ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オースミサンデー


ヨミ: オースミサンデー
掲示板をミル!
7カキコ!

オースミサンデーとは、1994年まれの競走馬。ランニングゲイルが勝った弥生賞の二着

思い出すと涙は出ないけど溜息が出てくるの名前である。


概要


サンデーサイレンス ロジータ ミルジョージは言うまでもない名種川崎競馬場所属でながら南関東三冠を達成し、中央にも挑戦。オールカマーでは5着に踏んった名である。

ちなみにの世代はオグリキャップの一つ下であり、オグリが二着になったJCで最下位になっている(走り慣れない芝で世界レコード決着では仕方がい)。この事と、当時それなりに盛り上がっていた南関東競馬無敵の強さを誇ったことで、中央ファンにも結構知られたであった。

ロジータは初産駒で中央で二勝したシスターソノを出す。そして第3として送り出してきたのがオースミサンデーだった。サンデーサイレンスにとっても第二世の産駒にあたる。

地方の名と、前年から猛威を振るいだしたサンデーサイレンスということでデビュー前から大きな注を集めたオースミサンデー。デビュー戦は一番人気上は武豊騎手(ちなみにここにはステイゴールドも出ていた)。しかし大きく出遅れてしまい、7着。

ありゃ~、よくいる良血駄馬か?とも思われたのだが。次走、同じ阪神2000mで初勝利(実はここにもステイゴールドが出ていた)。出遅れをしての勝利に期待は膨らむ。

年が明けて上がオリビエ・ペリエ騎手に変わった京都ダート1800mでは一番人気に応えてあっさり勝利。この辺からファンはこの良血クラシック戦線でいけるんではないか?と注し始めた。そして弥生賞でじっくり見てやろうと待ち構えたのである。まぁ、関東ファンはあんまり関西の条件戦は見ないよね。

そして関東ファンの前に姿を現したオースミサンデーに、ファンは言葉を失った。いやいや。いいだったんである。大きなであったが、すらっとして、柔らかな曲線を描く格。長くてこれも柔らかな首差し。繋ぎが長く、蹄も良い形。体は濡れたような薄い皮膚で覆われ、ピカピいていた。

おおお、こ、こいつはすげぇ!と、ファンは思った。これは大物だと。このレースには一番人気のランニングゲイルはもちろん、メジロライアン産駒の期待エアガッツサニーブライアン サンデーサイレンス産駒で「一番の大物」と言われていたサイレンススズカも出ていたのであったが「将来性」を感じさせるという意味ではオースミサンデーが一番であった。

が「でも今日はいらない」と思った人も多かった。いかにもまだが薄く、まだまだ成長過程にあることが明らかだったからだ。なので、状態が良かったランニングゲイルと、なんか暴れていたけど良いであることは間違いサイレンススズカなんかを買った人が多かった。

が、オースミサンデーは3コーナーで置かれながら直線外を回って追い込んで二着したのである。これには逆にびっくりした。体があんなに未完成な状態であんなレースが出来るなら、クラシックで相当いい所まで行くぞあれ!と入れ込み始めたファンも多かった。少なくともゲートリンボーダンスした馬鹿よりもサンデーならこっちだな!と追い掛けるチェンジした人もいたとか。一方で三着になったサニーブライアン華麗にスルーされた。

そして皐月賞河内騎手上のオースミサンデーは4番人気に支持された。前走よりも12kgも体が増えていたが、太め感はまったくく、強さを増していた。おおお、これは行けるかも。

レースでは、ランニングゲイルやメジロブライトが後方に控える中、較的良いポジションレースを進めた。3コーナで抜群な手ごたえで先頭に立ったサニーブライアンに対して、オースミサンデーは大外に持ち出し、良い感じで差を詰めに掛っていた。河内騎手も手ごたえが良かったのだろう。4コーナーではかなり本気で追い出していた。

そして直線。あれ?なんか見覚えのが先頭を走っているが、オースミサンデーも来るはず!

・・・と、思った時、直線で一気に後ろに引き離されて行くが・・・。

あ、あのいメンコは・・・。

気が付いた時にはレースは終わっていた。5万馬券が出て大騒ぎになる中山競馬場。しかし、その一区画だけは静かだった。河内騎手が下し、厩務員や調教師も集まっているようだった。

その時はまだ、オースミサンデーが普通に立っているようにも見えたし、暴れてもいなかったから「大丈夫かな」「大きな怪かな?」「心配だな」とファンは思ったものの、まさかオースミサンデーをもう見る事が出来なくなるとまでは思っていなかった。

しかし、翌日の新聞でファンは彼の死を知る。左第一種子粉砕折。予後不良処分。

はあ~。ファンは涙を流すよりも溜息を吐いたものだった。

勿体無い。なんで勿体無いかと言えば、あのはまだまだこれからのだったからだ。これから、皐月賞を終えてダービー、古とどんどん良くなるだろうなぁと楽しみにさせるような体だったのだ。筋肉ムキムキの理やり鍛えたとは違う、伸びやかで柔らかで流麗なその体は間違いなく「これから」のだったのだ。

こんなことなら弥生賞を惨敗して皐月賞に出られなければ良かったのに。そんな事さえ思ったものである。

弥生賞で先着したサニーブライアンは二冠を達成。ゲートリンボーやったあの馬鹿サイレンススズカ快速の逃げとして名を馳せた。新戦で顔を合わせたステイゴールドシルバーコレクターとして長く活躍し、種として大成功、三冠馬を出す騒ぎとなっている。そういう同期の活躍を見るたびに溜息が出るんである。

はあ~。いやいや。オースミサンデーはもっと凄かった、のかも知れないんだよ、と。


関連動画



■sm6779243[ニコ動]

 ■sm3522848[ニコ動]


関連商品


オースミサンデーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


オースミサンデーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/05/04 22:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ