ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カカロット症候群


ヨミ: カカロットショウコウグン
掲示板をミル!
5カキコ!

カカロット症候群とは、頭に強い打撃を受けることにより記憶を失い性格が変化した人物をまとめてす言葉である。


概要


『カカロット症候群』という単が登場したのは漫画ケロロ軍曹』で、登場人物の一人アンゴルモアが擬態した女子高生麻美が頭を強く打って性格が変化してしまったことをクルルが「カカロット症候群」と名付けたのが初出と思われる。由来は漫画ドラゴンボール』の主人公孫悟空の本名であるカカロットから。


『ドラゴンボール』におけるカカロット症候群について


悟空カカロット)は地球を制圧するために送り込まれたサイヤ人だが、送り込まれた当時はその「地球を滅ぼす」という的に応じて動くようになっており、そのため彼を拾った育ての親・孫悟飯にもまるで懐こうとしなかった。しかし、ある時悟飯は彼を底に誤って落としてしまう。その際に頭を強打した悟空だが、サイヤ人ならではの生命で一命をとりとめ、それ以降おとなしくなったという(その傷は今でも残っていると本人が説明)。悟空は頭を強打することで的を忘れ、以降は地球人との交流で穏やかな性格に育っていった。

さて、それだけなら何ということはないのだが、問題はここからである。『ドラゴンボール』はアニメゲームを始め多くの作品が作られており、特にゲームではIFストーリーの展開が多いのだが、それらの中に本編悟空と同様「頭を打って記憶を失い穏やかな性格になるサイヤ人」が描かれる話もある

本編に登場するサイヤ人は基本的に悪人であり、地球人との混血児である孫悟飯孫悟天トランクスや、地球上で長い時を過ごしたベジータはともかく、それ以外の地球人との絡みがないサイヤ人ではなかなか性格が変化していく過程を描くのが難しい。そのためこの「一旦リセットして、それから新しく地球人との関係を構築する」という展開が扱いやすいのだろうと思われる。とはいえ「頭を打って記憶喪失」が既に本編で一度やっている内容のため、下手をすれば安直な発想ととらえられかねないものでもある(実際にこの展開をとったIFの数は少ないものの)。も、本編ラディッツが穏やかに暮らしている悟空を見てっ先に疑ったのが「頭を打ったこと」なので、もしかしたらサイヤ人が頭を打って穏やかになるのは日常茶飯事なのかもしれない。

と、ネタにされてはいるものの、これらのIFストーリーは好評である。詳細は下記の動画参照。

ちなみに、劇場版地球まるごと超決戦』に登場する悪役サイヤ人ターレスに対して悟空は「頭を打ったおかげでお前みたいにならなくて良かった」と述べている。また、本編孫悟飯が大に変化した時に理性を失った姿を見たクリリンは「悟空悟飯も大になったときに理性を失うというより、その時だけサイヤ人の本を取戻し狂暴化する」としているが、このときだけサイヤ人の記憶がるのかは不明。少なくとも悟空は大になっている間のことはまるで覚えていない。


カカロット症候群になった人物



関連動画



■sm13063549[ニコ動]

■sm8619714[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 13/11/25 14:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ