ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オリックス・ブルーウェーブ


ヨミ: オリックスブルーウェーブ
掲示板をミル!
23カキコ!

オリックス・ブルーウェーブとは、日本プロ野球パシフィック・リーグに所属していた球団。

概要

1988年10月19日阪急電鉄オリエントリースへの球団譲渡を発表。
同年には南海の身売り、更に阪急の身売りが発表された10月19日近鉄vsロッテの10.19ダブルヘッダーがあった日であり、プロ野球の重大ニュースづくめの中での球団譲渡の発表であった。

この球団譲渡により、阪急ブレーブスは球団名をオリックスブレーブスめ、ユニフォーム黄色を基調としたものとなった。本拠地球場は西宮球場のまま。監督阪急から引き続き、上田利治が揮を執った。

オリックスとなった1989年阪急から軸のブーマー・ウェルズ、石嶺和松永浩美藤井康雄南海から移籍した門田博光を加えたブルーサンダー打線チームを牽引、近鉄西武との三つの戦いの中、近鉄とのゲームしの2位となる。

1990年も引き続き2位となる。同年、本拠地を西宮球場からグリーンスタジアム神戸へ移転。阪急から引き続き監督を務めた上田利治が辞任し、地元出身である土井正三監督に代わり、更にチーム名もオリックス・ブルーウェーブとなり、阪急色は消え去った。

1991年ドラフトでは後のメジャーリーガー、田口壮ドラフト1位で入団。そして同ドラフト4位で鈴木一朗、後のイチローが入団する。

1993年オフ監督土井正三に代わり仰木彬が就任。そして1994年、仰木は鈴木一朗の登録名をイチローとし、怪や不振で手薄となった外野手から一軍に大抜する。そして同年、イチロー日本球界初となるシーズン200本安打を達成した。

1995年1月17日阪神淡路大震災が発生。本拠地が被災地の近くということもあり、多くの選手が被災した。震災の影神戸での試合が危ぶまれたが、チーム全員が「がんばろうKOBE」を合言葉に奮起。
同年リーグ優勝を果たし、神戸に感動と勇気を与えた。

1996年リーグ優勝を果たし、日本シリーズでは読売ジャイアンツを破って日本一となる。

以降も1999年までAクラス入りと強球団として名を馳せた。

しかし2000年には4位となり12年ぶりのBクラスに転落し、オフにはイチローメジャーリーグに移籍。2001年勝率5割に戻すも2年連続4位のBクラスとなり、オフには監督仰木彬が勇退。この年以降、の流失や投手の崩壊が重なり、2002年2004年は3年連続最下位に沈んだ。

2004年には球界再編問題で近鉄との合併がなされる事が発表された。そして2005年近鉄との合併球団、オリックス・バファローズが誕生した。合併球団ではあるが、実質的にオリックス・ブルーウェーブの流れを組んだ球団である。

2019年3月21日イチローが現役引退を発表したことにより、ブルーウェーブに所属したことのある現役選手はいなくなった。

OB・関係者

※太字は現役

あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行
ら行 わ行
  • ----

関連動画


■sm4367208[ニコ動]

■sm7085563[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 19/04/28 20:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ