化している。

(4) 訳語

「歌劇」は明治時代にオペラの日本語訳として作られた言葉であり、例えば「歌劇場」はオペラ用のホールを意味する。

ただし歌劇が東京市民に定着してきた大正時代頃の歌劇団は、西洋のオペラやオペレッタをレパートリーとして演じながらも見世物小屋的なノリを色濃く保持していて、とりわけ宝塚などは戦後になると新形式であるミュージカルへ軸足を移して人気を博していった。
だから、宝塚歌劇団などは歌劇と名乗っていてもオペラは演じず、レパートリーとしている演劇ミュージカルである。そのため今では「歌劇」はオペラ・オペレッタに限らず、ミュージカルまで含めた歌付き音楽劇の総称であると捉える向きもある。

定番の演目

ニコニコに上がっている動画を貼りつつ、イタリア語ドイツ語フランス語日本語、オペレッタの順に、代表的な作品を紹介していく。

イタリア語オペラ

椿姫 (ヴェルディ、1853年)


■sm2796123[ニコ動]

原作は当時人気だった"小デュマ"の小説。「椿姫」というのは元々小説版の邦題で、森鴎外がつけた題らしい。

ヴェルディという作曲は、社会から疎外される人々に焦点を当てた作品を好んで曲をつけることが多かったのだが、この話も19世紀ヨーロッパという同時代を舞台にして、を踏み外してしまった高級婦の物語である。

お話は悲劇だが、音楽的な明るさ・やかさ・強さが発揮されており、脚本の素らしさと相俟って「オペラの中のオペラ」たる作品として世界中で上演され続けている。

映画『プリティ・ウーマン』の中で、ジュリアロバーツとリチャードギアが観に行っている作品はこれ。

第1幕の劇中合唱「杯の歌」が一番有名な曲で、ニコニコ動画にも色々とUPされている。

アイーダ (ヴェルディ、1871年)

■sm9822692[ニコ動]

右の動画の3分28~流れているのが「凱旋行進曲」。さしたる理由もないのだが、今や日本サッカーテーマソングになりつつある曲である。

このオペラは、エジプトエチオピアという二つの古代国家舞台にした悲物語である。
1860年代後半に、エジプトアリ総督が考古学者に原案を作らせ、ヴェルディにオペラ製作を依頼して、やがて策のような形でカイロで大規模に初演された。

ちなみに、劇団四季エルトン・ジョンミュージカル版『アイーダ』を2003年からレパートリーにしており、そちらも有名になってきている。
ミュージカル版の方は、話の筋は同じでもヴェルディの楽曲は一つも使用しないので、凱旋の大合唱や凱旋行進曲が聴けると期待して見に行ってはいけない。もっともミュージカル版はミュージカル版ですばらしい作品である。

蝶々夫人 (プッチーニ、1904年)

■sm6381441[ニコ動]

20世紀オペラの巨匠プッチーニによって作曲された、長崎舞台になっている話である。

和服を着た蝶々夫人が歌うソプラノ・アリア「ある晴れた日に」の旋は、日本人ならしも聴いたことがあるのではないだろうか。

原作は、当時の作家ジョンルーサーロングが書いた一編の短編小説アメリカ大物作家ベラスコが見出して、イタリア人のプッチーニがオペラに仕立てることになった。

トゥーランドット (プッチーニ、1926年)

■sm3165548[ニコ動]

トゥーランドット」は中国舞台定されている西アジアの昔話で、18世紀にペティという作家が説話集に採録して名篇として知られていた。

なお、プッチーニ以前に「トゥーランドット」をオペラ化した作曲は少なくとも11人いる!のだが、今やプッチーニの作品が全にスタンダードとなっている。

最終幕のアリアも寝てはならぬ」が、FIFAワールドカップオリンピックで三大テノール・パヴァロッティによって歌われ、特にサビの部分は世界的に有名になった。

セビリアの理髪師 (ロッシーニ、1816年)

■sm15322928[ニコ動]

ここまで悲劇寄りのオペラを紹介してきたが、これは軽妙脱なストーリーの妙技が楽しめる作品である。

日本では、序曲の部分が一番知られているだろうか?

原作はボーマルシェによる戯曲で、ロッシーニの試みが2度のオペラ化だった。

なお最近では、舞台都市「セビリア」を現地のスペイン語に近い「セビージャ」と呼ぶことが増えている。
でも、このオペラに関してはやっぱり「セビリア」と呼んであげてください。

フィガロの結婚 (モーツァルト、1786年)

■sm9597374[ニコ動]

原作はボーマルシェによる戯曲で、前出『セビリアの理師』の続編として書かれたもの。

よく知られているように、ザルツブルグ出身でウィーンで活動したモーツァルトは、自分たちの言であるドイツ語のオペラを創ることを望んだ人物なのだが、この作品についてはイタリア語の台本で書かれている。

序曲や「とはどんなものかしら」がとても有名。全体的にテンションの高いオペラである。

愛の妙薬 (ドニゼッティ、1832年)

■sm8878687[ニコ動]

喜劇的なイタリアオペラの中でもとりわけ親しみやすく、日本でもしばしば上演されている。要人物のそれぞれにのあるアリアが与えられている。

台本はこのオペラのためにわすか1週間で書き下ろされた、田舎村における他のない恋愛喜劇である。

ランメルモールのルチア(ドニゼッティ、1835年)

■sm9942954[ニコ動]

ドニゼッティの代表作で、政略結婚によって引き裂かれた男女の悲劇が題材。

第2幕で望まぬ相手との初ルチア婿を刺し殺し、発狂して血にまみれた姿で歌う「狂乱の場」は有名。
映画「フィフス・エレメント」では異人の歌姫が歌い、人間には不可能な音域で歌い上げる「Diva Dance」へと繋がる。

カヴァレリア・ルスティカーナ (マスカーニ、1890年)

■sm18346851[ニコ動]

原作は、当時イタリアで実際に痴情のもつれから起こった事件に取材したヴェルガの小説。シチリ舞台にした話である。

ドロドロしたストーリーだが、マスカーニのしく、しかし時に胸を痛めつけるほど甘美な音楽がよくマッチしている。

戦前日本における小劇団行の世界では、日本語ではなく原イタリア語で上演されるの演だったらしい。

ドイツ語オペラ

魔笛 (モーツァルト、1791年)

■sm494809[ニコ動]

モーツァルトの最後のオペラ作品。まだ基本的に「オペラ=イタリア語で歌うもの」という時代だったが、ドイツ語の台本を手に入れて大成功させ、ドイツオペラの礎を築いた。いくつかの既存の戯曲を流用・再編成し、コミカルかつナンセンスに仕上げている。

椿姫』等と並ぶ世界の定番オペラでありながら、子どもでも楽しめる話なので、特にドイツでは台本だけ子ども向けに書き換えたものが様々な機会に演じられたりしている。

この『魔』以来、ドイツ語名作オペラには魔法などが登場するファンタジックな伝奇物が非常に多い。イタリアオペラの関心がに、人間的な文学や生活劇、故事などに向いているのとべて、明らかな傾向の違いが見られる。

魔弾の射手 (ウェーバー、1821年)

■sm14860290[ニコ動]

ドイツの伝承を題材としたオリジナルオペラ。伝承の内容は、ある射撃手が所有するは7発中6発は必ず意のままに命中させることができるが、1発は悪魔の望むところに命中してしまうというもの。

もなかなかよくできているが、やはり音楽が見事である。次々と繰り出される楽曲の旋はなかなかから離れない。

平野耕太漫画HELLSING』では「魔弾の射手」ことリップヴァー中尉アーカードの対決において、「狩人合唱」が引用され、OVAでも楽曲が使用されている。

タンホイザー (ワーグナー、1845年)

■sm4040375[ニコ動]

イタリアヴェルディと同時期の大家に、ドイツワーグナーがいる。彼は作曲者として優秀なだけでなく、オペラに身をげ、オペラに豊かな文学性やドラマチックな演出をめて数々の革命をもたらしたオペラ作家である。

この『タンホイザー』は、中世ドイツ伝説に取材した作品。

1947年の日本初演は、日本のオペラ行としては後にも先にも例のない、全演入場率100%を達成している。

ドラマ白い巨塔』(2003年版)でたびたび流れた曲でもある。唐沢寿明演じる財前が自らの手術の執揮者のタクトになぞらえて、を閉じながら序曲メロディーを口ずさんでいた。

トリスタンとイゾルデ (ワーグナー、1865年)

■sm8548991[ニコ動]

音楽も展開もショッキングなオペラで、ワーグナーの最高傑作の一つに数えられる。


次へ»
最終更新日: 19/04/19 23:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ