ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カウンタック


ヨミ: カウンタック
掲示板をミル!
8カキコ!

カウンタックは、イタリアから登場したランボルギーニ製のスーパーカーにして、40代の羨望の眼差しを一身に浴びたマシンである。名は現地で「驚いた!」という意味で、正しくはクゥンタッシ(クゥンタッツィ)。日本においてはスーパーカーの代名詞ともなった。


概要


1971年に登場したそのマシンは、1メートル少々の極限ともいえるローフォルムと、今見てもどこのにも似つかぬ鋭利なウェッジシェイプでまさに世間を驚かせた。 エンジンは4~5リッターV12ミッドシップに縦置きで搭載され、最高353~455ps、最高トルクは一貫して51kgfを発生させた。

カウンタック自体の人気と、自社の掲げるハイパフォーマンスマシン追求を担っていることから製造期間が歴代ランボルギーニ社の中でもっとも長く、1990年まで製造されていた。

そのフォルムから「最高で300kmいける」と自社は自慢していたが、実際の所は300kmに届かず、後付けされたウィングで安定性を確保しないと、まともに250kmも出せなかった。

フェラーリがカウンタックの300km/hに対抗して「じゃあうちは302km/h」という小学生の喧みたいな謳い文句で365GT4BBデビューさせたことはあまりにも有名。もちろんこちらも販された車両でそんな速度は出せない。


ドアについて


カウンタックに限らず、スーパーカーの魅ともいえるガルウィングドアだが、ヒンジの形状上ガルウィングドアとしては成立していない。正確な名称はいが、一般的に「シザーズドア」「ポップアップドア」などと呼ばれる。ちなみにランボルギーニが製造する全種がガルウィングを装備していない。


関連動画



■sm3506182[ニコ動]

■sm2443291[ニコ動]

関連項目



最終更新日: 11/03/02 14:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ