ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オリバー・ハザード・ペリー級フリゲート


ヨミ: オリバーハザードペリーキュウフリゲート
掲示板をミル!
9カキコ!

オリバー・ハザード・ペリー級フリゲートとは、アメリカ海軍などが運用しているフリゲート(軍艦)である。


概要


1975年から1988年にかけて51隻が建造され2015年アメリカ海軍での運用を終了したが、18隻がアメリカの同盟に輸出・供与される形で現役についており、更に海外ライセンス生産された17隻が活躍している。

ちなみに51隻という建造数はアーレイ・バーク級に次ぐ第2次世界大戦後にアメリカが建造した軍艦クラスの第2位となる。


特徴


本級の大まかな特徴として以下の3点を挙げる。詳細は後述。

  1. 細長い船体(全長140m弱×全幅14.4m)の半分程に上部構造物(艦・煙突・ヘリ格納庫)を乗っける。
  2. 艦首ミサイル発射機(対対艦ミサイル用)、マストと煙突の間に76㎜速射を配置
  3. ヘリコプター最大2機を運用可

このような特徴になったのは本級が第2次世界大戦中から建造されてきた船団護衛=対潜水艦用の『護衛駆逐艦』の延長線上で建造されたこと以上に建造と運用にあたって低コストを位置づけられた事が大きい。


船体構造


艦船は基本的に艦ヘリ格納庫を前後で独立させているが本級では居住性も考慮して各種スペースを多めにとれるよう上部構造物を一めにしている。

更に後述するミサイル発射機を波浪から防護するため艦首を高くしている=ブルワークにしている。また、メインエンジン(ガスタービン×2+1軸推進)とは別にアジマスラスター=補助推進ポッド×2を装備する。

なお、当初は全長135mだが艦載ヘリ変更SH-2⇒SH-60のため138mに延長されたタイプになっている艦も存在する。


武装


本級で最も重視されていたのが対兵装である。それまでの米軍フリゲートは対潜戦を重視して対潜兵器(対潜ロケットアスロック無人機を含む対潜ヘリ)を備えていたが対兵装は艦載砲程度で本級の前にあるノックス級フリゲートでようやくシースパロー(射程26㎞)を搭載したが自艦はともかく護衛対(友軍艦船、民間船)をカバーできないため本級ではSM-1(スタンダードミサイルの初代、射程40㎞)を搭載したことから正式には対空ミサイルフリゲートに分類されている。ただしコスト削減のため3次元レーダー標の方位・位置に加え高度を測るレーダーは装備していない。

このSM-1は艦首のMk.13単装発射機で運用されるがこの発射機はハープーン対艦ミサイルも発射できる。
その一方、近接防衛を担う一端である76㎜(イタリア製3インチライセンス版)がスペースの都合で上部構造物の屋根に配置されているのだがメインマストと煙突の間に挟まれる形で置かれているため射界が制限されているのちにファランクスを煙突の後ろに配置したので更に制限された

なお、対潜水艦戦は艦載ヘリと短魚雷発射管の2段構えで対応する=アスロックは運用できない。

なお、冷戦終結後はテロリストや密輸船を相手にした上警備に使われることが多くなったことやイージス艦の増備が進んだことでMk.13を撤去し撤去と言っても発射機本体を保管して後に蓋をする程度=有事及び海外売却時に復活させることを想定している代わりに25機関M2機関銃を増備した。


エピソード



艦名の由来


本級の艦名はアメリカ海軍関係の人名を使用している。一例として『オリバー・ハザード・ペリー』は戦争で武勲を挙げた提督の名である。そして彼は船の『マシュー・ペリー』のである。
実はのほうがアメリカで知名度が高く『マシュー・ペリー』の名は2010年に就役したルイスアンド・クラーク級9番艦まで採用されていなかった。
なお、後述するの艦名の由来は以下の通り。

サンタ・マリア スペインゆかりのある名前(地名、人名、船名)
デレード級 オーストラリアの地名
成功級 中国の武将名

スターク誤爆事件


1987年5月17日に起きたイラク戦闘機から発射された対艦ミサイルによって23番艦FFG-31スターク』が37名の死者を出した事件である。当時はイランイラク戦争っ最中で双方ともに敵国のタンカーを攻撃していたのだがクウェートのタンカーが巻き添えを喰らっていてアメリカ軍が護衛・警をしている中で起きた事件であった。但し当時はアメリカイラク支援していてイラク軍が米軍を攻撃することは想定していなかった。イラク軍機の接近は米軍把握していて警告を発しているがイラク機が発射した2発のエグソゼ対艦ミサイルは『スターク』自身の艦防衛システムが働かないという不運もあり20の時間差をつけて艦直下に命中する。
幸運にも最初のミサイル爆発しなかったもののミサイルそのものの推進剤により炎上が発生。その後、不運にも応急対策のため乗組員が最初のミサイル命中箇所へと集まろうとしていたところに第二弾が命中・爆発したため艦乗組員の1/5が死傷するという大ダメージを受ける。火災はCIC(戦闘揮所)や弾薬庫にも届きかける勢いだったが乗組員の献身的な復旧作業・僚艦の支援のもと、20時間がかりのダメージコントロールの結果、沈没を免れた。
 
(フォークランド紛争時、英国海軍駆逐艦シェフィールド』も同様にエグゾゼ対艦ミサイル1発の命中を受け、艦内発電が出来ず有効なダメージコントロールが行えないまま艦を喪失した事例もあったため、『スターク』乗組員の練度と艦のダメージコントロールが賞賛されることになる)


サミュエル・B・ロバーツ機雷接触


1988年4月14日イランイラク戦争に伴うタンカー護衛任務のためペルシャ湾に展開していたFFG-58サミュエル・B・ロバーツ』(サミー・B)は、船底直下に機接触。
5mの破孔が開き、機関室に火災と浸、そしてガスタービンエンジン2機のマウントがはずれるという損を受ける。なにより問題なのは船体船底直下ということもありに損傷を受けたことだったが乗組員達は原からの脱出のため補助推進ポッドを動かしつつ、慎重に5時間に渡ってダメージコントロールを続行。事機原より脱出すると共に艦を回復。沈没を免れた。損傷を受けた船体機関部の修理に当たっては船体を輪切りにして交換ユニットごと入れ替えるという手法で修理され、湾岸戦争にも参加している。


派生型



サンタ・マリア級フリゲート


1980年代から90年代初頭にかけて建造・就役したスペイン海軍ライセンス版。オリジナルより幅が広く(14.3m)、ヘリ格納庫上にスペインCIWSメロカ』20㎜機関多連装ロケットに12門えているのが特徴。を搭載している。5隻が就役中。


アデレード級フリゲート


サンタ・マリアフリゲートと同時期に整備されたオーストラリア海軍ライセンス版だが6隻中4隻はアメリカで建造された。また4隻はホバート級イージス艦就役までの繋ぎとして以下の装を施された。

2019年をもってオーストラリア海軍においての運用を終了したが2隻がチリ海軍への売却が決定している。


成功級フリゲート


中華民国=台湾海軍ライセンス版。1990年代初頭から2000年代初頭にかけ8隻が配備。台湾海軍をとりまく諸事情を反映して以下の様になっている。

  1. レーダーマスト・メインマストの間に対艦ミサイル『雄風2』(射程150㎞)4連装発射機2機を装備。
  2. Mk.13はSM-1の運用に特化。
  3. 格納庫手前の両舷に40機関を装備。8番艦田単のみ20㎜リボルバーカノンを装備
  4. ソナーは艦首のみ、艦尾ソナー及びソナー情報を集約する戦闘システム未装備

1と2の理由は中関係のため本来装備するハープーンの供給が不安定な立場に置かれているので自前で開発した雄2を使うことにしたが艦首発射機が対応しておらず別に装備したのだがトップヘビーになってしまった。
しかも2011年からは差し替える形で新の『雄3』(射程200㎞または300㎞とも)を4基装備している。
3の理由は中国の高速艇対策で装備したが76㎜の下に置く形で配備しているがこの40は防付だが有人なので76㎜と同時に使えない=40の給弾員射撃自体は遠隔操作が上からの衝撃で死にかねないという欠陥を持つ。
4の理由は中関係を考慮した側の忖度である。

それでも総合的に見れば有な艦であり、特に対火力は基駆逐艦キッド級駆逐艦に次ぐを有している。ちなみに台湾海軍現在運用している済陽級フリゲートノックス級フリゲート更新のため6隻のオリバー・ハザード・ペリー級をアメリカから購入する計画を進め、先立って2014年末に4隻を購入することが台間で決定し、2018年に2隻が再就役した再就役後は76㎜ステルスに換装する以外の改造は行われていない
そして中国から抗議された。台湾にしてみれば欲しいのはイージス艦潜水艦なのだが。


G級フリゲート


アメリカで運用を終了したオリバー・ハザード・ペリー級の内、トルコに売却された135mタイプ8隻の総称。
現代戦にもある程度対応できるようGENESISと称される以下の修を施されている 。


関連作品


■sm8238613[ニコ動]

■sm6631791[ニコ動]

■sm26418270[ニコ動]
■sm9169828[ニコ動]


関連商品


■azB003O69L02
■azB002JOO0OM


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/02/11 14:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ