ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オーストリア継承戦争


ヨミ: オーストリアケイショウセンソウ
掲示板をミル!
1カキコ!

オーストリア継承戦争(17401748年)とはオーストリアの継承問題をきっかけにヨーロッパで発生した戦争である。


概要


      [画像を見る]           [画像を見る]

     オーストリアの女マリア・テレジア        プロイセンフリードリヒ2世

近世以来ヨーロッパで多大な影を誇ったオーストリアハプスブルク帝国に当時台頭していたプロイセンシュレジエンを巡り争った戦争シュレジエンをかけた二間の争いはこの戦争に収まらず、2人は生涯をかけてこの地を奪い合うことになった。


戦争の勃発


当時のヨーロッパ広大な領土を保有していたハプスブルク。しかし当カール6世には男子がおらず、後継者に悩んでいた。慣習的にヨーロッパでは当男子が継ぐものであったので、このままではカールの死後、彼の遺す遺産を巡って戦争が起こることは必至であった。近くにはスペイン継承戦争が発生していたし、そもそも他の継承に口を出して領土を併合するのはむしろハプスブルクの十八番であったのだ。だが今度はその不運に転がり込み、カール6世は頭をかかえることになる。

そこで彼は長女のマリア・テレジアに自らの帝国を継がせることを決めた。カール6世女性皇帝を認める内法を制定し、他には領土をエサにの継承を承認させようとした。彼の部下の中にはそんな口約束より、むしろテレジアのために強な軍隊を遺すべきだと言う者もあったが、カール6世を貸さなかった。

約束を得て心安らかにあの世立ったカール6世であるが、それほど当時のヨーロッパは甘くなかった。彼の死後にフランススペインバイエルン女性マリア・テレジアの継承権を否定しだしたのである。にわかに暗が立ち込めるなか、わずか23歳の新女にはなす術もなかった。彼女は本来皇帝ならば身につけているべき帝王学をまるでから習っていなかったのである。カール6世彼女の夫のフランツに政治を任せる気でいたのだ。だがフランツは優秀な行政官ではあったが、軍事としては無能であった。

マリア・テレジアの老臣から謙虚に政治を学ぼうとしていたのだが、弱肉強食の近世ヨーロッパ彼女の成長を待つものはいなかった。不意に彼女に衝撃的な報告が届く。北の領邦プロイセンフリードリヒ2世シュレジエンに向けて軍を進めているというのだ。シュレジエンハプスブルクの収入の1/4を占めるほどの豊かな都市である。これを奪われることは帝国の終わりに等しい。シュレジエンを巡る大王フリードリヒ2世と女マリア・テレジアの長い戦いの始まりであった。


マリア・テレジアの決断


フリードリヒ2世侵略マリア・テレジアにとって青天の霹靂であった。プロイセン小国で、ハプスブルク帝国に向かってくること自体が想定外なのだが、フリードリヒ2世という個人がハプスブルクに向かってくることはありえないことと思われていた。というのはフリードリヒは若い頃王の怒りを被り処刑されそうになった時、助命嘆願をしたのがテレジアカール6世だったからである。フリードリヒ2世はどちらかといえば文官気質で、カール6世からも可がられていた。また『反マキアヴェッリ義』という本を著し、弱肉強食ヨーロッパ社会批判していた人物であったのだ。そして奇しくもフリードリヒ2世マリア・テレジアの夫補の一人でもあった。

そんな男が即位した直後にカール6世の死に乗じてハプスブルクに攻撃を仕掛けてきたのである。オスマン帝国との戦いにを注いでいたオーストリアにそれを迎え撃つはなかった。く間にシュレジエンは占領され、更にプロイセン軍はフランス&バイエルン軍と連携して首都ウィーンに歩を進めたのである。この国家存亡の危機オーストリア宮廷は揺れに揺れた。しかしカール6世時代の老臣たちの頭にあるのは諦観と保身のみであり「この際、フリードリヒ2世の要を飲んでシュレジエンを放棄すべきである」と言い出した。夫のフランツもこれの同調する始末である。

ここで23歳の政治戦争も知らない箱入り娘が易きに流れ首を縦に振っていたら、ヨーロッパ歴史は大きく変わったであろう。だが、政治無知さにも関わらず、あるいは無知故にマリア・テレジアは断固としてシュレジエンを、や先祖から受け継いだ土地を守ることを決意したのである。


大王の進撃


だが状況は依然プロイセンに傾いていた。そもそも女であるテレジアも、入り婿絵で元は余所者であったフランツも帝国内からの支持はそれほど強くなかったのだ。途中、バイエルンプロイセンの意向に背いてウィーンではなく同じくハプスブルク領有のプラハベーメンに侵攻したのだが、ベーメン市民を死守するどころか、無血開城バイエルン軍を迎え入れてしまったのである。それほどまでに若きマリア・テレジアフランツは信頼されていなかったのである(後にテレジアはこの行為を厳しく咎めている)。他方、バイエルンウィーンから手を引いたことで首都陥落の危機はなくなった。

マリア・テレジアは一刻を争うシュレジエンへ軍隊を送り込んだ。しかし、豊富な軍資背景とする近代軍を持つプロイセンべて、オーストリア軍はイタリア人やチェコ人など多人種傭兵中心の混成軍であり古い式の軍隊であった。またオーストリア軍はそれを揮する将官が経験やではなく格によって決められていたのであった。

奇襲によってあと一歩のところまでプロイセンを追い詰めるものの、結局オーストリア軍は惜敗してしまう。勝敗自体は一重の差であったが、フリードリヒ2世は世に稀に見るプロパガンダ天才であった。彼はこの小さな勝利を「小国プロイセンハプスブルク帝国全撃破!」と宣伝したのである。これによってヨーロッパは一斉にプロイセンに傾いたのだ。プロイセンをはじめフランスバイエルンザクセン四国同盟を結び、オーストリアを包囲した。

ハプスブルク帝国は次々と蚕食され、フランツの手に渡るはずだった神聖ローマ皇帝位も300年ぶりに他に奪われることとなった。皇帝位自体は形骸化したものであり、2年後にはフランツの頭の上に帰ってきたものの、マリア・テレジアはいいようのない屈辱を覚えていた。


一進一退


東の敵であるオスマン帝国が中立を保ってくれていたことがマリア・テレジアをわずかに慰めたものの、事態は一向にオーストリアに好転しなかった。

そこで彼女ハンガリーに援助を頼もうと試みた。しかしハンガリー歴史的にオーストリアと不和が多い土地であった。マリア・テレジアは名ハンガリー国王でもあったので、その戴冠式に乗じてハンガリー貴族たちに軍資の提出を願った。生まれたばかりのヨーゼフ(後のヨーゼフ2世)を手にしながらの懸命な説得は数ヶにもわたり、ついに彼女ハンガリー貴族の援助を得ることに成功した。たかが小と侮っていたフリードリヒ2世もこの件で彼女の評価を見直すこととなる。そして事実ここからオーストリアの反撃が始まったのである。

まずマリア・テレジアが最も信頼するケーフェンラー将軍バイエルン首都ミュンヘンを陥落させた。バイエルンカールアルベルトは先述した通りプラハベーメンの王になっており、しかも今ではカール7世として神聖ローマ皇帝の位まで手に入れていた。だが帰る場所もフランスの後援も失ったカールは、戦争で荒する土を横に放浪生活を送り、まもなく病死してしまった。

一方で、もともと同盟関係にあったイギリスオーストリアに手を貸してくれることになった。イギリスを得たオーストリアフランツのカール・ロートリンゲンを大将にホトゥジッツの地で再び連合軍と干を交えることとなった。だが総大将マリア・テレジアの義という身内人事は、そのままオーストリア軍の弱さを意味していた。オーストリア軍はここでもプロイセンをあと一歩まで追い詰めるものの、やはり敗北してしまう。

マリア・テレジアはついにシュレジエンを放棄するベルリンの和約を交わし、オーストリア継承戦争の前半(第一次シュレジエン戦争)は終結した。別戦線ではハプスブルク軍はバイエルンフランスを打ち破りプラハを奪還する。ここで双方一息つくことになるのだが、この平和が一時的なものであることはにも明らかであった。


第二次シュレジエン戦争


ベルリンの和約から4年後、オーストリアイギリスオランダと同盟し、これに対してプロイセンフランススペインらと反ハプスブルク同盟を結び戦争が再開される。

両者はデッティンゲンで突し、今度はオーストリア勝利を収めた。オーストリア軍はそのままフランツの生まれ故郷のロートリンゲンに侵攻しようとした。ロートリンゲンはフランツがマリア・テレジア婿入りするときにフランスに奪われたもので奪還は悲願であったが、その直前でフリードリヒ2世の本隊がザクセン侵略し、次いでプラハを攻撃しているとの報が入った。オーストリア軍は断腸の思いウィーンに帰したのだが、プロイセン軍は既に侵攻を断念し引き返していた。

その後、間もオーストリアを盟にしたイギリスオランダ、さらに前回プロイセン側だったザクセンも含んだ四国同盟がワルシャワで結ばれた。またバイエルンカール皇帝カール7世)が崩御し、バイエルンハプスブルクと和解していた。一方のプロイセンは利己的なフリードリヒ2世フランス想を尽かし始め、逆に孤立を深めていた。しかしそんな苦の時こそ前にでるのがフリードリヒ2世大王と呼ばれる所以である。彼はシュレジエンからベーメンに向けて兵を進めた。第二次シュレジエン戦争の最大の山場となるホーエンフリードベルクの戦いは、中の2時フリードリヒが奇襲を仕掛ける。オーストリア軍は潰走し、プロイセン勝利した。

その後もハプスブルクプロイセンは何度も戦ったが決定的な勝敗はつかなかった。イギリスが停戦を促してもマリア・テレジアシュレジエンを取り戻すまでは戦争を終わらせる気はなかった。一方のフリードリヒ2世シュレジエンのためならその他の土地はどうなってもいいというほどの覚悟で戦争を続けていた。

最終的にマリア・テレジアが自軍の不利をさとり、ついに膝を折ることとなった。フリードリヒ2世はこの報告に諸手を挙げて歓喜したと言われる。この頃にはフリードリヒ戦争前に持っていたマリア・テレジア評を一変させ、彼女を非常に優秀な君と賞賛していた。ドレースデンの和約によってプロイセンと和解した後に、オーストリア西部フランススペイン連合軍と戦い、1748年にはアーヘンの和約が結ばれた。この和約では、マリア・テレジアの継承権が正式に認められる一方で、シュレジエンプロイセンのものとして認められた。こうしてカール6世の死を端に発し、都合8年にもったオーストリア継承戦争は終わりを迎えたのである。

だがマリア・テレジアシュレジエンを諦めたわけではなかった。彼女大王フリードリヒ2世シュレジエンを巡る第二ラウンドは1754年から始まる。世に言う七年戦争である。


関連動画



■sm1329941[ニコ動]

■sm19848410[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/06/21 16:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ