ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オリヴィエ・ゼーゲブレヒト


ヨミ: オリヴィエゼーゲブレヒト
掲示板をミル!
5カキコ!

オリヴィエ・ゼーゲブレヒトとは漫画魔法少女リリカルなのはViVid』の登場人物である。
CV米澤円


概要


セイバーっぽい外見をした王女であり『最後のゆりかご王』。

高町ヴィヴィオの複製体(オリジナル)であり、彼女骸布に残されていたDNAを素にヴィヴィオが生み出された。肖像画ではお互いあまり似てないので、普通に「ヴィヴィオのご先祖様」でいいとのこと。

ヴィヴィオと同じく、右(グリューン)で左(ロート)の心優しい金髪少女で、称は「ヴィヴィ様」。
彼女が産まれた際に実は絶息しており、王核がそのままオリヴィエの体内に吸収されている。そのため周りでは彼女の事を「の命と魂を奪い取って産まれた鬼子」などと言う人もいたとされる。幼少の頃は母親死亡した事を知らされておらず、ごと母親を探しての内部を歩きまわる事もあった。

その上、物心がつく前に魔導事故で両腕と一部の要臓器を失ったことで子どもを生めない身体となっていたが、人前でそのことを憂える事はなかった。両腕がなくても放たれた矢を蹴り折り、石を蹴飛ばして盗を倒すなど戦闘力はかなり高く、さらに魔法の応用で身体を極限まで高める術を組み込む事で諸王戦乱の時代では武技において最強だったと言われている。

当初は王位継承権を持っておらず、人質として当時の同盟シュトゥラに送られる(表向きはシュトゥラに留学という事になっている)が、そこでアインハルトの祖であるクラウス・G・S・イングヴァルトや同じくジークの祖であるヴィルフリッド・エレミアと出会い充実した日々を過ごす。しかし、長引く戦争を終わらせるためとして超巨大戦艦王のゆりかご」の起動を決断し、高いゆりかごとの適合値を示した彼女がその継承者に選ばれる。彼女もそれを受け入れ、彼女を止めるべく立ちはだかったクラウスを退けて玉座に着き、長きに渡るべルカの戦乱を終わらせた。だが彼女自身もゆりかご起動の反動により己が命を削り尽くして短い生涯を終える。

生まれつきの遇から自己犠牲心が強く、古代ベルカ時代末期の戦乱に巻き込まれる形でその傾向が強くなっていった。周囲からはクラウスとの婚姻を望まれており、また彼女自身もシュトゥラでみんなと平和に過ごしたいという本心を抱えていたが、子孫を残せない身体ということが彼女に「戦乱を終わらせるために命を燃やし尽くす」という究極の自己犠牲を選択させてしまった。

自己犠牲の末に散った彼女の死はクラウスとヴィルフリッド、また交流のあったクロゼルグの魔女(ファビア・クロゼルグの先祖)といった関係者の全てに暗い影を落とし、それぞれの子孫の間にも因縁を作る事になってしまった。


関連商品


■az4047153737


関連項目



最終更新日: 17/06/26 10:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ