ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オメガマン


ヨミ: オメガマン
掲示板をミル!
64カキコ!

オメガマンとは、漫画キン肉マン』に登場するキャラクターである。正式には定冠詞を付けてジ・オメガマン。
後に設定された本名はオメガマン・ディクシア
人強度8600万パワーは作中で屈の高さを誇る。

CV山口健


概要


口癖

フォーフォフォ!

出身地

こそは 遠く1万6千光年宇宙かなた
オメガケンタウル団から

目的1

フェニックスさまの命を受け
おまえたちキン肉マンチームを皆殺しにするためやってきたオメガマンだーっ!!

名の由来

またオメガマンのΩ(オメガ)とはギリシャ語の最終文字
最後と言う意味もある……

立場

まさに わたしフェニックスチーム最後の戦士として
キン肉マンチームよ おまえたちの前に立ちふさがったのだーっ!!

目的2

そしてわたしにはおまえたちキン肉マンチームを倒し
フェニックスさまをキンの王の座に就かせる任務のほかに
もうひとつ大切な的があってやってきた……

さすがに長くなりすぎたので中断

まあ それについてはおまえたちをひとりずつ血祭りにあげながら
おいおい説明してやるぜ フォフォフォ


説明


以上の物凄く長い自己紹介で登場したスーパーフェニックスチーム中堅。その名が示すとおり、王位争奪編までの物語中で最後に登場したキャラクターである。

地球から1万6千光年離れたオメガケンタウル団のに住む「オメガの民」の一員で、当アリステラ
はるばる地球にやってきて完璧超人となり、また犯罪人をハントするハンター業に就いていたが、同時に地球情報に送る諜報活動を行っていた模様。アリステラは妙に地球情報に詳しいが、それはだいたいこいつのせいという事になりそうである。

完璧超人始祖編で大きく設定が変更される前から超人閻魔と接点を持っていた完璧超人だが、設定変更の影を受けて、彼の立ち位置もまた変化することになった。
以前は墓場完璧超人が同一団体だとされていなかったため、彼は「超人閻魔で雇われた外部のハンター」という関係だったが、「完璧・無量大数軍入りをすため超人閻魔を受けてネプチューンマンの命を狙う……と見せかけて超人閻魔に近づこうとしたオメガの民のスパイ」という設定になった。ネプチューンマンは必ずキン肉マンたちの援護に現れると考え、フェニックスに(表面上)忠を誓い知性チームの一員となり、キン王位継承サバイバルマッチに出場する。

兄アリステラとの風貌の違い

プロフィール



作中の活躍


王位争奪編

王位争奪編開始当初からミステリアスパートナーとしてキン肉マンスーパー・フェニックスに同行。1回戦、準決勝は戦う機会がいままチームが勝ち進み、決勝戦でいよいよその姿を現す。
とてつもない長口上(しかも話題が全部終わっていない)で自己紹介を述べ、中堅としてキン肉マンチームの副将・ジェロニモ石垣リングで戦う。試合開始直後にΩカタストロフ・ドロップ殺。しかしネプチューンマンの放ったキン肉アタルの遺によって防がれており、立ち上がったジェロニモネプチューンマンキン肉マンチーム殺のを受けてきたことを解説しながら優勢に戦いを進める。
ジェロニモも奮闘したものの、背中の巨大に宿した亡霊人たちの防御によって防ぎきり、二度Ωカタストロフ・ドロップによって勝利した。

続けて、フェニックスマンモスマンとともに3vs3のイリミネーション・ルーレットマッチに出場。マンモスマンロビンマスクが消滅すると、ザ・サムライと名乗って姿を変えていたネプチューンマンと対決。変身Ωメタモルフォーゼによってキン肉マンネプチューンマンの二人を同時に圧倒する。しかしキン肉マンマジックスクウェアによってΩメタモルフォーゼを封じられてしまい、コンビキン肉マン&ネプチューンマン)のコンビネーションによってフェニックスと共に窮地に追い込まれる。
フェニックス示でキン肉マン師匠プリンス・カメハメ変身することで再び優位に立つが、カメハメは実戦稽古によってキン肉マン52の関節技を伝授。さらに敵が強大になってしまう。
キン肉マンに敗れたカメハメから元に戻った隙にキン肉マンを捉えてΩカタストロフ・ドロップを繰り出すものの、ネプチューンマンが割って入ったために、技はネプチューンマンに炸裂する。ネプチューンマンは予言書が燃え尽き消滅する。

その後、キン肉マンフェニックスビビンバを取り合うイベントの後、あらためてキン肉マンの前に立ちはだかるが、カメハメとの戦いで成長したキン肉マンには「もはや相手ではい」と一蹴され、マッスル・スパークで倒された。

死後、遺体はリングから降ろされていたはずだが、いつの間にかリングに戻されていてフェニックスの攻撃に活用される。さらに仮面に記録されていたマッスル・スパークイメージを分析したフェニックスが、マッスル・スパークを破るきっかけにもなった。
最後は予言書を燃やされ、死体のまま消滅する。その手はいつのまにか祈るように組んだ形になっており、さらに消滅の際には手袋キン肉マンの手を取り、何かをすような形でキン肉マンの手に残っていた。

王位争奪編の後に復活・再登場はく、完璧超人との戦いを描いた完璧超人始祖編でも言及されることはかった。

オメガ・ケンタウリの六鎗客編

故郷オメガケンタウル団からであるオメガマン・アリステラ率いる軍団「オメガ・ケンタウリの六鎗客」が登場。彼らに向けてマグネットパワー友情パワーについて情報を伝えていたことが明らかになった。

アリステラ回想シーンで、墓場に潜入した姿が描かれた。
ミラージュマンの試験を乗り越えて完璧超人入りを果たし、墓場の中で名を得るべく奮闘、アモイマンを撃破して墓守鬼たちに賞される。そして完璧・無量大数軍に取り立てられる機会を得て、そのための課題としてネプチューンマン殺を命じられる。

ネプチューンマンキン肉マンチームの援護のため姿を現すと読んだオメガマンは、キン肉マンチームと対戦する強である知性チームに入りこんだのだった。

前述の死亡から消滅にかけてのシーンでは、実はマッスル・スパークでは死んでおらず、フェニックス人予言書のページを燃やしてしまったのが死因という事になった。
だが、該当のシーン読み返してみるとその場にいた全員が「オメガマンはもう死んでる」と認識して行動しているのだが、実は言葉も出せないほどの重傷の状態で「頼む消滅だけはやめてくれ、仲間のところに戻らないと」と手を組んで祈っていたり、キン肉マンに「オメガの民の未来を頼む」と願う形で両手を取っていたのかも知れない。

またパイレートマンるところによれば、マッスル・スパークで敗れたオメガマンもまた火事場のクソ力オメガ未来を見出し、希望す意味で手袋キン肉マンの手に残ったのだろうと推測されている。
その時キン肉マン火事場のクソ力は封印されていてその影かったはずとパイレートマンに教えてはいけないぞ!


必殺技


Ωカタストロフ・ドロップ
ツームストンドライバーの態勢に加えて相手の両手両足を封じ、さらにその上から巨大で全身を包み込んで全に逃げられなくして叩き付ける。外部からの救援なくして独で脱出できた者はおらず、まともに直撃すればKOできなかった者はいない璧な必殺技
ジェロニモネプチューンマンを倒した他、完璧超人アモイマンを木っ端微に破壊している。
技のほとんどがギミック頼みのオメガマンにとってほぼ一のまともな大技であり、これの完成度の高さが彼のポジションを「ギミック頼みだけではない、実でも強」というものにしている。
Ω血煙牙
墓場から脱走しようとした人たちを(撃で)ハントし、その頭部を背中の巨大に宿しており、噛み付き攻撃で牙を相手の体に埋め込ませる。その準備段階の後、相手の体に残した牙を特殊な音波で操り、さらに傷口を抉り出す。
また、巨大にはハントした人たちの他にネプチューン・キングも現れた。やっぱり脱走しようとしたところをハントしていたのか、ネプチューンマン墓場に呼ぶために現れた協態勢だったのかは
Ωメタモルフォーゼ
変身を持った仮面から線を放ち、対の物体/生物/相手が考えたイメージなどに姿を変える特殊。非常に応用性が高く、キン肉マンチームをおおいに苦戦させた。
もしもキン肉マンカメハメでなく悪魔将軍イメージしていたら確実に勝っただろう。

関連動画



■sm13300157[ニコ動]

■sm3582425[ニコ動]


関連静画


■im5022573(静画)
■im4899496(静画)


関連商品


■azB01MTD1TKG
■azB00DR5V3PQ


関連項目



最終更新日: 20/04/04 17:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ